森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

ずっと隠してきた「もう一つの自分」を知るとき

【スポンサーリンク】

満月が近づいているせい・・・なのかな?

自分が今まで隠し持っていたものが、どんどん自分の中で膨らんで大きくなり、そのうち隠しきれなくなって表にどんどん溢れ出てきている・・・。そんな感じの日々が続いています。

これは私だけでなく、皆さんもおそらく同じ状態なんじゃないかな~と感じます。

「隠し持っている」というと『意図的に隠しているもの』『隠していることを自覚していること』だけかと思うでしょうが、いやいや、それ以外の、例えば・・・

  • 今の自分の「性格」や「気質」の土台となっている心の根本的な部分
  • 自分のコンプレックスの根っこの部分
  • 苦手意識を持つようになった「きっかけ」や「原因」
  • 過去の古傷・トラウマ
  • 無意識に繰り返してしまうパターンの深部

・・・等。うまく言葉で言い表して説明するのがスゴく難しいのですが(汗)、自分の根底にあるもので、心の奥で自覚なく抱え続けていた「もの」が、今、宇宙からのエネルギーの刺激を受けて、ワサワサと動き出し、大きく膨らんで意識上に浮上してきて、存在を強烈にアピールしてくる・・・そんな感じなのです。

今のこのタイミングで、「今まで、すごく重要なことだと思わずに、軽く受け流して放置してきた自分の心の癖」&「ずっと気にもとめず、手つかずのまま放ってきた自分自身のこと」が、どんどん大きく膨らみだし、否応なしにその存在に気づかされ、自覚を強いられ、出てきたものと対峙しなくてはいけない・・・。そんな時期なんだということを強く感じます。

いまこそ自分自身と真摯に向き合い、自分を客観的に知るとき

隠したい部分とは、たいていの場合、「自分の嫌な部分」「コンプレックスに感じている部分」だと思います。そういう部分は、見れば見るほど「不快感」や「嫌悪感」しか感じないし、できれば見たくないものです。その部分に触れることは、自分の古傷に塩を塗るようなものなので、心が苦しくなり辛くなります。だから、なるべくなら関わりたくない・触れたくない・・・と感じ、無意識に避けて逃げるのです。。そして、最後は「最初から、そんな部分は無かった」ものとして扱い、封印して、自分の意識からも消去してしまう・・・。そういう人が多いと思います。

でも、今まで永い間、放置してきた「隠してきた自分」も、『これも自分の一部分』として認めてほしい・受け入れてほしい・・・と、強くアピールしてくるのです。

過去に権力者の力によって歴史の闇に葬られ社会的に封印されてきた文化が、発掘や調査によって認知され、現代に蘇っていくように・・・。また、今まで長い間、社会から差別的な扱いを受け続け、闇に葬られて日陰の存在だった人たちが、昨今の人権運動をきっかけに社会に浮上して生きる権利を獲得し、存在価値を示していくように・・・。自分の中にある「隠された部分」も、それらと同様、その存在を自分自身にしっかり認めてもらおうと、自制を解いて大きく動き出し、アピールしてくるのです。

自分自身に対して、「実はこんな部分があるんだよ~」ということを知らせているのです。そんな「もう一つの自分」をまずは認めて、どんな自分も「自分」として受容し尊重していくこと・・・。それが宇宙レベルで促されているのです。だから、隠し事はもうできませんよ。秘密も暴露します。嘘もバレます(汗)。それは「隠したり誤魔化す必要がなくなるから」です。人の本質や言動に「良い」「悪い」のジャッジはもう必要なくなるのです。結果、自分の裏の部分を隠したり蓋をする必要は無くなり、正直に素直に全てを受け入れ、また、正直に自分のありのままを出していく・・・それが当たり前の時代になっていくのです。

 隠さなくても、そのままで良いんだよ

その体験が必要な人は、必要だからそれを体験し、それが必要ない人は体験する必要が無いから、違う方へと向かっていく・・・。何を求めても、それを咎める必要は無く、皆が自由に「自分に必要なこと」を体験していく・・・それだけのことです。人から褒められるため・人気者になるため・人から評価されるために、模範的な行動をしていく・・・という時代は終わったのです。

自分が「良い」と感じたことをやれば良く、自分が「悪い」と感じたことはやらないと判断する・・・。それで良いのです。

その「良し」「悪し」の判断は個々によって全く違うから、自分の判断で進んでいけば良し。人の意見に振り回されているようでは、本当の自分は生きられません。

ちなみに「自分らしい人生を送る」ためには、自分がしたいことをちゃんと把握して知っておくことが必要です。そして、そのためには、自のことを全てをまんべんなく知ろうとする取り組みが必要です。自分を知るにも努力が要ります。体験を通して、いろいろ感じることから、自分というものが見えてきます。そして体験を通して自分を客観的に知り、自分を理解することによって、新たに「自分がやりたいこと」「自分に必要だと感じること」が分かってきます。

とにかく、シンプルに判断し行動していくこと根気に行動し続けていくこと。この両者をバランス良く行うことです。そして、このとき何が出てきても、「どんな『自分』であっても、決して嫌がらず客観的に知るようにしよう」と腹に決めましょう。「自分のネガティブな部分は知りたくない」と蓋をしていると、何を体験しても「自分を知る」ことには繋がりません。その代わりに「他人を責める&自分を責める」に意識が向かってしまいます。これでは人としてバランスが悪いです。そうではなく、エゴもプライドも外して、素直な気持ちで「新たに見つけたもう一つの自分」を温かく受け入れて認めていこう・・・と腹をくくってください。これが大事です。

今は「自分を知ること」が非常にしやすい期間です。宇宙からのサポートがあります。世界中の人々が、今は「膨らんであふれ出す自分を受け止める期間」として平等に背中を押してもらっています。だから、今はチャンスです。次々といろんなことが起きて、人によっては「運が悪い」とか「不幸だ」とか「貧乏くじを引かされて損をしている」とか・・・等、悪く受け止めている人もいるかもしれませんが、いやいや、今起きている様々な出来事に取り組むことは、「自分を知る」良い機会なのだ・・・とポジティブに受け止めてください。

その体験の最中に、「もう一つの自分」が表に浮かび上がっているのです。あとは、その「もう一つの自分」に気づき、受け止め、「これも自分だ」と認知して欲しいと思います。

自分を正しく知るために

いっぺんに全てのことを一発で知る・・・なんてことは無理で不可能です。そうではなく、タマネギの皮をむくように、一つずつ順番に何かを体験しながら、その体験を通して少しずつ少しずつ自力で気づいていく(知っていく)ことになります。

だから時間がかかるし、結構大変です。タマネギの皮むきだから、涙が流れるようなこともたくさんあります。喜怒哀楽を味わいながら、泣いたり笑ったりして、いろんなことを体験しつつ、一つずつ一つずつ「自分の特徴」を見つけていくのです。新たに見つけて気づきながら「自分を知る」のです。でも、自分の特徴に気づいたり発見するには、自分を俯瞰して観察できることが必須。喜怒哀楽の生々しい感情を味わっていても、すぐに冷静さを取り戻し、そんな自分を客観的に見つめることができる「心の強さ」と「観察力」が必要です。落ち着いて自分を見つめ続けていくこと・・・。自分から目を背けないで、根気に根気に観察し続けて、自分のことを辛抱強く知り続けていく姿勢を持つことです。

自分を知るには「覚悟」が必要です。自分を知ろうとするとき、自分の欠点やマイナスの部分も正しく受け止めて、必要ならば「改善」していくよう「自分作り」に取り組んでいく・・・。そのためにも、エゴもプライドも含まない純粋な気持ちで、自分のありのままを知ろうと決意すること・・・。これが大切なのです。

  

f:id:mama-papa-131106:20190514143907j:plain

焼き鳥屋さんの小丼。美味しかったです♡

先日、友人と焼き鳥屋さんへ行きました。久しぶりに飲んで語ったけど、こうした気が抜ける息抜きの時間、今後はどんどん作っていきたいなぁ~と思いました。脱☆プチ引きこもりを目指します(笑)。