森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

生きていることが奇跡

 

今日はいつもお世話になっている漢方薬の先生とzoomでお話したのですが、この時、「今年は濃くてヘビーだよね」という話になりました。

 

今年は、年明けから今日まで、次々といろんなことが起き続けていて、その濃さ&ヘビーさたるや、もうついて行くのがやっと…なんですよね。

 

時代のうねりに巻き込まれ、ぶんぶんと振り回されているような感じです。

しかも、洗濯機の中でずっとグルグルと攪拌されているようでもあり、また、すごいスピードで突き進んでいくものにしがみついているようでもあり、何度も弾き飛ばされそうになったり、あるいは、振り落とされそうになったりしながら、何とか歯を食いしばって頑張っている…というような感じなんですよ。

 

これがこの半年間ずっと続いていて、今も進行形でしょ?

私達、年末までちゃんと生き抜いていけるのかしら?

こうして生きていることが「奇跡」といっても過言じゃないくらい…私たちはすごい時を生きているんですよね。

 

 

更に、明日は満月。

そして、天候不順も続いています。

重力や気圧の影響もダイレクトに受けていて、私たちの体は満身創痍ですよ。心だけでなく、体の方も、この激動の時代について行くのでやっとこさ…の状態です。

 

よく生きている。ほんと、よくやっているよね。

 

だから、もっともっと自分を労わないといけない…と思いました。

 

ホント、荒波の中でも転覆しないで、何とか踏ん張って帆走しているような感じですよ、地球上のみんなが…です。

 

 

私自身も、今まで「自分を整える」をテーマに、いろいろ取り組んできたし、ワークショップに参加して学び続けてきたりして、常に実践を心掛けてきたけど、それが今、ようやく役立つようになってきました。

 

もしも、過去の自分が、自分の問題点と向き合わず、自分の調整に着手しないで怠惰に過ごしてきていたら、今、絶対に行き倒れみたいになっていたと思うんですよね。

 

この10年、自分と向き合い続けて、ここまできた私でも、今も日々自分を整えながら過ごしていても、それでも今、こんなにしんどいんだもの…。

何もしないで今日まで来ていたら、もっとしんどくて苦しかっただろうな…と思います。

 

 

身体を健やかに維持していくのも大変な時。

そこに、社会不安や、人々のネガティブな集合意識も加わって、ますます生きるのがつらくて大変な時期に突入していますよね。

感情移入していたら、もう心身ともに持ちません~。

自分をしっかり立てて生きていくことが、今はすごく大事だと思います。

 

そして、そんな荒波の中にいても、自分の足元、自分と関わる人々や生き物、私が存在する世界は、クリアで明るく健やかで清々しい世界であってほしいと願っています。

 

そのためには、自分がネガティブなエネルギーの発信元にならないよう、自分を律すること。

また、私自身は「ポジティブなエネルギーをシェアする存在」であること。

これを心掛けていきたいです。

 

いろんなことが起きる今、あまりにキツイ時は、情報を断って静かに過ごすことが大事だし、人といるのがつらい時は、無理せず一人の時間を持つことも必要ですよね。

 

これからも更にいろんなことが起きるでしょうが、ここで大きく深呼吸して、心を落ち着かせ、この夏を元気に過ごしていきたいと思います。

 

爽やかにスカッといきたいですね!