森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

自分以外の「他人の感情」や「ネガティブなエネルギー」を拾わないよう気をつける

【スポンサーリンク】

先日、こんな記事を書きました。

www.emiko258.com

 今年は特に、自分の中にある「恐怖」がどんどん出てくるので、「怖いこと」(「嫌なこと」も含む)から逃げないでちゃんと向き合い、それらに着手してみること、そして克服して「怖さ」を手放すこと・・・等をお伝えしました。

 

でも、もう一つ、大事なことを言い忘れてました。

それは、『他人の「恐怖」を拾わない』ということです。

 

以前、ここにも書きましたが・・・

www.emiko258.com

 自分でも何だかよく分からないけど、「すごく焦りを感じる」「イライラして腹が立つ」「ソワソワして落ち着かない」「急に気分がドーンと落ち込む」「無性に悲しくなる」「不安でたまらない」「怖くて堪らない」・・・という場合、もしかしたら、自分以外の他人の感情を知らないうちに拾っているという場合があります。

 

エンパス(共感力が高い人)は特に、自分の周囲の空気に同化しやすいので、周りが情緒不安定になっていると、自分まで情緒不安定になることがあります。

 

分かりやすい例で説明すると・・・

たとえば、親が不安がっていると、子供にも親の不安がうつり、子供まで不安な気持ちになります。言葉で伝えなくても、エネルギーで感じ取ってしまうのです。結果、自分以外の他人の感情に心の中が埋め尽くされるため、感情が高ぶって、癇癪を起こしたり、激しく泣いたり、大きな声を出したり、ウロウロ動き回って落ち着かなくなったり・・・等々。

子供自身も「どうしてそうなったのかサッパリわからない」状態のまま、無意志のうちに、「問題行動と言われるようなこと」をしてしまうことがあります。

また、イジメが横行しているクラスにいると、自分はいじめられていなくても、いじめっ子が吐き出すネガティブなエネルギーを感じ取り、心が不安定になって気分が落ち着かなくなり、学校に行くのが怖くなったり、身体に不調が出る・・・ということもあります。

これらは子供の場合ですが、大人であっても、周囲を漂う「気」を感じ取る能力が高い人は、知らないうちに他人の感情やエネルギーを拾ってしまい、その影響を受けて、同じようにパニックになったり、感情的な反応をしたり、オロオロしたりイライラしたり、気持ちが不安定になりやすいのです。

 

こういうときは「どうしたの?」と聞かれても、大人でも、自分の今の状況をうくま説明できません。

というのも、これは「自分の感情」なのか?それても「他人の感情」なのか?・・・当の本人でも全く見分けがつかないからです。

 

常日頃から「自分の意識」「自分の感情」「自分の思考」をちゃんと自覚できている人は、気分が害されたり落ち着かなくなっても、「あっこれは私の感情じゃないぞ。他人の感情を拾っちゃったみたい」とすぐに分かるのですが、自分と他人の境界線が曖昧になっていると、サッパリ分かりません。

境界線をしっかり引けない人、他人と自分の間の線引きが曖昧な人は、ついつい他人を自分の心の中に引き込んで取り入れてしまうのです。

結果、自分の心の中に自分以外の他人が居候しているような状態なので、自分は全然落ち着けません。いつも誰かの感情を拾い、他人の感情に自分の心が乗っ取られて支配されてしまうため、常にイライラしていたり、不安な気持ちに苛まれていたり、オドオド周囲を気にしていたり、人の顔色をうかがうようなことをしていたり・・・等、情緒不安定な感じになるのです。

自分の意識が、自分以外の外側(自分以外の他人)に向いていて、自分の心は後回しです。だから、「自分は今は何を感じているのか?」「自分は何を思っているのか?」「自分はどういう考えなのか?」がサッパリ分からなかったりします。

 

自分自身のことが全く分からない状態なので、そこに他人の感情を取り入れて埋め合わせている・・・というわけです。

 

◇◇◇ 

 

こういう他人の感情を取り入れやすい人はは、今からでもいいので、「自分」というものをしっかり掴んでおくことが大切です。

  • 自分は何が好きなのか?
  • 自分はどういうことを考えて居るのか?
  • 自分が嫌いな物は何なのか?
  • どういうとき、自分は腹が立つのか?
  • 何をしているときが、自分は心地よくて安心できるのか?
  • 自分の好きなタイプは?
  • 自分が最も苦手とすることは?

・・・云々。こんな感じで、自分に質問していきながら、自分の本心や本性を掴んでいくと良いと思います。

 

こうやって自分を知っておけば、急にムカムカと腹が立っても、「これは私の怒りなのか?どうか?」の見分けが付くと思います。

 

また、訳もなく不安な気持ちに陥ったとき、「自分が怖いと感じる物・こと」「自分が不安を感じるのはどういうときか?」を自覚していれば、「これは私の不安?それとも世間の人々の不安に同調しているだけ?」と見分けられると思います。

 

自分に対して無頓着で、自分のことを何も知らないまま生きていると、いろんなものを知らないうちに拾ってしまうから、その拾ったものに常に振り回されてしまい、自分の人生、ものすごく損しちゃいますよ。

 

いつまのにか拾ってしまった他人の感情は、すぐにポイと手放しましょう。

これは私のものじゃない!と気づいたら、切り離して遠くに飛ばして下さい。

心の中で切り離したら、「持ち主のところに返します!」と心の中で念じ、その感情がボールになって元の持ち主の所に飛んでいく様子を、頭の中でイメージしてみてください。

 

こうして、自分以外のものは、早め早めに切り離して手放していきましょう。

 

そうしておけば、すぐに元の「自分」自身に戻れるので、心の負担が消えてとても楽になりますよ。

 

今の時期は特に、いろんな感情があちこち飛び交っているし、ネガティブな感情が吹きだまりになって溜まりエネルギーの玉になっていることもあるので、油断していると、うっかり拾ったり、ベッタリ貼り付いたりしてきます。

自分以外のエネルギーにつかまったり、間違えて拾ったりしないよう、よくよく気をつけてくださいね。

f:id:mama-papa-131106:20200203214549j:plain

私の影法師。