森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

冬至と満月を経て~「過去」を切り離して身軽になる~

【スポンサーリンク】

12月22日は冬至、次の日の23日は満月。

私が住んでいる地域では両日ともクリアな夜空となり、月がとても美しく冴えて輝いていました。

特に昨日の月は冴え冴えとして本当に美しかったです。私は力強い光を放つ満月をうっとりと眺めながら、「激動の2018年がもうすぐ終わるんだなぁ・・・」と感慨深く感じました。

◇◇◇

いろんなことがあった今年。

 異常気象やそれに伴う自然災害も次々と起き、今まで当たり前だった「安全・安心」がもう絶対ではない・・・ということを嫌と言うほど突きつけられた一年でした。そして、「次に何が起きるのか」が全く予想できない状況だったこともあり、いちいち考え込んで悩んでいる暇があるなら、即決・即断。何か起きてもすぐに気持ちを切り替えて臨機応変に対応し、柔軟かつ精力的に行動しなくてはいけない・・・。そんなサバイバル的な濃い一年だったなぁ~と思います。

また、天災地変に遭わず無事だった人でも、個人レベルで様々な問題に巻き込まれたり、予期せぬ出来事に遭遇したり、そのたびに人任せにしないで自分から行動しなくてはいけない・・・そんな体験が多かったのではないでしょうか?

突然起きて自分に降りかかってくる出来事・問題・トラブル等に対して、ポジティブな受け止め方をして前向きに対処することを求められたり、解決に向けて嫌でも自分から行動していかなくてはいけなくなったり・・・等。そこで、今までにない新しいパターンを経験させられて、大変だったけど歯を食いしばって必死になって頑張ってきた・・・。そういう人が多かったと感じます。

いろんな意味で、様々な体験をさせられた2018年。

でも、体験を通して人は成長していきます。想像を超えた未知の体験をたくさん乗り越えたからこそ、今までに無い充実感や達成感を味わうことができます。そして、体験を通して自己を見つめ、自分を知り、新しい力を自分に蓄えていきます。

つまり、得るものも多い一年だった・・・ということです。

こうして無事にこの一年を乗り切り生き抜くことができた私たちは、まさにサバイバーです。よく頑張ったなぁ~と自分を大いに褒めて労り、この一年の実りを実感して欲しい・・・と思います。

◇◇◇

今回のこの冬至・満月を経て、私たちは新しい扉を開けました。

過去の自分と決別し、これからは自分の本来もっている力をフルに活用して、たくましく未来を切り開いていく・・・という扉です。

過去の自分はもう切り離していきましょう。

いつまでも過去を引きずっていてはいけません。過去は過去。「過去の自分」と「今の自分」は全く別の存在なのです。

「過去の自分」は、この「2018年」という時間の中に置いて行ってください。

そして、2019年になったら、過去を切り離した自分になって、新たに自分の人生をスタートさせて欲しいと思います。

「過去」を自分の観念から切り離して捨てていき、自分をどんどん軽くして解き放ってください。2019年からは、過去のネガティブな記憶や観念、過去に刷り込まれた価値観や過去のシステム・・・等が、足かせになります。

これがあると、自分を前へ進ませることができなくなります。今も心の中で引きずり続ける「過去」が人生の負荷となり、問題に対処することも生きていくことも困難になるのです。

とにかく少しでも負荷を減らして軽くなり、自由がきく心身にしなくてはいけないので、今のこの2018年のうちに、自分の過去を全て(心の中で)バッサリと捨ててください。

捨てるのは簡単ですが、強い意志と覚悟が要ります。

「2019年から私は新しく生まれ変る」ということを自分の意思で決め、「過去の自分」にまつわる意識や記憶を自分のなかから切り離していくのです。

もう過去を振り返らない・過去に縛られない・過去に引っ張られない・過去にこだわらない・・・と自分で決めて、記憶や意識から消去してください。

そして、今この瞬間から「未来志向」になってください。

「過去」を思い続け考え続けることを止めて、「今の自分をどうするのか?」に自分の意識を向けてください。そして、「今の自分」を幸せにすることにフォーカスしてください。「今の自分」に喜びを与え満足させるために、自分のためにどんどん行動して欲しいと思います。

◇◇◇ 

多くの人がたくさんのことを体験した2018年。立ち止まっている暇が無いほど忙しく、とても濃い一年でした。

そんな2018年もあと一週間です。最後のラストスパート☆気を引き締めて最後の「記憶と意識の断捨離」に取り組んでくださいね。