森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

身体の感覚をしっかりキャッチする

【スポンサーリンク】

7月になりました。

まだ梅雨明けしていないので、天候や気圧の変動が激しかったり、湿度が高めでジメジメしたり・・・と、健康に暮らそうと思っても、身体の調子を整えることで精一杯。なかなかヘビーでハードな毎日です。

でも、こんな時ほど、身体のバランスがちょうど中庸になるように、意識して整えていくことが大切だと思います。

病気までは至らないけど、何となく感じる体調の悪さ・・・。例えば、

肩がこる・身体の節々が痛い・だるい・目が疲れる・お腹の調子が悪い・身体が冷える・足がむくむ・頭が痛い・便秘・睡眠不足・夜眠れない・疲れやすい・身体が硬い・・・・等

こういう症状があって、何だかスッキリしない状態だと、身体に感じるフィーリングをピタッとキャッチするのが困難になります。

これは私自身の実感なのですが、「リーディングもチャネリングも、自分の身体をセンサーにして感じ取ってキャッチしている」のですよ~。

だから、体調が悪いと、上手く受け取ることができなくて(使い物にならない・・・という感じ)本当にダメなんです・・・汗。

ちょっとした体調の悪さが原因で、身体の感度や感じ取る精度がズドンと落ちるので、微細なエネルギーの変化とか動きとか違いが上手く嗅ぎ分けられなくなるのです。

私が今、リーディングのお仕事をお休みしているのも実はこれで(汗)、更年期特有の変調にまだ慣れなくて、自分を整える方法を模索しているところです。更年期の自分のからだの特徴を知り、『体のバランスが整う感覚』をつかめれば、前よりパワーアップできると思います(笑)。

昔のような無理はできないので、新しい自分のペース配分を見つけ出し、新しく自分のペースを築こうとしている…そんな感じです。

サイキックでも生身の体を持っているので、調子の良いときもあれば悪いときもあります。なるべく良い状態を保つために、常に健康には気を付けていますが(健康維持もスピリチュアルワークだったりします)、悪いときはどう過ごすのか?…これはとても大事なことです。自分のからだと向き合いながら、体調の波をどうやって乗り越えてやり過ごしていくのか…。これも『自分を知る』という大切なワークなのです。

7月の過ごし方

天候不順な夏になるような予感がします。

天候が落ち着かないと、体調も崩しやすくなるので、体のメンテは特に意識して取り組んでください。

食べるものは勿論ですが、体の感覚にも気を配ってくださいね。

天気予報では湿度や気温を予報で伝えてくれますが、それよりも自分の体感を尊重してください。

蒸し暑くて辛いとき「自分の体はどうしてほしいと訴えているのか?」をいつも気にするのです。

今、着ているものが不快に感じるのなら、体が心地よいと感じる衣類に替える。

あるいは上に羽織っているものを一枚脱ぐ…とか。

喉が乾いていると感じるなら、とにかくすぐに水分を確保して今すぐ飲む…とか。

トイレに行きたいと感じるなら、我慢しないで今すぐトイレに駆け込む…とか。

今日は何が食べたいのかな?と自分の胃腸に聞いてみて、「これが食べたい」と思うものを食べる…とか。

そこに、養生の知識を少し加えて、冷たい水は飲まないとか、汗をかいたら放置せずこまめにタオルで拭き取るとか、旬のものを食べるとか、肌が心地よいと感じる布地の服をチョイスするとか…等々。

そうやって自分が心地よいと感じる状態に自分を導いてあげてください。

体がリラックスして穏やかになると、心もリラックスして穏やかになります。その状態で体の各部分がふと感じること&感じ取ったこと…これが直感でありフィーリングであり、メッセージなのですよ。

自分の体の感度を磨き、感覚の精度を高めてください。それには今この瞬間に体が感じていること、体の感覚に敏感になり、感じたことをしっかり認識することです。

多くの人が、社会に適応するために自分の感覚を鈍らせ、自分の体を鈍感にして生きてきましたが、これからは鈍感はNGですよ。

自分の心のセンサーであり、人生の羅針盤となる体の感覚を取り戻してください。

それが、この夏の課題になります。

感覚を取り戻した人々が、自分らしい生き方を求めて立ち上がり、動き始めています。

人と自分を比較しないで、自分オリジナルの感覚を取り戻してくださいね。取り戻して「本当の自分」を思い出してください。

 

f:id:mama-papa-131106:20190702145753j:plain

昨日、お取り寄せで注文していた山形のサクランボが届きました。甘酸っぱくて爽やか。夏の味がしました。