森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

どんな状況の中でも「自分らしく生きること」を実践する

【スポンサーリンク】

f:id:mama-papa-131106:20190427203205j:plain

今日の強風と雨で、桜は散ってしまいました。

いよいよゴールデンウィークがスタートしました。しかし、連休スタートの今日は荒れ荒れのお天気(汗)。こちらは雨と強風、時々雪まで混じり(汗)、満開だった桜もかなり散ってしまいました。まさに「春の嵐」の一日でした。

天候も荒れ荒れでしたが、人々の心も何だか落ち着かなくて、非常に不安定な状態が続いているように感じます。少し前に「電波系」という言葉が流行りましたが、おかしな電波を受信して脳が誤作動を起こしているんじゃないか?と感じさせるような出来事が、社会全体で次々と起きています。そんなニュースに触れることで、また多くの人々がその出来事に感情移入し、ますます情緒不安定な状態が増していく・・・という状況(汗)。元号が変わるということで、新旧、清濁・・・様々なエネルギーが渦巻いていて、そんな強大なエネルギーがダイレクトに私たちに影響を及ぼしている・・・そんな感じなのかもしれません。

こんな時ほど「平生往生」(へいぜいおうじょう)が大事です。

周りがザワザワと騒がしく落ち着かなくても、私たちは心の平穏を保ち、いかなる時も「自分の人生」にのみ集中して、コツコツと真摯に誠実に「自分の人生の課題」に取り組み続けること・・・。これが大切です。

ちなみに、「人生の課題」の課題とは何か?・・・と言いますと、

いかなる状況でも「自分」を見失わず、「自分らしく」生きることを実践し続ける

・・・ということです。晴れの日や、楽しいとき、よき理解者に囲まれ安心感に包まれている時だけでなく、雨の日も、風の日も、辛いときも、苦しいときも、自分の味方が誰も居なくて孤立無援の時でも・・・等、いかなる状況の中でも、「自分」を見失わず、「自分らしさ」を保ち続けながら、どんな状態の中でも、「自分らしく生きる」ことを諦めないこと・実践し続けること・・・。そんな強さを持つこと。自分の人生を最後まで「自分らしく」で貫くこと。これが、私たちに一人一人に与えられた「人生の課題」です。

でも、ここでいう「自分らしさ」とは、ワガママや自分の我を押し通す事では無く、「エゴやプライドを剥ぎ取った内にある、ピュアでクリアな本当の自分」のことです。親や社会からの刷り込みではなく、世間体や社会的立場も関係なく、素直で正直な気持ちが欲している「生き方」&自分の魂が純真に求めている「人生」・・・これをクリアに全うすること。←これが「私たちの今世の課題」なのです。

これ、一見、簡単そうに見えますが、ものすごく大変なことなんですよね(汗)。現代社会では特に・・・。「こうするべき」「こうあるべき」が山のように盛られている現代日本で、それらを覆して「自分のやりたい道を自由に進む」・・・なんてこと、できますか?特に昭和時代の価値観コテコテ世代の人たちには、非常に困難なことです。

でも、それをこれからはしなくちゃいけないんですよね(汗)。西暦2000年代に産れてきた子達は、もうそういう生き方が自然にインストールされているから楽なんですが、昭和脳の大人が家族の中にいると、そういう新しい時代の感覚の子達を、古い価値観に無理やり矯正しようとして、精神的に追いつめたり、迫害したりします。本当は逆で、若い世代の子達から私たち昭和世代が学ばなくてはいけないのに、古いものほど価値があるという価値観で脳がコチコチに凝り固まっている昭和脳の大人たちは、自分たちの方が若い世代より価値があり偉いと思い込んでいるので、勘違いして大きな失敗を犯してしまうのです。

でも、そうした古い価値観に縛られている昭和脳の人たちも、実は昭和時代を生きていく中で、自分の中に強いコンプレックスを抱くようになり、そのコンプレックスを克服できずに今に至っているところがあります。解決していない問題をたくさん心の中に抱えているところに、プライドの強さ&「力のある者が一番偉い」というパワー信仰が重なって、ますます意固地で頑固で気むずかしさを醸し出しているのです。意地が邪魔をして、素直な自分を表現できず、まるで「型にはめた」ように皆が横並びで同じ反応をする・・・そんなロボットみたいな人間が多いのも、昭和脳の大人たちの世代です。

でも、これからの時代は、昭和脳では生きていけません。もう年齢も性別も関係ありません。男だから偉い、女は下・・・という価値観も崩壊し、皆が人間として同等なのです。肉体年齢も関係なく、魂の進化の度合いに重点が置かれます。そして、「自分らしく生きられる者」が、真っ直ぐに人生の課題をクリアし、どんどん成長していける社会なのです。

もうこれからは、年齢や性別、社会的立場や肩書き・・・等に関係なく、「本当の自分」を知り、「自分らしく」生きることを実践することは非常に大事なことであり、これからの必須課題です。「自分らしく生きていく」取り組みを通して、どんどん心の中がクリアになっていきます。エゴやプライドがあると、自分らしさを押し隠してしまい、自分らしい人生から遠ざかってしまいます。でも、自分らしく生きることを目標にして取り組むことで、嫌でも自分のエゴと向き合い、それらを手放すことを実践しなくてはいけなくなります。自分をクリアにすることは、とても根気がいる作業ですが、でもそれをすればするほど、どんどん人生が明るく楽しくなっていきます。そして、自分の意識が自分の魂により近くなり、自分らしく生きていくことに喜びを感じるようになるのです。

 

自分にコンプレックスがあるのなら、それを解消させるために早くに取り組み、自分のコンプレックスを消化して克服してください。コンプレックスがあると卑屈な性格になってしまうので、「自分らしさ」を発揮することができなくなり、「自分らしく生きる」ことも難しくなります。コンプレックスのために、人生を遠回りしたり、違う道を進んで失敗したり・・・等、自分の魂が欲する生き方が出来なくなります。ですので、早くコンプレックスの存在に気づき、早く手を打って、自分のコンプレックスを消していってください。コンプレックス解消には、その部分を隠して誤魔化すのでは無く、その部分を隠さずオープンに晒して、自分の問題を明らかにし、必要に応じて専門家の意見を乞いながら、前向きに正攻法で解決に向けて取り組んでいくことです。

また、性格や気質の中に問題点や直すべき点がある場合も、性格改善に向けていち早く取り組み、早々に解決してしまいましょう。性格に問題があると、本来の自分(ポジティブな部分&自分の良さ)を自由に発揮できません。そして、ますます意固地になり、物事の受け止め方が卑屈になり、更にまた歪んでいきます。性格が悪いと、人から嫌われて損することが多いです。ですので、自分は性格が悪い・・・と自覚している人は、その性格を改善することです。

ちなみに、性格は「魂」とは関係ありません。魂の修行のために、この人生ではその性格を設定して生まれてきたのです。その性格の人生を体験するために、そういう性格をもって産まれたので、体験としては今世一代限りです。もしも、この性格のせいで生き辛さを感じていて、真剣に直すことを希望しているのなら、腹をくくって「絶対に直す」と決意してください。そして、「性格を改善する」という目標を立てて、真剣に「直したい」旨を宇宙に伝え、正しく改善できる方法を素直に教えてもらうのです。例えば「腹を立てやすい」とか「クヨクヨ悩みやすい」といったものは、意外と簡単に改善できたりします。ですので諦めないでください。真剣に改善する気があるのなら、ちゃんと改善に必要なものを引き寄せます。本気で自分を変えたいと願っているのなら、それを真剣に願うことで、ベストなタイミングで「性格改善」に役立つ情報が自分の手元に入ってくるものです。情報が入ったら、行動力をフルに発揮して、どんどん実践していつてください。願うだけでなく、具体的な方法を知ったのなら、ちゃんと「行動する」ことが大事です。行動しないと、物事は変わりません。性格も然り・・・です。何かを体験し、体験を通して自分の性格を見つめ直し、人や物への対処の仕方を、より良きものになるよう、自分でちょっと工夫したことを実行・実践してみてください。

 これからは、自由でオープンな時代です。ひねくれていたり、いじけていると、大きく損をしますよ(笑)。卑屈になっている暇があるなら、どうしたら自分の心が明るくオープンになれるのか・・・を真剣に考え、思いついたことをすぐに試してみてください。

また、自分を成長させ、より良く変容していくためのチャレンジなら、神仏は喜んでサポートしてくださいます。人間の魂をより良く導くことが神仏の使命なので、それを欲している人間がいるのなら、どんどんサポートして導いてくださいます。ですので遠慮しないで、素直な気持ちで神仏に導きを乞うてみてください。物事をポジティブに受け入れていくことを心がけていけば、神仏からメッセージも上手に受け取れるようになるでしょう。

時代は大きく変化し続けています。もう昔のままではありません。いつまでも過去に縛られず、前を見て前進していきましょう。もう数日後には、新元号の時代です。

古いエネルギーに捕まらないように・・・。心を明るくクリアに保ち、自分らしく楽しんで生きていくことを決意してください。シリアスにならず、明るく楽しむことです。

シリアスさは平成に置いていきましょう。そして、新しい時代を新しい気持ちで迎えてくださいね。