森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

感情を整理して、過去を清算する

【スポンサーリンク】

 

ここ数日間、体調が悪かったり、感情が揺さぶられたり、気分的に落ち着かない人が多いかもしれません。

昔の古傷が痛むような…そんな感じです。

あるいは、過去の「忘れ物」が、溢れ出てきたような感じでもあります。

体調の悪さも、今に始まったことではなく、昔、具合が悪くてそのまま忘れてしまったものが、今、ぶり返してきたような感じ。

「過去を清算する時期」なのかもしれません。

 

済んだことをきれいサッパリ水に流す前に、もう一回見つめ直して、確認しておく作業が必要みたいです。

ただ単に忘れてしまうのではなく、思い出しても「もう気にならないレベル」に進化して卒業する…。その確認作業を、今はしなきゃいけないみたいです。

過去のいろんな記憶や感情がドロドロ出てきますが、一つ一つ手に取って思いだし、懐かしく感じてください。

そして、自分の過去を誇らしく受け止めてね。

 悲しかったことも、辛かったことも、いろいろあったからこそ、今の自分があるのです。

だから、過去の自分を愛おしく感じてくださいね。

そして、これからの自分の人生を先々を見据えていきましょう。

もう立ち止まったり振り返ったりしないで、真っ直ぐに力強く前進するために…。

◇◇◇ 

これ以上、「過去」に執着すると、これから先はつらくなるだけです。

未来志向でポジティブに、自分のこれからの人生を輝かせていきましょう。

もう済んだことは、ここで改めて確認し、確認したらそっと手放してください。

昔、大切な人からもらった古い手紙を、一つ一つ燃やして焼き捨てる時のようなイメージで。勇気を出して、未練を断ち切って、過去を清算して、心の中でけじめをつけましょう。

 ◇◇◇

8月は「過去」を手放すとき。

記憶も感情もけじめをつけて執着を止めて、サッパリ手放して、心を軽くしていきましょう。

ここで頑張れば、秋からスムーズにスタートできます。

過去への未練や執着を断ち切って、未来志向で前進できるようになるには、いろいろ大変かもしれませんが、心を落ち着かせて、自分と向き合い、感情を整理してください。

自分と向き合う作業です。自分の「今」を大切にするために、過去にズルズルと引っ張られてしまう自分に喝を入れてください。

「今」を大切にしていれば、過去の記憶は自然と薄らいでいきますよ。

◇◇◇

記憶に頼らないでね。

魂に過去の経験から得た「きづき」や「感動」を刻み込んでいけば良いのです。

こうして記憶と感情を断捨離して整理できた人から、未来が開かれていくと思います。