森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

この春、「新しい自分」と出会うために

【スポンサーリンク】

4月に入り、いよいよ令和3年度が始まりました。

私はこの4月から新しいことにいくつか取り組むことになり、年度末から今にかけて、バタバタと忙しく過ごしていました。

今回、この新しい取り組みにより、今まで触れたことのない「新しい世界」に飛び込んだり、また、今まで出会うことがなかった「新しい世界の人」との繋がりもできていったり…等々。この『慣れない体験』の連続が大きな刺激となり、自分の中がどんどん活性化していくのを感じています。

やはり、人間は幾つになっても「新しい経験」を得ていくことは大事ですね~。

慣れ親しんだ場所にずっと居続けるのもいいですが、たまには全く知らない新しい環境やスペースに自分を置いて、そこでの自分の反応を楽しんだり、受けた刺激から生じる化学反応を味わったり…等々。

こうして自分に新しい経験を与えて、自分をアップデートさせていく…。こんな感じで、時には勇気を出して新しい世界に飛び込み頑張ってみるのも、とても大事だなぁ…と思います。

 

この春は「新しいこと」を始めるのにちょうどいいタイミングです。

興味があることだけでなく、たとえ興味が無くてもご縁があるのなら、そこで断ち切ってしまわず繋がっていき、どんどん自分の世界を広げていくと良いと思います。

 

そして…

この春の課題は「殻を破ること」

古くて硬い殻を破って、自分をしっかり外に出していく時です。

 

いざ何か新しいことを始めようとしたとき、心の奥から出てくる「自分には無理かもしれない」「自分には不分相応じゃないか…」という不安や恐れ。

それらが「殻」となって自分の周りをガチガチに固めていくんですよね…。そして、自分がこれから興味をもって飛び込もうとする「新しい世界」への行く手を阻み、不安と恐れをちらつかせて、自分をいつまでも「殻」の中に押し込め続けようとするのです。

以前は、「殻」があるお陰で、無茶なことや無謀なことに突っ走らなくて済むので良かったし、ある意味「自分を守ること」に繋がりました。でも今は、「殻」のせいで自分の行動や思考が制限されてしまい、自由な発想や行動ができなくなってしまいます。

 

しかし、今はもう「新しい時代」に入っているのです。

今まで自分を守ってくれたこの「殻」は、もう要らないものだと判断して、ガラガラと壊して手放してもいい時期なのではないか…と、そんな気がします。

だからこそ、新しいことにチャレンジ!

もう傷つくことは無いし、苦しませるものもありません。

人から何と思われようと、人に何を言われようと、もう良いではありませんか。

私は私。自分は自分。

そう割り切って、どんどん新しい世界に飛び込んでいきましょう。

古い価値観や固定観念でガチガチに縛られてきた人ほど特に、どんどん殻を破って、新しい経験を自分に与えてみてください。

新しい環境、新しい場所、新しいことへの挑戦。慣れないことに不安と恐怖を感じても、その不安や恐怖という「殻」を打ち破って、その先にある経験へ自分を進ませてあげましょう。

この春は、まだ知らない「新しい自分との出会い」を大いに楽しみましょうね。

f:id:mama-papa-131106:20210405162845j:plain

桜が咲きました。