森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

何かを手放して、新しい自分を手に入れる

【スポンサーリンク】

何かを手放すと、新しいものを手に入れることが出来る。

これは「もの」に限らず、「人間関係」や「自分の意識」についても同様です。

というのも、何かを「手放す」ということ自体が、「今までの慣れ親しんだ自分」に見切りをつけて、今まで自分が持っていたものを全て潔く手放す・・・ということでもあるので、結果、自分に関わるエネルギーの流れが大きく変わります。

例えば、「怖い」「心配」「不安」だと思う気持ちが強くて臆病になり、どうしても行動に出られなかった人が、「恐怖や不安に屈していた自分」を手放し、勇気を出して前向きに取り組むことを決意して実行すると、今までの自分ではない「新しい自分」に生まれ変わることになります。こうして、主体的に前向きに行動することによって「不安と恐怖の世界にいた自分」を脱することができるのです。

こんな感じで、「不安」や「恐怖」で心がこわばり、これ以上先に進むことが出来ず、ずっと心の扉を固く閉ざして、扉の内側でうずくまり動かなかった人が、勇気を出して「扉を明けて、扉の向こう側に進む」ことをしたとき、自然と「今までの自分」を抜け出すことになります。勇気を出して扉をバーンと開き、こちら側から向こう側へ・・・と飛び出してくことで、「新しい自分」を手に入れることができるのです。

「古い自分」を手放すことは、「新しい自分」の世界を手に入れることでもあります。

要らなくなった不要物を捨てる時も、手放す開放感を味わうことが出来ますが、それは、そのモノを手に入れたときの昔の自分&そのモノを使っていた当時の自分・・・つまり「昔の自分」を手放したから・・・なのです。

これと同じように、ある人に執着していたけど、その人との関係に魅力を感じなくなり

手放しても良いと自分で感じるようになったら、その関係はもう終わらせることです。終わらせて手放すことで、その人に執着していた頃の自分を手放すことができます。つまり、今まで自分がいたステージを卒業することができるのです。

こうして、自分に合わなくなった人間関係を手放せば、今の自分のエネルギーに合った本来の世界に移行することができ、そこで新しいステージの人々と新たに出会うことができます。

だから、もう終わったなぁ・・・と感じたら、執着しないこと。さっぱりと潔く手放していくことです。これは自分だけでなく、相手にとっても幸せな選択なのです。相手も、互いに合わなくなった者同士で無理して一緒にいるより、自分のことを手放してもらって、解放してもらい、自由にさせてもらったほうが、次に自分に合った世界へ動くことができるから、本当は「幸せ」なのですよ。

昔は仲が良くてすごく息が合った相手でも、お互いに生身の人間である以上、いつかは必ずエネルギーが合わなくなっていきます。その時は、無理して一緒に居ないで、自分の気持ちに正直になって決断しましょう。自分の執着を手放し、相手のことも手放して解放し、それぞれに自由になってください。

その方が、お互いにとってプラスになります。決して固執しないこと、執着しないことです。

深く関わり合っている関係ほど、エネルギーの相性が大切になってきます。しかも、人間として生きているということは、自分も相手も常に成長し続けている存在であり、エネルギーも常に変化し続けています。だから、仕方が無いのです。ずっと同じで一緒であり続けることの方が、実は困難なのですよ。

ですから、お互いにエネルギーの質が大きく変わり、相手と自分のエネルギーが調和しなくなってきたら、無理して我慢しないで、正直にそのことについて打ち明け、相手とよく話し合ってみてください。クリアにオープンに話してみることです。

ちなみに、エネルギーがフィットしなくなることは決して悪いことではないし、ダメなことでもありません。これは自然のことなのだから、罪悪感を感じる必要はありません。正直になることを恐れないで下さい。

ただし、エネルギーが合わなくても特に気にならず、その違いがむしろ楽しくて面白く感じられるのなら、それでOKです。また腹を割って話し合うことで、相手と上手に折り合いがつけられて、お互いに相手と自分のエネルギーの違いを上手に生かして、楽しく成長の糧にできるのであれば、それもOKです。

ただ、そうではなく、生理的に受け付けられなくなるほど相手のエネルギーが苦痛に感じられるのなら、離れることがベスト。罪悪感など感じる必要は無いので、お互いの幸せのために別々の道へ別れていきましょう。

そうやって、健全かつ健康的な形で、自分の人間関係も変化させ、また進化させてください。それが互いの心の成長・魂の進化に繋がっていくのです。

 

f:id:mama-papa-131106:20190822172521j:plain

カフェの窓辺の花。クリアで美しいです。