森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

台風上陸の夜に~人々のネガティブな感情を吸収し浄化する~

【スポンサーリンク】

台風接近に伴い、朝から緊張した気分で日曜日を過ごしています。昨日の土曜日のうちに、食料の買い出しに行ったり、家の灯油タンクや車のガソリンを補充したり、その他いろいろ…準備を整えておいたのですが、なんだか落ち着かない…。

 雨もそれほど降っていなくて、明るい曇り空。風もなく、いつもと変わらぬ日曜日です。でも、台風接近の緊張感からか、皆さん、家に引きこもっているみたいです。

 家の外は人気がなく(いつも聞こえてくるはずの近所のおばちゃん達の元気な声もない…)、車の往来も少なくて、怖いくらい静かです(汗)。

 この静かさが、さらなる恐怖心を煽ります…(滝汗)。

 それにしても…。

ネットのニュースで、今回の台風24号は「今月初めの台風21号に匹敵、もしくはそれ以上の勢力」ということを知り、また、沖縄地方でのすさまじい台風の状況を知って、今回、京都行きをキャンセルして正解だったな…としみじみ思いました。

 今、私は自宅にいて、このブログを書いた後、自宅周辺の点検をする予定です。

 ちなみに、この地域を台風が通過するのは、今夜から明日にかけてだそうです。

朝には台風は去っているとのこと。

 夜中のうちに台風は通り抜けるようなので、今回は無理して避難所に行かず、自宅待機で過ごそうと思います。

 停電になるかもしれないことを想定して、スマホの充電を早めにしておき、常温でも保存がきく食べ物を用意して、台風に備えます。

 ◇◇◇

今も台風は日本の各地で猛威を振るっていますが、消防団や役所関係の皆さんは、常に災害現場の最前線に立って徹夜でお仕事をされて、本当に頭が下がる思いです。また、そうした方々をご家族に持つ皆さんも、大切な家族が災害対策に出て留守の間、不安な気持ちを抱えながら、他の家族や家を守るために頑張っていらっしゃることと思います。今回の台風も、これ以上の被害が起きず、無難に通り過ぎていくことを願うばかりです。

◇◇◇

 災害時には、寝る間を惜しんで命がけで「地域住民の安全を守る」仕事に従事してくださっている人がいらっしゃいます。そういう方々の働きは全く表に出てこないため、全く知られていませんが、私たちはそうした裏方の人々の陰徳に守られて生きているのです。ですので、ただ甘えて依存したり文句を言うのではなく、自分たちにできることは最低限しっかり対策を練っておくことが必要だと思います。

 今後は、国民一人一人が精神的に自立して「自分を守る」ことに責任を持たなくてはいけません。

 特に、今までの常識を超えた天災に見舞われるときは、それこそ誰かが助けてくれることを期待して他人からの指示や救済を待っているより、自分の直感を信じて自分で判断してどんどん行動していくことが大切だと思います。

そういう意味でも、今年の台風は、平和ボケした日本人の心に喝を入れて、本能的直観を呼び覚まさせるような…、そんなエネルギーを感じます。

 

◇◇◇

 

そして、今回の台風24号ですが、

人々の潜在意識に残っている「恐怖心」「恐れ」を吸い上げて、それをエネルギー源にしている。そして、人々の潜在的な「恐れ」を根こそぎ掘り起こして、外へ蹴散らし、宇宙に吹き飛ばしている

 …そんなことを感じました。

 今回の台風24号は、「恐れ」…潜在意識にしみこんでいる「恐怖」を炙り出してくれる台風なのかもしれないな…と思いました。

 ちなみに私の場合ですが、今回の台風接近に伴って、メンタルが大きく揺さぶられました。台風がゆっくり日本に接近している段階から、心の中に眠っていた「恐れ」が自覚できる形でボンと出てきたのです。

 それは、魂に刻みこまれた、(過去世も含めて)古くから自分の中に存在している「恐れ」でした。あまりに古くからあるので自分の一部分みたいになっていて、それが「恐れ」だと気づかなかったくらいです。

 でも、今回の台風のエネルギーの影響を受けて、その「恐れ」がすごく刺激されていき自分でも自覚できる形で表に出てきました。刺激されたら、その古傷のような「恐れ」と密につながっている体のある一部分が、思いっきり不調になったのです。

 ずっと健康で丈夫だと思っていた部分…私の場合は「胃」でした。

胃の具合の悪さを内観していたら、今まで手付かずだった過去の記憶や感情がボロボロ出てきました。それらのすべてに当てはまったが「恐れ」です。 

今のこのタイミングで、胃の調子が悪くなり、いつもと違う感じを受けながら、静かにセルフヒーリングをしていくなかで、だんだんと自分が抱えていた「恐れ」について、その存在に気づくようになりました。

 ズバリ、「正体」までは突き止められず、はっきり「これだ」とは言い切れないのだけど、漠然と私の中に「恐れ」があって、それが私の意識や体をこわばらせている…ということはわかりました。

 それが胃とつながっていて、胃と密接につながっていたようです。

(体の各部分は人間の感情や意識と深くつながっています。体の具合の悪い個所について深く内閣すると、自分の心の中の問題(改善すべき思心の持ち方・ネガティブな傾向など)にも気づくことができます)

 でも、この「恐れ」を手放すことは今の私にはイメージできなくて、かなり難しそう。どうしたらいいんだうろ?と考えたとき、「あっ!台風だー!」と思いつきました。

 そう、台風です。

 台風は、海水だけでなく、人の「感情エネルギー」もゴイゴイと巻き込み、巻き上げ、吸収し、巨大なエネルギー体となって進行していきます。

 台風が通過するときに、自分の中にある「恐れ」と向き合うことで、その「恐れ」を台風に吸い上げてもらい、宇宙に拡散して放出してもらえばいいんだ…と思いました。

人間の意識だけではどうしようもできないものは、自然のエネルギーを使うしかありません。この台風のおかげで刺激を受けて気づいた「恐れ」なので、タイミングを見逃さず、サクッと手放して楽になりたい…と思いました。

 ◇◇◇

 きっと、その「恐れ」は、長い間、私の人生を守ってくれていたものなのでしょう。

 だから決して「悪いもの」ではありません。

 でも、もう要らない…と感じたので、私はこの「恐れ」を手放すことに決めました。

 そして今夜、台風がこの「恐れ」を巻きあげて掻っ攫っていく…。そんなイメージでいます。強大で強力な台風でないと、この「恐れ」は私の心から剥がれてはくれないでしょう。

 ちょうどよかった。ぴったりのタイミングでした。

◇◇◇

私は一晩、ただ嵐の中を家の中でおとなしく過ごすだけのことですが、それでも私の頭の上を強力なエネルギーが通過していくのですから、この自然のエネルギーに、自分の中にある「恐れ」もついでに吸い取ってもらおうと思います。

そして、もしかしたら今までの台風全てにも、何かテーマがあったのかもしれません。

・共依存の関係を刺激し、甘えと依存からくるネガティブな感情を吸収する台風

 ・心に溜まった怒りを刺激し、怒りを吸収する台風

・エゴからくる傲慢さを刺激し、人間の欲望を吸収する台風

 ・悲しみを刺激し、人々の悲しみを吸収する台風

 ・人々の不安を刺激し、不安な感情を吸収する台風

…などなど

 遠い昔から、日本を通過する台風は、人々のネガティブな感情を吸収し、大雨を降らせ強風を吹かせ、地上と人々の心を浄化していったのかもしれません。

◇◇◇ 

また浄化の雨が降り、大風が吹きます。

今年は地球にとっても、日本という国にとっても、大きな節目なのかもしれません。

節目の大浄化。

台風一過の後は、清々しい青空が広がることを心から祈るばかりです。