森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

自分を知る時間

私は時々、社会との接点を外して、家の中に引きこもることがあります。

「社会の中で人にもまれる期間」と「籠って一人になる期間」、この両方が程よくないと、私のバランスが崩れてしまうからです。

 

一人で籠るときの自分は、イメージでは「天岩戸の中に隠れて過ごすアマテラス」になったような気分かな。

 

何かが気に障ったからとか、アレが嫌だったとか、体調が悪いとか、…云々。そういうわかりやすい理由がある訳ではなくて、ただ純真に「一人になりたい」。ただそれだけなんですよ。

 

それが良いこととか悪いとか、こうすべき、ああすべき…云々の縛りやジャッジは一切なくて、ただ純真に自分の魂が欲していることなんですよね。

 

それに今の私は、職場に拘束されているわけでもなく、時間的には自由が効くので、じゃあその自由を上手に利用しよう…という感じ。

 

「ちょっと一人でいたいなぁ」と感じる場合は、自分でそういう状態であることを自覚して、一人で過ごすことを心がけています。

 

とはいえ、ずっと引きこもりっぱなしではダメなんですよね。それはそれで、またバランスが悪いんですよ。

 

なるべく早く浮上する!と意識しつつ(=長い間、一人になって沈み続けるのはまた問題が多いので…)、一人の時は、無理しないように自分ペースを死守して、一人でいる時間を大切にしています。

 

こうして元気になったら、また社会に出て、人と会い、多くの人と関わり合います。

このメリハリが私には必要なんですよね。

 

最近はこのルーティーンの繰り返しです。

 

私が一人になるのは…多分、エネルギー的なことなんだと思います。

 

今は特に、社会が不安定だし、過去に振り戻されたり、予期せぬことに遭遇したり、多くの人々が不安な状態にいます。

みんながそれぞれに不安や心配や恐怖を抱えている時。

 

だから、みんな呼吸をするように、外に向かって、自分の中に溜まったエネルギーを発散していたりします。

 

「自分は何物にも影響を受けず、常にポジティブに生きているんだ!」と誇示している人であっても、無意識のうちに、集合意識の影響を受けています。

 

知らないうちに心に傷を負っていたり、感性が曇ってしまっていたり、いろんなものを見聞きしているだけでも、不安や心配や恐怖の感情が心の底に溜まっていくときです。

元気そうな人でも、明るそうな人でも、案外ふたを開けてみれば、結構みんなドロドロなんですよね。

 

もちろん私自身も…。

 

そんなご時世なので、社会の中でいつもの慣れた道を歩いていても、ただまっすぐ歩いているだけなのに、遠くから飛んできたものが頭に当たったり、誰かの返り血を浴びたり、変な争いに巻き込まれたり、誰かのエゴの餌食になったり…等々。

(これはイメージですよ笑)毎日事故に遭っているような感じなんですよね。

 

明るい太陽の下に自分をさらして歩き続けているだけなのに、どんどんいろんなエネルギーが飛んできて、絡みついてきて、巻き込んできて、そういうのを払いのけるのも大変だし、また、きちんと接して対処していくのも大変。

ただ生きているだけでも、ものすごく疲れてしまうのです。

 

もちろん表向きは、何事も無さそうな涼しい顔をして、明るく受け流したり、爽やかに対応していても、やっぱり疲れちゃうんですよね。

 

以前の私は、エネルギーが有り余っていたので、いろんな人やモノが絡みついてきても、ふんふんと平気な顔をして通り抜けてこれたし、「私のエネルギー、ご自由にどうぞ」とフリーWi-Fiのように提供してきたけど、今は、もうそういうのがちょっと辛くなってきました。

 

もしかしたら、昔の私は鈍感だったのかもしれません。だから気づかなかっただけかもしれない。

今は自分が受けたダメージがよくわかります。変なところに力が入っていたり、無理して頑張りすぎていることが、ちゃんと自覚できるようになったんですよね。

 

でも、自分がわかるようになってきて、同時に、エネルギー的に飢えている人、変化に適応できない人、どう生きていいか分からず混乱している人、等々。迷いを起こしている人が多いってこともわかってきました。

 

だからこそ、自分らしさを失わないように、自分の時間を大事にしなくては…と思っています。自分の時間は、自分修復の時間でもあります。

 

 

今日も、散歩をしたり、家事をしたり…等々。木々や植物、昆虫など自然とはたっぷり接したけど、人とはほとんど接することなく、静かに過ごしました。

 

こうして静かに一人でいると、自分の内面の変化(心や体の反応)がよくわかるので面白いです。

「一人の時間=自分を知る時間」という感じ。

天岩戸の中に籠る時間は、「自分発見」のひととき。これからも大切にしていきたいです。

 


f:id:mama-papa-131106:20220725163809j:image

カラスウリが咲いていました。