森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

どんな経験もプラスに受け止めて、どんどん体験していこう

お正月休みが終わって早々、今度は第6波が来たみたいですね。

今までの波の時のように、今回も波のピークに到達するまで、砂嵐の中で過ごすような日々(自粛生活)を送らなきゃいけないのか…と思うとウンザリしますが、気を引き締めて、ポジティブさを忘れないよう過ごしたいと思います。

と同時に、感染された方も、身近な所で感染者が出て大変な状況になっているの方も、すべての人々が、今の自分の経験をプラスに受け入れて、ポジティブに乗り越えていくことを、心から願っています。

 

 

これからは特に、自分の目の前に出てきたことや遭遇したことを、自分の主観で悪くジャッジして「運が悪い」「失敗だ」「うまくいかない」と嘆き悲しむのではなく、目の前の出来事を素直に受け入れて、勇気をもって立ち向かい、果敢に対処して乗り越えていくことにエネルギーを注いでくださいね

 

今、起きていることを、安直に「不幸」と決めつけないてください。

 

全ては自分の魂の進化と成長のために与えられていることなんだ…と、楽に軽く受け止めて、気楽に体験していきましょう。

 

 

これからは体験値がものをいう時代になると思います。良いことも悪いことも、全部がただの経験でしかありません。

そして、良いことも悪いことも経験するからこそ、体験が積み重なって知恵がつき、甲斐性がついて、成長できるのです。

経験がなにもないと、どうしていいかわからないし、どこへ向かっていけばいいかもわかりません。だから、経験はすごく大事なんですよね。

頭で理解しているだけで、実際には経験すらしていないことでは、話にならないんですよ。

 

自分はこの人生で何を体験し、どんな経験を積んできたのか?

これらが、自分の魂の財産になっていくのです。

 

ちなみに、経験や体験に良い悪いはありません。

人から非難されるような体験であっても、その体験を得たということは、その人の人生に必要な体験だったと思うのです。

 

だから、何でも、自分の人生にやってきたことはやってみることだと思います。

自分の人生に全く必要のない体験は、絶対に自分のともにはやってこないし、思い付くことすらありません。

全く知らずに済んでいくものです。

 

ふと思い付いたり、妙に気になったり、やってみたくなったり、実際に自分の目の前に転がってきたことは、全て自分に縁があり、自分に必要な体験だということです。

 

それらも、大きくみれば、全て貴重な宝です。

自分にとって「得るものがある」から良い…という訳ではなく、逆に、手放し・拒絶・別離・反抗・怒りをぶつける(自分の意見をハッキリ表明する)・切り離し・自立…等、人間社会ではネガティブで良くないことと認識されてることを、ひとつの体験としてやらなきゃいけない…ってこともあります。

今まで自分がしてこなかったこと、逃げてやらなかったこと、蓋をして無視してきたことに、あえて着手しなきゃいけない…。そのための体験が天から与えられる…ということもあるのです。

 

だから、あまり難しく考えすぎないで、気楽に思い付いたことをやっていくと良いですよ。

それが原因で対立や誤解が生じても、そんな反応もひっくるめて「全てが必要な経験」なんですよね。

 

相手がネガティブな反応をしても、恐れないでください。

あなたの素直で正直なリアクションやアクションを間近で受け止めて影響を受けることが、相手にとっての「必要な経験」だったりするのです。

一時の険悪さを避けるために、自分に嘘をついたり、自分を騙して相手に合わせるのではなく、正直な反応や言動を心がけてください。

 

これから特に、いろんなことが起きると思いますが、相手に同情したり、義理を感じて相手に話を合わせてしまうのではなく、自分に正直になることを意識して欲しいと思います。


f:id:mama-papa-131106:20220109173058j:image