森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

新しい時代を迎えるために

【スポンサーリンク】

f:id:mama-papa-131106:20190329201850j:plain

桜の蕾。

 いよいよ3日後の4月1日に、新年号が発表されるようです。

新年度のスタートと共に、一気に「新しい時代」へとエネルギーが加速していきそうです。

 この3月は、スタートダッシュを切る前のひととき、ちょっと立ち止まって「昔の自分」を回顧する・・・そんな時間を過ごしてきたように感じます。

私自身も、この3月は「過去の自分」を振り返る機会がたくさんあり、「過去の自分」と「今の自分」を比較して、自分の内面の変化にいろいろ気づき、「自分が進化したこと」を心から実感しました。また、良くなった部分だけでなく、「今の自分の課題」もたくさん見つかり(=無理やり気づかされて?汗)、その部分を改善させるための取り組みもしました。

これは、おそらく、次の新しいステージに進む前に、今のうちに「片付けておかなくいはいけないこと」なんだろうな~と思います。持ち越さないで、今のステージにいるうちに急いで片付けて、心機一転、清々しく次のステージへと進む、そのための準備期間だったのでしょう。お陰様で、真面目に素直にコツコツ取り組むことができました。これも、怠け癖が強かった私には珍しく、「よく頑張ったこと」でした(笑)。

そんな平成30年度の3月も、もうすぐ終わります。皆様はどうでしたか?もしかしたら、皆さんにとっても「自己点検&自己改善」の3月だったかもしれませんね(笑)。

これから始まる新しい時代は、自分の都合通りに物事が進んでいくことはありません。自分のエゴを満たすことも起きません。あるのは、今の自分に必要な体験が与えられるだけ・・・です。

他の人々も、どんどんエゴを手放して自由になり解放されていくので、今後は、「罪悪感」を基準に物事を判断したり、互いに精神的に縛り合い、エゴを満たすために生きていく・・・ということは無くなっていくでしょう。

一人一人がエゴを外し、「自分の人生」を豊かで実り多きものになるよう格闘し、自分らしく生きられるようになることを目標としなくてはいけません。その結果、多くの人々が、古い価値観に沿ってジャッジしたり判断するのでは無く、「自分の本当の気持ち」を基準に物事を判断することが必要です。こうして、「自分の気持ち」を自分の真ん中にしっかり据えて、自分の魂の願い通りに生きていくことを実践する・・・これが大切です。そういう人々が今後は増えていきます。古い価値観や昔の常識に縛られている人々は居場所を失い、生きづらくなっていくでしょう。こうして古くて機能しないものは淘汰されていき、世の中はどんどんシンプルになります。そして、自由になり、多くの人々が解放されていくでしょう。

ただし、解放される前に、一人一人が立ち上がり、自分の足下を改善すべく「革命」を起こすことが必須です。何もしないで「棚からぼた餅」のようなことは起きないのです。行動によってのみ、改革は進んでいきます。今居る場所が自分に合わないのなら、自分に出来ることから改革のための行動を興していくことです。小さな事でも良いのです。まずは始めてください。始めたら途中で行動を止めず、継続してそのまま行動し続けてください。それが「自分の人生に革命を起こす」ということです。改革には「信念」と「根気」が必要です。継続していくことで、その信念が本物であるか否かが分かるのです。

今後は、信念を持って行動する者が次々と増えていきます。老若男女問わず、古い価値観に疑問を感じた人々が声を上げて立ち上がるのです。良くも悪くも人々の行動が社会に刺激を与え、人々に気づきを与え、人々の目覚めを促し、変化のスピードを加速させていきます。ですので、来年度もいろいろな事が起きるでしょう。いろいろなことが起き、私たちはジェットコースターに乗っているような緊迫感を味わうと思います。でも、そこで闇雲に感情移入だけして、ただただ悪感情をむき出してはいけません。ネガティブな反応をして終わらせるのでは無く、見たこと聞いたこと体験したこと・・・等、そこから何かを学び取り、「気づき」を得て、智慧をつけてください。賢く強くなってください。

今まで、他人のエゴに振り回されたり、また自分の強すぎるエゴに縛られて、不自由で狭い世界観の中を生きてきた人々も、少しずつ「自分の魂の目的」に目覚めていきます。そして、これまで悶々と葛藤し悩み続けてきた人たちも、これからは「エゴを手放し、自分の本当の気持ちにより添う」ことに主眼を置いて生きるようになります。状況や事態を変えようと勇気を持って行動した者から、価値観の刷り込みから脱却し、心が楽になり、自由に解き放たれていくと思います。

ますます「行動する者」と「行動しないで指をくわえている者」の差が出てきて、二極分化が進むでしょうが、それは社会が悪いのでは無く、個々の心の問題なのです。

行動した者が増えていくにしたがって、社会を漂う集合意識のエネルギーも浄化されて徐々に変化し、世の中の雰囲気も少しずつ変わっていくと思います。エゴに振り回されることも、エゴに支配されることも徐々に無くなっていき、目覚めた者から解放されていくでしょう。

これからは「愛」。あるのは「愛」です。「愛」のみが残り、私たちは「愛」に包まれて生きていくようになるのです。

そんな時代の過渡期に、私たちは生きています。

今までは上手く機能しなくて浸透しなかったことも、今後は時代に必要とあれば、どんどんエネルギーを集めてスムーズに機能していくようになるでしょう。また、一方で、今までは十分に機能していて社会にとても必要だったものも、今後は、もう役目が終わった時点で人々は手放し、終わりを迎えるでしょう。

 終わるものは、「終わる」ことが必要だから終わるのです。

始まるものは、「始まる」ことが必要だから始まるのです。

新しい時代のエネルギーがそれらを求めています。全ては「必然」から起きているのです。

ならぱ、無駄な抵抗をせず、素直に流れに乗って、始める、終わらせる・・・。そこは自由に受け止めて、自分の判断で気楽に進めていけば良いと思います。

もう、これからは、力のある者が「こうしなさい」「あれをしなさい」「こればダメです」と勝手に決めて、決めたことを押しつけ、それを黙って皆が聞いて従う・・・と言う時代ではありません。昔のやり方は、もう古いのです。そんな古いやり方やシステムにに執着することは止めてそれらを卒業して、新しいやり方に潔くし移行していくことか大事だと思います。

 この週末は、古いエネルギーが残る3月の最後のひとときです。

のんびり過ごしながら、改めて自分自身を振り返ってみてください。そして、自分の心の中をちゃんと見つめ直してみてください。

本当の自分は何者なのか?

自分はどうしたいのか?

自分はどう生きたいのか?

ここをしっかり見つめ直した上で、新年度の4月を新しく迎えてほしいな・・・と思います。時代の節目の時です。社会的な時代の節目でもあり、また、一人一人の節目の時でもあります。せっかくのこの機会を上手に取り入れて自分の人生に生かしてみてください。この時代の節目の時を、「自分の人生にとっても大切な節目の時」として迎えて、良い形で新時代のスタートを切って欲しいな~と思います。