森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

意識の変容~世界の変化に適応するために~

【スポンサーリンク】

 2018年8月11日。この日は新月でしたが、この日を境に、世の中の「氣」の流れが大きく変わったような気がします。

そもそも、地球規模の大きな変革の流れは、この6月から始まっていました。 最初は人々の集合意識の闇の部分が表面化してきたのが発端でした。

 ネガティブな集合意識の感情エネルギーが、今まではひっそりと闇に隠れて分からなかったのが、この6月に「上澄み」のように社会に浮かび上がってきて、皆がその影響を強く受けました。それぞれに体や心がしんどかった期間。…そんなところから始まりました。

そして7月。今度は、異常気象という形で、地球の変革を嫌というほど自覚させられました。豪雨被害や酷暑。単なる天候の変化だけにとどまらず、農作物への影響や深刻な水不足。環境が変化していく時代が迫っていることを身をもって実感させられる日々でした。こうして8月に入り、やはり酷暑と雨不足は続いています。7月の豪雨以降、全く雨が降らず、河川の水が枯れかけています。やっと雨が降っても、今度はゲリラ豪雨です。突発的に一気に降るため、有り難さよりも怖さを感じます。

 都会の人は実感がありまないかもしれませんが、自然のなかで暮らしている人々は、異常気象の影響をダイレクトに感じています。

◇◇◇

 今年の夏は、雑草さえ生えないという異常な水不足です。蛇口をひねると当たり前のように出てくる水は、今後は特別で貴重なものになっていくかもしれません、また、店頭に「当たり前」のようにして並んでいる野菜や果物も、もうこれからは希少価値になっていくかもしれません。生産者がどんどん高齢化していくなか、更に環境の変化(悪化)も加わって、農業だけでなく日本の畜産も漁業も、今後は先細り衰退していく可能性があります。今まで当たり前に食べていた「美味しいもの」は、どんなにお金を積まれても、もう一切生産できないかもしれません。

そういう現地の厳しい現実を、もっと都会の人は知ってほしいと思います。

◇◇◇ 

お金さえ出せば、何でも美味しいものが自由に手に入り、好きなだけ口にできた今までの状態は、これから大きく変わっていくかもしれません。お金に物を言わせて、田舎に住む人々に環境の維持管理と生産物への責任、それらの負担を一方的に強いるのは、もう限界に来ています。自然相手の仕事は、人間の操作でコントロールできるものではないことを、都会の人も理解してほしいと思います。

 そして、これからは、日本に住む人々が、皆で自国の自然の恵みに対して平等に責任を背負い、感謝し、シェアし合う…。生産者と消費者という垣根を越えて、互いの存在が平等かつ尊重しあう社会にしていくことが、これからは大切だと思います。

 ◇◇◇

この夏の厳しい環境変化に遭遇して、心身ともにヘロヘロになった私ですが(汗)、先日の新月から世界がガラリと変わったのを実感しました。 秋らしい涼しさとともに、今までとは異なる世界に移行したのを感じたのです。この8月の新月の日を境に、社会が、世界が、大きく変容したようです。

もう元には戻れない…。後戻りはできない…。

新しいエネルギーの世界に、私たちはとうとう入ってしまったのを感じました。

今まで「当たり前」だったことは、根底から覆されるでしょう。良くも悪くも、世の中は大きく変容していきます。私たちもその影響を多大に受けます。この流れに乗るには、自分の中にある「当たり前の価値観」「疑いもしなかった常識」を、再度、見直してみることです。あなたが「当たり前」「常識」だと信じていたことは、全て、全く価値のない無駄なものになってしまうかもしれません。自分の意識を嫌でも変えざるを得ない…そういう体験が次々とやってくると思います。

 自分の意識を変える時、今まで「大事なこと」だと思っていたものだけでなく、あなたが「ダメだと感じていること」「許せないこと」「やってはいけないこと」なども、これからの時代は、「それもあり」になり、プラスに転じるかもしれません。

 つまり、価値観の許容が大きく広がる…ということです。あなたが今しなくてはいけない大事なことは、自分のキャパを広げることです。「狭い視野」を、世界的視野・宇宙的視野に大きく広げることにチャレンジしてください。

◇◇◇ 

「偏った価値観」を、もっとバランスよく整えて、物事を多面的にとらえ、客観的に分析して判断できるようになってください。「頑固な思考」は、頭の中をゆるめて肩の力を抜き、自由な生き方を受容することで克服してください。

 刷り込まれた古い価値観のせいで、視野が狭くなり、偏った価値観に縛られて、窮屈に頑固に生きているのだとしたら、もう、そんな堅苦しくて辛い生き方は早々に手放すことを心がけてください。もうそれらを手放してもいいんです。 無理して執着する必要はありません。世間体や家のために自分を犠牲にするのではなく、自分のために自分の人生を生きてください。自分を緩めることで、他者への偏見や怒りも収まって、穏やかな心になると思います。

 ◇◇◇

 これからは、いつまでも古い価値観に縛られていたら、どんどん苦しくなる一方です。古い価値観に沿って生きることは、もう幸せの条件ではないのです。生きづらさを克服するために、自分の固定観念を一度外してください。古い価値観を手放しても、不幸にはなりません。むしろ、今の時代は、逆に「穏やかな幸せ」を感じるはずです。

 古い価値観に従って生きることで生じた「欲求不満」、自分を抑え込んで我慢していることから生じる「怒り」、自分の本心と世間体との間の葛藤で生まれた「嫉妬」「自己否定」、そういうネガティブな感情しか沸いてこないのに、今も昔のシステムに執着して、その通りに生きようとするのは、とってもナンセンスだと思います。古い価値観から自分を解き放って、自分らしく自由に生きていきましょう。

 ◇◇◇

世界は、地球規模で大きく変容し続けています。

もう後戻りはできません。過去には戻れないのです。

 ここから新しい時代の歴史が始まります。

気持ちを切り替えて、古いエネルギーをまとっているものを全て一掃し、新しいエネルギーに自分を転換させてください。自分一人だけでなく、家族みんなでアップデートすることも心がけてください。自分一人の心の中にしまっていないで、自分の気持ちをちゃんと外に出してください。

 あなたの気持ちを聞くことが、家族の心に波紋を投げかけ、家族の変容に繋がるかもしれないのです。良い影響を与え合う関係になりましょう。

 そのためにも、変化変容していくことを自分に許可して、自分をゆるめて全てを受け入れ、 自分を固定観念から解き放ってくださいね。あなたが自由に生きることを選択したら、あなたの周りの人々もあなたの影響を受けて、自由に生きても良いことを生まれて初めて知るでしょう。意識の変容なくして、これからの時代は生きていけません。

世界は変わったのです。私たちの意識も、世界の変化に合わせて変えていきましょう。