森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

自分の中の「滞り」や「偏り」を調整するとき

【スポンサーリンク】

今回書く内容は、最近、私が感じることです。

◇◇

12月に入って以降、今まで以上に「調整」が進んでいるようです。古い価値観や固定観念など、新しい時代に合わない部分を手放して、新しい形に一新させるために、見えない世界からの働きが進んでるのを感じます。

つまり、時代の大きな変換を目前にして、今、『最後の微調整』がなされている …そんな感じです。

ですので、社会のシステムが変わるだけでなく、個人レペルでもいろんなことが起きていると思います。また、今まで気づかなかったことに突然気づくことも多々あると思います。

 

急に目が覚めたようになり、意識がクリアになってスッキリする人もいますし、逆に、今までスムーズに流れていたことが急に流れが滞って止まり、やりにくさを感じる人も出ていると思います。

 

でも、全ては「調整」なんです。

人間の浅はかな価値観で「いい」「悪い」と決められるような簡単な話ではなくて、全ては宇宙の采配。天からみて「バランスが悪い」と感じられる箇所に、ピンポイントに調整と変革のエネルギーが注ぎ込まれています。

だから、今までとは違う流れが押し寄せてきて、今までやったことがない未知なことをチャレンジする羽目になったり、想定外のことをやらされたり、いろんな形で新しいことをどんどん体験させられているのです。

全てはバランスを実現するためです。

 

つまり、言い方を変えれば、今までの自分はどこかが凝り固まっていたり、ある部分が偏っていた…ということなんです(汗)。

 

今まで無意識のうちに、自分で「これは無理」「あれはできない」「それは私には値しない」と自分の主観でジャッジして選り好みしていたのです。それで、せっかくの貴重な体験の機会を自ら見逃し捨てていたんです。

 

でも、これからはそれではダメなんですよね~。

選り好みしないで、良いことも悪いこともまんべんなく体験しないと、自分の人生のバランスが非常に悪くなり、片方に偏ってしまうのです。偏りを直すためには、嫌でももう片方を経験して、自分の人生体験の比重を中立に保つよう気を付けなくてはいけません。

 

例えば、今世ではずっと「健康な状態」しか体験していなくて、病気や障害に苦しむ人の気持ちがわからない場合は、人生のどこかで病気や怪我を体験して、意識面での偏りや人生経験のバランスの悪さを整えることが必要になります。

 

また、いつもおどおどしていて人の顔色を伺い、人の言いなりになってばかりの人は、人生のどこかで「自分の意見や気持ちをきちんと主張して、人の意見に流されず堂々と自分の意思を貫き通す」という経験をしなくてはいけなくなります。

 

こんな感じで、バランスが悪くて偏っている箇所がある場合は、そこを揉みほぐして均等にするために、今までとは真逆のパターンを体験させるのです。

 

今がまさに、その大調整の時なんです。

 

だから、いろんなことが起きます。

いろんなことに巻き込まれます。

予期せぬことや困難を体験させられます。

 

今まで滞っていた部分を押し流すために、なかには、強烈な苦痛や憤怒の情を感じている人もいるかもしれません。

(ネガティブ感情は、殻を破って新しい自分に生まれ変わる原動力となるので、変わるタイミングの時には強烈なネガティブ感情に苛まれることがよくあります。)

 

そういうときは、素直な気持ちになって

  • 自分は本当はどうしたいのか?
  • 自分はどういう状態が心地よいと感じるのか?
  • 今の自分の状況は心地よい状態なのか?

…を感じ取ってみてください。

 

もしも少しでも違和感を感じるのなら、すぐに自分のために動いてくださいね。

 

調整のエネルギーが強まっているこのタイミングを上手に利用して、自分を幸せにするために調整のための行動を心がけてみてください。

 

今しっかり調整をしておくことで、これからうんと生きやすくなります。

未来の自分のために、今、ちょこっと頑張ってみてくださいね✨

 

f:id:mama-papa-131106:20201209201500j:image

富有柿をいただきました。甘くて美味しかったです✨