森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

新しい世界へ

【スポンサーリンク】

ここ数日間、このブログ用にいざ書き始めても、途中から「うーん、何か違うんだよなぁ」と感じることが続いていて、書いては消し、書いては消し…ということを何度も繰り返していました。

 

以前にも書いたのですが、メッセージがだんだんと言葉で表現しにくいものになってきたんですよね。

「言葉で表現する」ということは、それを読む人が、私が書いた「言葉」を介してその内容を理解していくわけです。

ですので、今までの私は、受け取った情報を「どんな人でも読みやすく分かりやすいもの」になるよう、頭にスッと入っていきやすい言葉に変換して書いてきたのですが、とうとう「言葉に翻訳していく」こと自体が非常に難しくなってきたようです。

 

 

これは私の力不足というより、いよいよ世界が「人間の理性や知能による抑えがしっかり効いていた時代」から「もう人間の脳では制御が不可能の時代」へと大きく変化した…ということだと思います。

 

いろんなメッセージやエネルギーは感じているのですが、微細で分かりづらいものに変化しています。つまり、それは、皆さんに広くシェアするためのものではなく、個々の魂の進化に合わせて、個々に届けられたメッセージであり、悟りなのです。

そして、今までは、誰が特別な存在(霊媒やヒーラー)が代表してそれらを受け取り、民に広く伝えることをしてきましたが、これからは、一人一人が自分で感知して受け取り、受け取ったものを「自分の人生の舵を取るための羅針盤」にして、どんどん使っていく…。そんな世界になるようです。

 

いろんな方向から、様々なエネルギーが飛び交い、それらが個々に向かって伸びていて、「この先どうなるか?」「どんな未来になっていくのか?」も、そのエネルギーの光の先にいる人が感応して、自分の直感を頼りに自ら自分で決めていくしかない…という感じなのです。

 

もう過去の古い時代のように、全体で動く・集団でどうする…というのは終わったんですよね。全体の中に紛れていれば、なんとか生きていけた時代は終わり、個々に光が差し込み、個々の生き方を照らしています。

もう、「全体でどうする」という価値観に縛られる必要はないのです。

 

それでもまだ全体の中に潜んで生きていこうとすると、余分な重みでどんどん沈んでいくだろうと思います。

 

いろんな意味で、個々の頭の中の価値観を大きく変えていかなくてはいけない時です。

頭の中も大胆に断捨離を行い、今までなら絶対に選ばなかったことを選択し、小さな変化にも繊細に感知しながら、自分自身を大事にしていくことが必要です。

 

 

今、こうして私が書いていることも、いろいろじっくり考えて書いているのではなく、自分の意識とは関係ない所から言葉が生まれている感じです。なぜ、これを書いているのかも、今の私には分かりません。思考が全く働かないところから、今までとは違う書き方で書いています。

 

とにかく高速です。スピードが今までとは違います。

人間の喜怒哀楽の感情を軽く超えるくらいの軽さと速さです。

 

だから、いつまでも過去に縛られていないで、どんどん思いついたことにチャレンジしてみてください。

 

じっくり舐めるように味わって、足場をしっかり固めてから次へ進む…というスタイルを続けていると、前へ一歩も進めなくなるでしょう。

 

感覚でサッと決めて、どんどん次へと歩み出していく。

そういう生き方にシフトするときです。

もう過去に縛られないで下さい。

 

f:id:mama-papa-131106:20211116161443j:plain

影法師