森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

自分らしく生きるために

【スポンサーリンク】

昨日まで何となく体が重くて不調だったのが、今日はスカッと快調。スポン!と抜けたような感じです。

どんどん変化の波が押し寄せている今。

言葉で表現するのがもどかしく面倒に感じられるほど、世の中は、今までとは全く異なるエネルギーの世界へどんどん移行しつつあります。

今まで常識だったことが、もう常識ではなくなり、今まで隠されてきたことが、どんどんオープンになっていき、一人一人の価値観を根底から根こそぎ変えていかなくてはいけない時です。

こんな時だからこそ、自分を見失わず、足元をしっかり固めながら歩んでいかなくては…と思います。

「足元を固める」とは、「自分を知る」ということです。自分を知って、自分らしく生きることです。

ちなみに、人生とは大小様々な「選択」の連続で成り立っています。

「今日のお昼ごはんは何にしようかな?」というような小さな選択から、人生を賭けるような大きな選択まで、様々です。

その選択の時に、他人の期待に応えようとしたり、人の意見を鵜呑みにして黙って従ったり…等。そういうことは止めることです。

ちゃんと自分の意思で決めてください。

自分が本当にしたいこと、自分が心から欲するもの、自分が望むこと、そこをクリアにしてしっかり理解し、それらを元に自分の判断で人生を決めていくのです。

最終決断は自分が下すのです。

そして、その結果がどうでようと、何であろうと、自分が決めたこととして潔く受け止める覚悟を持つこと。

また、自分で決めて突き進んだことでも、もしかして途中で思いが違ってきたら、自分の気持ちに正直に従い、撤退する勇気をもつこと。中断して軌道修正することも覚悟のひとつに加えること。

それも、しっかり心に留めておいてくださいね。

こうして自分の本心に素直に従い、自分の人生を切り開いていくのです。

これが、本当の「自分の人生を生きる」ということです。

 

自分の人生の手綱は自分がしっかり持ってください。

自分の人生を、他人に明け渡してはいけません。自分の命を他人のエゴを満たす道具に貶めないでください。

自分の人生を生きることに、年齢や性差は関係ありません。男も女も大人も子供も関係なく、皆が自分の人生に責任を持ち、自分らしく生きていかなくてはいけません。

人の人生に首を突っ込むことも止めて、また他人の人生を操作することもやめてください。他人の選択をジャッジして口出しするのを止めて、他人のことよりまずは自分の人生を何とかしましょう。自分に集中して、自分の人生をより良くすることに取り組みましょう。

 

自分の人生を生きるとき、他人の期待や意向に自分を添わせるのではなく、また社会の常識や親に刷り込まれた固定観念に沿って生きるのではなく、自分の本心やピュアな気持ちを基準にして物事を選択し、毎日を生きていくのです。

他人のために自分に無理を強いるのは止めましょう。

自分らしく生きようとすれば、必ず非難してくる人が出てきます。でも、人から非難されることも覚悟の上で、自分を貫いてください。心を強く持ってくださいね。

 

これからは自分らしく生きることが必要になっていきます。自分の気持ちを優先させて生きていくことにより、不思議と全てが整っていきます。調和していきます。

だから、他人の一方的な意見に惑わされず、自分の直感と判断を信じて、自分らしい選択を積み重ねていってください。

それが、結果的に全てを調和させることに繋がるのです。また、あなた自身が自分らしく生きていくことにより、周囲の人々もあなたから刺激を受けて「自分らしい人生」に目覚めていくのです。

今は変化のとき。気づいた者から勇気を出して、今こそ大事な一歩を踏み出す時なのです。

f:id:mama-papa-131106:20190919152055j:plain

今日の空。スカッと秋晴れ。