森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

いちいち傷つかない

【スポンサーリンク】

心の中に、不要なコンプレックスやエゴがあると、それがまるで喉に突き刺さった魚の小骨のようになり、何かの折にチクチクと痛みを発することがあります。

自分のエゴを指摘された時…

自分のコンプレックスを刺激された時…

自分の心の中で、それらが針のように突き刺さり、痛みを感じるのです。

そして、いちいち「傷つく」のです…。

だけど、いちいち傷ついていたら、心も身体ももちません。

だって、この世界は常に「刺激だらけ」だからです。

 自分を隠して生きていくことなんて不可能だし、無傷のまま生きていくことも不可能。

 人から刺激や影響を受ける、また、自分も人に刺激や影響を無意識に与えている…。そうやって生きていく世界なんですよ。この地球は…ね。

だから、刺激や影響をいちいち「傷」として受け取り続けていたら、本当に持ち堪えられません。だって24時間365日刺激と影響に晒されるところに生を受けたんですから…ねぇ。

ちなみに、新品の車だって、長年使い続ければ、どんなに大事にしてきても、小さな傷がついたり、汚れたり、溶雪剤を撒く道路を走ったり、海沿いの町にいれば、車体が錆びることもあります。ぶつけて凹むこともあります。

新車同様に何年も乗り続ける…なんて不可能です。

そんなふうに、日々の暮らしの中で受ける様々な影響や刺激を、完全に避けて無傷で居続けよう…と頑張ったって絶対に無理な話です。むしろ、生活の中で得た傷は、自分が生きた今世の足跡として愛おしく感じる方が理想だと私は思います。

 

 

◇◇◇ 

 

そんな感じで、この地球はもともと刺激に満ち溢れた場所なのだから、いろんなことか起きます。変化に富んでいます。いろんな人もいます。いろんなエネルギーが混在しています。

だから、開き直って明るく生きるしかないんですよ。

何かあるたびに、いちいち傷ついてネガティブに陥るのではなく、受けた刺激も影響も、「心の学び」や「気づき」に変えて、人生の糧にすることです。

思うようにならないと言って、また傷つく人もいますが、いやいや、この世界は、自分の思い通りになら無いことで満ち溢れています。

自分の思う通りにならないから、そこで初めて「自分以外の他者の存在」を認知するのです。そして「自分」と「他者」は全く異なる心を持つ別々の存在であることを学ぶのです。

 うまくいかないこともあるし、失敗も起こるし、思う通りにならないこともよくあります。でも、地球ではそれが当たり前なんですよ(笑)。それが無いと、人の心は成長しないから…。

自分の思い通りにならないことが「当たり前」だと最初から割り切っていれば、傷つくことは減ると思います。

思い通りにならないから「傷つく」のではなく、思い通りにならない状況を「楽しむ」「工夫する」「トライしてチェンジしていく」「自分にフィットする方へ変更する」

いろんな手だてがあるのです。

傷つく以外の方法を、これからは試してほしい…と思います。

 

◇◇◇

 

そして、今までの人生の中で過去に「心の傷」がついたとしても、それがたくさんあったとしても、それらを「この人生を生きた証&勲章だ」と思い、誇らしく感じてみてください。そう受け止めることにチャレンジするのです。

 心の傷があるからこそ、そこからいろんな感情が溢れ、感情を抑えるために一生懸命に知恵を絞って自分と向き合い、現実的に行動していく…。あふれる感情を律しながら、自分の心に寄り添い、本当の自分を知る…、本当の自分に気づく…。そして乗り越える…。そうやって人は成長していくのです。

 だから、いちいち傷ついてしまうその「心の癖」を手放しましょう。

傷ついた表情をして「被害者の仮面」をかぶり、周囲からの刺激から自分を守ろうとすることから卒業しましょう。

 

 ◇◇◇

 

ただ傷ついているだけでは、未来は何も変わりません。そんなことをしていても、何の得もありませんし、時間の無駄だと思います。

何も行動しないで、ただ「傷つき続ける」だけでは自分が苦しくなるだけです。身動きできず、その場に立ち尽くしているだけなので、未来に何の希望も持てません。

傷を怖がらず、傷ついてもいい覚悟で、前へ向かって前進していきましょう。

ちょっとくらい傷がついても良いじゃないですか…。

 そう開き直る強さを持ってくださいね。

ちなみに、私なんて傷だらけのポンコツですよ(笑)。

もうボコボコ…汗。

でも、そんなポンコツの傷の中から「愛」が溢れるのです。

 思いやりや優しさは「傷」を体験した人でないと、うまく発揮できないかもしれません。

だから、傷ついても過剰反応しないで、じっくり受け止めて、必要な対処を淡々としていきましょう。

そして強くなりましょう。

傷に負けない、強い人になってください。

 

◇◇◇

 

 最後に…。

正直なことを言うと…。

いちいち傷つく人を見ていると、何も言えなくなるんですよ。

多分、スピリットも同様でしょう。

 傷つくことを盾にして「守り」に入り、心を閉じて完全防御しているから、どんなメッセージも心に届けられないのです。

いちいち傷つく人は、自分のエゴやコンプレックスを刺激してくるもの全てを「敵認定」しているから(笑)、ちょっとでも気に入らないことがあると、すぐにシャッターをバンと閉めて完全封鎖してきます。

だから、スピリットも、いろんな人や手段を使ってメッセージを伝えようとしても、当の本人がシャットアウトするから、何も届かないのです。

これって、とっても損なことです。

モッタイナイですよ(笑)。

だから、もういちいち傷つかないでください。

いちいち傷ついていると損をすることもある…ということを知っておいてほしいな~と思います。