森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

社会が大きく変わりつつある今

【スポンサーリンク】

世界情勢が刻々と変化しています。

これからは「国家」という枠組が大きく揺らぎ、国家の形や国のシステムも根こそぎ変容していくかもしれません。

 これは「日本」というより、世界規模、地球規模で起きる・・・ということです。

 現に、今、香港では大規模なデモ活動が繰り広げられ、内戦状態に突入しています。主に活動しているのは10代から20代の若い世代。これからの世界を担っていく若い人達が、自分たちの命を懸けて立ち上がっています。

そして今は情報戦の時代。ネットを通して様々な情報が飛び交い、入り乱れ、ガセも真実も玉石混交の状態・・・。どれが本当で、どれがフェイクなのかもさっぱり見分けがつきません。ただ怖いのは、どんなに酷い嘘話でも、根気強く言い続けていけば、自然とそれが「真実」のように認められていくのです。

全ては「脳」の機能によるもので、正しくないことでも「正しい」と脳に刷り込まれると、それが真実だと信じ切ってしまうのです。こうして死ぬまで、親や社会から刷り込まれた情報を「これが真実であり正しい」と信じて生きてしまうのです。

この「刷り込み」が結構社会に根深く浸透していて、刷り込まれた価値観を基準に物事をジャッジして見る癖がついている人、結構多いのですよ。

可愛いものだと、「男とはこうあるべき」「女はこうするべき」のジェンダーに関する刷り込みや、「子供は親を敬うべき」「年配者を立てるべき」の儒教に則った刷り込みがありますが(←これらは今や絶滅危惧種だと思うのですが・汗)、深刻で問題なのが「左翼的思想・右翼的思想」のイデオロギーの刷り込み、「過去の出来事をいつまでも根深く恨み続ける」ことを扇動するための刷り込み・・・だと思うのです。

特に、今の日本の内情を見ていると、世界規模でたくさんの大きな事件や騒動が起きていて、この混乱のなかで「日本」という国がひっくり返らないよう、本来ならば、イデオロギーや主義主張の違いを超えて心一つになり、皆でしっかり舵取りをしなくちゃいけない大事な時なのですよ。

ところが、今の日本の政党(特に野党)は「政権奪回」を目標に今の政府の揚げ足取りに必死で、自分の政党の損得しか考えていない・・・まさに「ガラパゴス化」なんですよね(汗)。それで、視野が狭くなった分、「日本を転覆させること」にターゲットを絞り、そこに血道を上げて決起しているという状態なんです。これ、ちょっと異常な感じがするのですよ。

世界に目を向けたら、右や左でいがみ合っている場合じゃないんですよね(汗)。

だって、私たちも、いつ香港のような状況に陥ってもおかしくないのです。誰が悪いとか、あいつのせいだとか、汚い言葉で気に入らない相手を蔑んで罵り、グチグチと陰で文句や愚痴を言っている場合じゃ無くなるのですよ。そのうちに、「お前はどっちにつくのか?」を突きつけられる時が来るかもしれません。

損得勘定を働かせて「こっちについた方が、後々有利だろうから・・・」という理由で選ぶのか、それとも、自分のフィーリングと直感で「私はこちらを信じる。こちらについていく」と決断し、腹をくくって命を懸けてそちら側についていくのか・・・。

後々、どんな結果になろうとも、その瞬間に自分が信じて決断した方に向かって直進していくこと・・・。これが、これから、ものすごく大事になっていくと思うのです。

◇◇◇

それにしても・・・。

国家が強大かつ広大になると、覇権争いも壮絶なのでしょうね。

強い国家のもとで、人民は国家に守られて安全に暮らすわけですが、国家に守られることと引き換えに、国家のトップに立った人に対しては徹底的に従順にならなくてはいけない・・・。もう紀元前の昔から「力で民を統治する」というこの感覚で、ずっと国を治めてきたのでしょう。王朝が変わってもそこは変わらず・・・。しかし、そうでもしないと、この広大で強大な多民族国家を治めることはできません。そして、それが今もずっと引き継がれ、今に至っている・・・ということなのだと思います。

しかし、今は21世紀。新しい時代になったにも関わらず、今も前時代的な手法を使っているように感じられるのです。

力で人民を押さえつけ、徹底的に管理・監視してコントロールし、抵抗する者に恐怖を与えて反抗心を削ぎ落とし、従順になったところで「国が守ってあげている」という甘い飴を与えて人民を統治する・・・。

統治するのに「支配する」「支配される」という関係を持ち込むことは、確かに政治的には非常に楽で簡単なのでしょうが、その分、権力者に「自分を律する力」が無いと、権力が武器となり、とたんに恐怖政治へと陥っていくのです。

 

これからの時代は、「徳をもって人民を治める」です。

人の上に立つ者は「人徳」を磨くこと。そして、「徳」をもって社会を治めること。

もちろん、一般市民も「徳」を磨かなくてはいけません。

脳に刷り込まれた「価値観」や「思い込み」や「固定観念」に振り回されないよう、自分の徳を磨くことで「真実を見抜く目」を養い、徳をもって瞬時に「的確な判断」ができる人になって下さい。

そして、人の意見に惑わされることなく、自分の信念を貫き通す「強い心」を持って下さい。

これから、ますます社会は混乱していきます。世界規模で混乱していることに気づかないと、いつか日本が巻き込まれたとき、慌ててパニックになってどんどん墜ちていきますよ。そうなったら、政治がどうこうとか、あの人が気に入らないとか、そんな悪口や口ばっかりの主義主張なんて、全く役に立ちません。むしろ、そんな面倒臭いものは、宇宙の采配でサクッと淘汰されるでしょう。

それより、自分に力をつけることです。本物の「力」を蓄えて下さい。

人を恐怖に陥れたり、人を支配するための「力」ではなく、愛と真実を貫くための「本物の力」です。

感情移入してバタバタするのではなく、心を落ち着けて、深呼吸して静かにたたずみ、今自分はどうすべきなのか・・・を、じっくり考えてみて下さい。

f:id:mama-papa-131106:20191112164039j:plain

写真を撮ろうとしたら、どアップになってしまいました。でも良い味出してる。