森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

「自分はどうしたいのか」をしっかり決めて行動することの大切さ

【スポンサーリンク】

今日から大量の黄砂が日本に飛来するそうですね。

私が住んでいる地域も、(午前中は大丈夫でしたが)午後から、遠くの山が白く霞んで見えにくくなりました。今月いっぱいこの状態が続くようなので、注意が必要です。

私の場合、もともと花粉症なのですが、ここに黄砂とPM2.5が重なると、鼻炎の症状がすごく重くなります。鼻だけでなく、目の粘膜も刺激を受けて痛くなるし、肌も荒れるし、頭もガンガンと痛くなるんですよね。だから、本当に要注意なのです。

年に数回ほどの黄砂飛来でもこんなに大変なのに、お隣の大国を見ると、年がら年中、黄砂やPM2.5が発生していて「吹き溜まり」のような状態なんですが(汗)、現地の人たちは大丈夫なのかしら?健康な暮らしがちゃんと営めているのかしら?…といつも思います。

春先は、季節の変わり目で何かと体調を崩しやすい時期ですが、黄砂等でこれ以上不調にならないよう、3月残りの2日間は、家で大人しく過ごそうと思います。

 

◇◇

 

3月に入って以降、最近強く感じることですが…。

世界はますます変化変容していくだろうと思います。

例えば、社会で「これを押さえておけば間違いない」というような一般常識的なセオリーが、どんどん形を崩して消えてしまったり、跡形もなく無くなって全く違うものへと変貌していくような…そんな感じがします。

現に、女性への差別発言問題についても、今までの価値観ならサラっと流されて終わっていたことが、今はもう簡単に流すことはできず、「きちんと適正に対処して問題を解決しクリアにしておかないと先に進めない」…そんな状況になっています。

つまり、今まで「当たり前」だった男性社会の価値観が、もう通用しなくなってきた…ということです。一連の差別発言に対して違和感や不快感を感じる人、差別的なことが平気で言えるようなメンタルを持った人たちに対して、引っかかるものを強く感じたり、モヤモヤする嫌な感覚を覚えたり…等々。こんな人たちが、今や女性だけでなく男性の間でもジワジワ増えているんですよね。

だから、オリンピックの某会議での問題発言が表沙汰になったとき、社会は昔のように簡単にさっと受け流すことができず、大きな社会問題となりました。これはつまり、今はもう、かつての「差別的感覚が肯定されてきた時代」ではなく、全く新しい価値観の時代に突入した…ということです。

そして、今ようやく「本来のあるべき社会の在り方」=「平等な世界」への扉が開いた…そんな感じです。

もう昔とは違うのです。

そこに気づいた人たち&新しい価値観に目覚めた人たちが、今ようやく「それはおかしい」「変だよ」「間違っている」「それは嫌だ」と自然と声に出せるようになったのです。

こうした新しい流れは、社会全体をゆったりと変えていきつつ、私たちの足元(もっと身近でローカルな世界)をも、どんどん変革していきます。

今後は、誰かが勇気をだして立ち上がってくれるのを期待したり、自分の代わりに意見してくれる人が表れるのを待ち続けるのではなく、まずは自分も声を出していくことが大事だと思うのです。

もしも、自分の身の周りで「これはおかしい」「これは変じゃない?」と違和感を感じること(もの)があるのなら、黙っていないできちんと声を上げましょう。

 

今までは「そんな身分や立場ではない」と思い、発言を我慢してきた人たち。

また、発言権を与えてもらえず、気づきがあってもジッと沈黙し続けなくてはいけなかった人たち。

そういう人たちも、これからは勇気を出して、自分が感じることや思うことをきちんと言葉にして表明していくことが必要です。他人事にしないで、我がこととして受け止めてくださいね。

そして、黙って隠れていないで、ちゃんと自分の意見や思いを周囲にシェアしてください。

発言することは、社会に対してきちんと自分の責任を果たすことでもあります

 

もしかしたら、あなたが急に発言することで、今まであなたに対して支配的だった人は驚いて、あなたに怒りをぶつけるかもしれません。また、発言を封じ込めようとあなたにより支配的になるかもしれません。それが怖くて、ずっと自分を委縮させ、自分に我慢しを強いて生きてきたかもしれません。

でも、もう怯(ひる)まないでくださいね。

嫌われてもいい、憎まれてもいい、それより自分の真実を捻じ曲げられ、何も発言できず屈服させられている状況に自分をこれ以上置くことは嫌だ、私は私の尊厳を守りたい。…そういう気持ちで、立ち上がってほしいのです。

 

あなたが勇気を出して立ち上がない限り、宇宙も、神仏も、あなたを助けることはできません。あなたが意思表明をして「こう生きます」「こうします」と言わない限り、どんなに崇高な存在であっても軽々しく手を出せない(サポートできない)のです。

高次のエネルギーであるほど、あなたの意思を尊重します。つまり、あなたの決意が固まり立ち上がるまで、そっと見守るスタンスを取ります。お節介は一切ありません。

だからこそ、これから自分の人生を切り開いていきたいと考えている人は、自分の意思をしっかり固めて「私はどうしたいのか?」を明確にしてください。

そして、自分に関わる全ての事に対して、「私はどう感じているか?」を常に言葉で的確に回答できるよう、感覚のアンテナをしっかり張って、感じたことを言葉できちんと表現できるようにしてください。いつでもサッと意見が言えるように、準備をしておくのです。

そして、しっかり歩み出しましょう。行動してください。

行動しないでただ頭で考えているだけの状態では、宇宙もフォローできません。

行動するからこそ、そこにエネルギーを送ることができるのです。

 ◇

これからは、個々の「意思」の通りに運命が動いていくだろうと思います。

いや、「意思」というよりも、魂が決めた今世の生き方に目覚めて、それを実行していく方向で人生の舵を切っていく人&新しい価値観に基づいて自分の人生をリセットする人が増えていく…と言った方が、適切かもしれません。

また、その反対に、いつまでも古い価値観に縛られ、自分の感覚に蓋をして鈍感なまま生きていくことを良しとしている人、また、社会から刷り込まれた価値観で決められたレールの上を従順に生きていくのが正しいと信じている人たちも、この世界にたくさん残留していくだろう…と思います。

どちらにしても、個々のペースで生きているのですから、どちらが正しい間違っているというわけでもありません。

ただ、「昔のままでいたい」と自分の中の時間を止めていたり、時間を逆行して過去の記憶にばかり浸っている人たちは、時代の流れに逆行している訳だから、しなくてもいい苦労や大変さを味わうようになると思います。そして、ますます生きづらく苦しくなっていくだろうな…と思います。

 ◇

この春は、どんな些細なことでもきちんと意思を確立し、表明し、きちんと行動してみてくださいね。

もしも万が一、途中で「これじゃない」と感じても、「これじゃない…ということに気づけてよかった」と喜んでください。行動したからこそ「これじゃない」と気づけたのです。これも立派な学びです。そして、違う方向へまた一歩進みだしてください。

歩みを止めないで、どんどん前へ向かって突き進んでいきましょう。

f:id:mama-papa-131106:20210329175447j:plain

黄砂の前にお散歩に行きました。桜はまだ蕾です。