森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

あなたへのメッセージ、これからも強く生きていくために…

【スポンサーリンク】

今回は、ここに辿り着いた人へのメッセージです。

何方へのメッセージなのか分かりませんが、スピリットから受け取ったことをそのまま書き綴っていきますね。

◇◇◇◇◇

今年2020年の過ごし方は、ズバリ

自分に無理を強いることはやめる

・・・これに尽きるんじゃないかと思います。

例えば・・・

 もう聞きたくないと感じる話なら、相手に「もう聞きたくありません」とハッキリ言って、聞かなくても良い環境を自分に与えていく。

もうやりたくないと思うのなら、相手に「もうやりたくありません」と正直に伝えて、やらなくてもいい状態に変えていく。

 などなど。

ここまでに至る過程で、あなたは相当我慢してきたと思うのです。

相手に合わせて辛抱して、相手のために自分を無理やり押し殺してきたと思います。

 

でも、もうそんなあなたの我慢と辛抱の上に成り立っている人間関係なんて、本物ではありませんよ。あなたが本心を伝えることで、いとも簡単に崩壊するような関係ならば、早く手放してしまうことです。

たとえ血が繋がった関係であっても、もう今まで充分に尽くしてきたのだから、それをもって「孝行はやりきった」ことにして、もう手放すことです。

 

こんな感じで、人間関係を清算していく流れが、今年はどんどん進んでいくと思います。

 

以前は、我慢と辛抱が「美徳」でしたが、これからは、そんなものは美徳でも何でもありません。

早く自分の本当の気持ちに気づいて下さいね。

あなたがここまで苦しい思いをして、ギリギリまで我慢して辛抱していることなど、相手は全く気づいていないのです。相手はあなたの気持ちなどお構いなし。それくらい、とても鈍感な人なのです。あなたの気持ちを察するなんて高度なことはできません。

そして、あなたが苦しんでいることなど全く気づかず、自分の心地よさを優先させて、自分を満足させることにエネルギーを使っているのです。

 

それなのに、あなたはそこに「愛」を求めようとする・・・。それがあなたの問題点なのですよ。

あなたが欲しているものなど絶対に与えない・・・そんなケチな相手を前に、どこまでもあなたは「愛」を求めようと頑張り続けている・・・。だから苦しいのですよ。

相手は、自分のエネルギーを一文も絶対に渡さないと拒絶し続けているのです。そう、エネルギーのドケチなのですよ。

今までの相手と自分の関わり合い(関係)を振り返ってみてください。客観的に見ても、相手は相当のケチ!すっごいケチ!だったと思いませんか?(笑)

あなたに何も与えてくれない代わりに、あなたからは簡単にエネルギーを抜き取り、奪い続けてきたのですよ。

そして、自分からは一切、愛のエネルギーを出さない代わりに、腹に溜まった猛毒をドバドバと吐き出して、あなたに向かって放ってきたのではありませんか?

愛ではなく、愛に見せかけた「毒」の力をもって、あなたをを支配してきたのです。

支配して、獲物のあなたからエネルギーを吸い尽くしてきたのです。

 

そういう酷い状態の中に自分を置いて、あなたは今まで頑張って生きてきたと思うのですよ。

純真に相手の「愛」を求め、一生懸命に尽くしてきたと思うのです。

でも、なかなか愛を受け取れなくて、愛がもらえないのは自分が悪いからなんじゃないか・・・と自分を責めたり、自己嫌悪に陥ったりしていたと思います。

 

でも、この状態を、改めて俯瞰して見つめてみて下さい。

今までずっと、そのやり方で健気に頑張ってきたけど、相手はあなたの期待には応えてくれなかったでしょう?あなたがしてきたことに対して、全然、反応が無かったと思うのです。

ならば、もうそろそろ「このやり方は間違っていたんだ」と気づかなくてはいけません。そのやり方をしても、相手からは何も引き出せないし、自分が満たされることは絶対に無い・・・と、現実を思い知ることです。

そして、良い意味で見切りをつけて諦めて、今のそのやり方を止めることです。

 

ここからは、思い切って方向転換してみてください。

愛のエネルギーをあなたに分け与えられるほど、相手の心は満ち足りていなかったのです。相手も「愛」がほしい人だったのです。
ならば、相手に愛を求めることは止めることです。

無いものから受け取ろうとしても、無駄なことなのですよ。そういう期待を相手に寄せること自体、実は間違っていたのだよ・・・ということです。

 

あなたは 愛を求める側に居続けるのではなく、愛を与える側に立つ。

そういう風に、自分のポジションを変えてみてください。

 

愛を求め続けている間は、相手を中心に物事を考えたり、相手の気持ちに添った受け止め方をしたり、自分軸がずれて他人に感情移入してしまいがちです。

そして、愛を獲得するために、どんどん卑屈になっていき、心が歪み、純真さが汚れていき、心が下へ下へと落ちていきます。

 

愛は求めるのでは無く、与え続けるものです。

人に与えなくても、自分自身にまずは愛を与え続けてください。

 

愛は枯れない泉のようなものです。

与えれば与えるほど、ますます溢れ出てきます。

アナタの魂の奥から溢れ出る愛を、まずは自分に向けて下さい。

こうして自分が満たされたら、次はあなたの足下へ。あなたの周囲へ。

少しずつ少しずつ与えていくことを練習して、慣れていくことです。

決して見返りを求めず、ただ与えるのです。

何をしてあげなくてもいいのです。優しいまなざしで相手の存在を受け入れ、そこにそのままの姿で存在し続けることを、心から許してあげて下さい。

愛は許すことです。

愛を与えるとは、相手を認めることです。

そのままでいいということを、ただそのまま受け入れて下さい。

 

自分のことも、そして相手のことも・・・。ありのままを受け止めながら、そのままでいることを許し、認め、あなたの気持ちに添って素直に行動して下さい。

自分がしたいことをする。それを許す。認める。

それを繰り返しながら、本当の自分を・・・本当の自分の気持ちを・・・見つけてくださいね。 

そのなかで、相手のことを手放す必要を感じるなら、勇気を出して手放す。

相手との縁を切るべきだと感じるのなら、潔く縁を切る。

ズルズルと引きずり続けることを自分の魂は望んでいないのなら、魂の声に従って切らなければいけないのです。

それが「自分らしく生きる」ということです。

そういう覚悟と潔さ。これを身につけたかどうかを試されるのが、2020年なのだと思います。

過去に縛られないでください。過去を切り離して自由になるために、勇気を出して自分自身のために取り組んでください。

f:id:mama-papa-131106:20200120163018j:plain

町家カフェでまったり。