森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

「面倒臭いこと」もすすんで体験して乗り越えていく~スマホの機種変更で感じたこと~

【スポンサーリンク】

f:id:mama-papa-131106:20190309171359j:plain

公園の小さなお花

先日、スマホを新しいのに替えました。

 そのとき、うっかりおサイフケータイの機種変更手続きをしないまま、前のスマホを下取りに出してしまい、それに後日、気づく羽目に・・・。そのまま放置しておくのも気持ちが悪いので、すぐに解消しようと思い立ち、携帯電話会社の某センターに電話して問い合わせてみることにしました。

そもそも、おサイフケータイは全く使ったことが無く、興味本位で登録してみただけだったので、機種変更の手続きが必要だったなんてこと自体、頭からをすっかり抜け落ちていました。なんだか面倒臭いことの巻き込まれた感じしかしなくて、鬱々しながら電話をしました。案内に沿って数字を選択していき、ようやくオペレーターさんと繋がるのかと思いきや、「ただ今、大変込みあっています。そのままお持ちください・・・」の録音アナウンスが流れるのみ・・・汗。

アナウンスの指示に従い、電話を繋げたまま素直にずーと待ち続けるけど、なかなかオペーレーターさんは出てきません(汗)。一端、電話を切って、また再度電話をし直し、また切って電話し直す・・・を数回繰り返しました。しかし、何度電話しても、もう繋がらないので、最後は「もう少しお待ちいただくか・・・」のアナウンスを流したまま、電話もその場に置いて放置していました。

こうして数分後、突然、電話がプチッと繋がり、オペーレーターのお姉さんの声がしました!この時、飛び上がるほど驚きました。・・・というのも、私の中では「もう永久に繋がらない・・・」という変な暗示がかかっていて(汗)、99%諦めていたんです。もう切るつもりで電話を取ろうとしたその瞬間、突然の生身の人間(←オペーレーターのお姉さん)の声がしたので、もうビックリ仰天してしました。

おっかなびっくりで電話を耳に当て、気がつくと素っ頓狂な声を上げてしまいました(汗)。何かを言おうとするけど、何から言って良いか分からず、「えっ!」「おっ!」「へっ!」「あの・・・っ!」と訳の分からないことを言っていました。

でも、このままではイタズラ電話と間違えられてしまう・・・と思い、すぐに気持ちを落ち着かせて、「とりあえず何か言わなくては・・・」と、しどろもどろで「困っている件」について必死に伝えました。

この時、しみじみ痛感したことが、人間って心の準備がないまま突然振られると、焦って「言葉」が出てこなくなるってことです(汗)。私は生粋の日本人なのに、日本語ビギナーの人みたいなたどたどしい日本語になってしまい、自分でも呆れ果てる状態でした。そんなヘロヘロの私の話を、オペーレーターのお姉さんはとても親身になって聞いてくださり、理解してくださった上に、非常に分かりやすく丁寧に説明してくださいました。

なんとまぁ・・・ありがたいことよ~。

その後、質問に答える形で「本人確認」をしてもらい、前のスマホは、ショップで、私の目の前でバッチリ初期化して下取りに出したので、そこから個人情報が漏れる心配はない・・・ということを確認し、これであっけなく手続きは完了。後は、会社側でいろいろ処理してくださり、その処置が完了したところで(だいたい一週間後くらい)、ケータイ会社から通知が届くそうです。その通知の後に、自分の新しいスマホで再度「おサイフケータイ」の手続きをすれば「OK!」とのことでした。

おお~!これで一安心です。

お大きな仕事をやり遂げた後のような爽快感を感じました(笑)。最後まで広い心で温かく接してくれたオペレーターのお姉さんには心から感謝です♡。(さすが電話対応のプロですわ~。)

そして、このとき、自分の勝手な思い込みで「やるべきこと」を途中で諦めたり、頭から棒に振ったりせず、根気強く取り組んでみることも大事なんだな・・・と感じました。

何回か電話してみたけど、混んでいてもう繋がらなかったので、「今日は無理なんだ」と諦めかけていました。でも、その後ちゃんとつながり、その日のうちにサクサクと目的が果たせたのです。

 それに、自分で勝手に「手続きが面倒臭くて厄介かも・・・」と思い込み、少し躊躇していたのですが、いざやってみたら面倒なことは一切無く、電話で数分話すだけで手続きが完了したのです。『案ずるより産むが易し』と言いますが、本当にその通りだと思いました。

 自分の心の中で「大変かもしれない」「苦労するかもしれない」「面倒くさい事に巻き込まれるかもしれない」「怖い思いをするかも知れない」と感じると、一人で勝手に悪いことを妄想し、悶々と悩んで、結局は「やらない」「やめる」「諦める」「手放す」「却下する」「手をつけない」「スルーする」を選択すること・・・。過去の私はこのパターンが多かったです。

要は、私、「面倒臭がり」・・・なんですよ(汗)。面倒だなぁ~と感じることは、極力やりたくない・・・^_^;。この癖、長年の精進で解消し卒業できた!と思っていましたが、今回の件で、再び出てきました~。

ただ、昔の私と違うところは、面倒くさい事を保留して放置することはしなかった・・・という部分。最初は「えっ?問い合わせの電話をしなきゃいけないの・・・?」と一瞬「面倒臭さ」を強烈に感じてひるみましたが、その「面倒臭さ」を乗り越えて、粘り強く電話してみました。←ここは自分の成長と褒めてあげたい(笑)。こうして、ちゃんと電話が繋がって、オペーレーターさんとお話しできたのです。

乗り越えるって、こういうことです。ちっちゃいことだけど、自分の癖や解消すべき課題にぶち当たったら、以前のパターンではなく、「自分の目標とするパターン」をやってみること・・・。そうして、癖の壁を突破して、その先に自分を進める・・・ということです。「大きなこと」だけでなく、日々の暮らしの中の小さなことも「乗り越える」対象となるのです。それが自分の苦手なこと&思い込みや先入観の塊みたいなこと…であるならば・・・。

いろんなことを体験して、いろんなことを乗り越える。それが人間の人生なのだと思います。今回も、なかなか興味深くて面白い体験でした。