森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

試練~大変な時期の過ごし方~

【スポンサーリンク】

あと1週間ほどで6月が終わります。

今年の6月は、社会的に人々の心を揺さぶるような事件や事故が起きたり、大きな地震があったり…等、とてもヘビーで重々しい1か月でした。

また、梅雨入りして以降、寒暖の差が激しかったり、天候不順が続いたりして、自律神経が変調をきたし、体調を崩す人も多かったと思います。

 心身ともにスッキリどころかグッタリした6月。

私自身、この6月はネガティブ玉が当たってしまいヘロヘロでした。

心も体も不調な状態が続いて、地中奥深くにいる蝉の幼虫みたいに?家のなかでじっと引きこもって悶々と過ごしていました。

なんとか生き抜いてきましたが、多分多くの人にとってもサバイバルな一ヶ月だったと思います。 

◇◇◇

人間なので、調子が良い時もあれば、調子が悪い時も当然あります。

 ここは「天候」と一緒で、晴れの日もあれば、雨の日もある…。寒い日もあれば、暑い日もある…。これと一緒です。

 大切なのは、どんな時であっても自分はその時どう過ごすのか?ということ。自分軸をしっかり持ち続けるということです。

 調子の良し悪しでイチイチ感情的に反応して周りに悪影響を及ぼすのではなく、今の状態に対して「自分はどう対処するのか?どうやり過ごしていくのか?」…これを自分なりに決めて静かに実行する…ということです。

 

◇◇◇

 

そこで、私の場合は、「調子が悪い」と言って何もしないでグッタリしているのも勿体ないので、調子が悪くてもできそうなこと…「自分を内観して顧みる」「身辺の不要なものを断捨離する」に取りかかって過ごしました。

つまり、調子が悪いなりに、匍匐前進でもいいから、とりあえず前へ進む努力はしてみる…ということです。こうしてコツコツ頑張っているうちに、心の霧が晴れて調子が戻り、今は、やっとこさ地上に出てきて、太陽の光をいっぱい浴びるようになった…そんな感じです。

ホント、この6月は、暗い闇のトンネルの中に迷って入り込んでしまったような…。そんなネガティブエネルギーに縛られて捕りつかまった…そんな1か月でした。

しんどいなりに、自分の思いつく範囲で、家の中の断捨離をしたり、大掃除をしたり、汚れたところをキレイに磨いたり、また、心の中の棚卸と称して、自分を顧みて内観したり、不要な感情や思考に気づいて手放したり…等。

酷い状態の中でも何とか頑張って行動した結果、家の中はきれいになったし、スッキリしたし、頑張った甲斐があって良かったです。

 

◇◇◇

 

 今、振り返ってみると…

この6月は、今まで溜まったものを整理する節目の時期だったのでしょう。

こうして今月は不調の中でもスッキリさせる作業に取り組みました。

 

 取り組んでスッキリしたことで、月が明けるころには、自分をリセットしたような新しい気持ちになりました。

 新しい気持ちで、次の7月を迎えられそうです。

 ちなみに、今月は、なかなブログが書けなくて停滞していましたが、これからは徐々にペースを戻し、また元通り、コツコツ書いていきたいと思います。

大きな節目だった6月。

皆さんの6月はいかがでしたか?

7月から今年の後半戦が始まります。

気持ちを引き締めて、心機一転で頑張りたいな…と思います。