森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

手放しながら、自分を整える

気が付けば、今年も残り一か月となりました。

早いものですね。

 

先月を振り返ると、私のこのはてなブログの更新は4記事のみ…だったんですね!

今までは割とガツガツ書いていたのに、11月は「一週間に一本」のペースに落ちていました。確かに思い起こすと、先月は書いては消し書いては消し…を繰り返していました。

こちらに書こうとすると、そのネタが、すごくセンシティブで言語化するのが難しく、それで最後までしっかり書ききれなかったのです。

 

でも、その代わりにnoteの方は、しっかり書いていました。こちらは、事実や体験など目の前にある具体物について書き表すので、まだ書きやすかったんです。

 

とまぁ、そんな感じでマイペースにやってきた先月ですが…。

今、自分の中で「書く」ことへの配分がだいぶ決まってきて、noteには表向きなこと&ライター的な記事を書き、こちらのはてなブログには、ホッと息を抜いた自分&素の自分が感じたこと思うこと受け取ったことを書いています。

 

だから、このはてなブログは、私にとっては「世間から離れでのんびりできる場所」であり「隠れ家」的な感じなんですよね。

 

物事には表と裏があり、陽と陰がある。この両方がバランスよく存在しているから、ちょうどいい感じで自分を保つことができ、周囲とも調和していけるのです。

 

だから、両方を無理なく、自分のペースで維持していくことが大切なんだよなぁ…と思います。

 

 

さて、12月に入りましたが、これからもますます世界は混乱していくだろうし、人々もどんどん価値観や生き方に差やひずみが出てきて、今まで以上に混乱する人が増えていくだろうと思います。

 

昔の価値観に縛られていたり、過去の記憶に縋り付いている人たちは、どんどん不安に駆られて苦しむだろうし、嫌なことであっても、それが必要ならば頑張ってやらなきゃいけない状況になっていくだろうし、自分の思いどおりにならないことが増えていきます。

でも、それをバチが当たったとか損をしている…という受け止め方でいると、ますます苦しくなるだけなんですよね。

 

自分に与えられたものを、昔の価値観でジャッジしていたら、全く立ち行かなくなり自分が苦しむだけです。

こんなちょっとした思い違いや受け止め方の違いで、天と地、極楽と地獄ほど世界がガラリと変わっちゃうんですよ。

そうしたところから、どんどん格差が出てくるんですよね。そう、新しい格差です。

 

もう機能しないものを捨てなきゃいけないのに、まだしがみついている人がいれば、そこから落ち込んで沈んでいくでしょう。

でも、落ち込んで沈むことも、その人にとっては必要な体験だから、黙ってそっと見守るしかありません。

 

人がどうこうじゃなくて「自分はどうしたいのか?」←これで潔く物事を決めていき、どんどん突き進んでいくしかない…と思うのです。

 

でも、多くの人々は、不安と恐怖で足がすくんで前へ進むことができず、混乱していくでしょう。

例えて言えば、機種変更でガラゲーからスマホに変えるだけでも、不安と恐怖にさいなまれヒーヒーとストレスを感じてしまう人がいるんですから、新しいものにチャレンジすることが、いかに世間の人々のストレス源になっているか?わかりますよね。

家にある要らないものを断捨離して捨てるにも、なかなか踏ん切りがつかず、ごみにまみれて暮らしている人もいるんですから、新しい環境を自分に与えることが、精神的にいかに大変か…。身をもってわかりますよね。

 

今までの社会は、人々に「変わらないこと=価値がある」と教え込み、人々を安定と安心の世界で胡座をかかせ、安全志向で生きることの心地よさをたっぷり味わわせることで、人間の本能やチャレンジ精神をもぎ取り、古い既成の価値観に従わせる人間をたくさん製造してきた…ということです。

 

でも、そうした世界を壊して新しい世界に作り替えていくエネルギーが、世界を包み込んでいるのです。

 

だから、四方八方から飛んでくる無常(物事は常に変わり続けている、同じものはない)のエネルギーの刺激を受け、今は安定志向の人たちがパニックを起こしているんですよね。

安定志向はもう通用しないということを、自然災害や様々な事件や出来事で体験しているはずなのに、まだしつこく安全安定にしがみつき、意識がまだシフトしていない人たちがたくさんいます。

そんな人々の最後のあがきと浄化のために、トラブルや問題が今後もバンバン噴出するでしょうから、もうしばらくは社会も世界も全てが混乱し続けるだろうと思います。

 

でも、どんな世界が広がろうとも、私たちは生きていくしかありません。

できることなら、何物にも縛られず自由にのびのびと生きたいものです。

だから、ここから先は「感情移入しない」←これを心がけなくてはいけません。

 

いろんな場面で「手放す」ことが、これからますます加速していくでしょう。

これはモノだけでなく、ココロの中の感情や意識も…です。

 

自分の安心と安定のために蓄えてきたものも、全てが役立たずとなり、潔くみんな手放さなきゃいけなくなるでしょう。

そんな手放しの痛みさえも、魂の進化のための尊い経験になるのです。

 

だから、もうこだわらない、しがみつかない、執着しない。

これらを、徹底的に細かいレベルにまで行き渡らせることが必要です。


f:id:mama-papa-131106:20211201165531j:image

先週末、雪が降りました。