森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

淡くて薄くて儚いもの

今日も、深い海の底に潜っているような時間を過ごしています。

 

先日、こんな記事を書きました。

www.emiko258.com

 

多分、この「自分を知る時間」は、今月いっぱい続くんだろうなぁ…と感じています。

 

もちろん、用事ができれば外出しているし、必要に応じてちゃんと社会活動は行っているんだけど、ただ、自分の心から「積極性」がポロリと取れてしまったような感じなんですよね。その間、自分にとって目先必要なことを淡々とやっている…というところです。

 

この「淡々とやっている」というところがミソで、決して停滞している訳ではなくて、少しずつでも前進はしているんですよね。

 

動きは止めず、ただ、ふり幅が大きい行動は控えている…というところでしょうか。

 

しかし、自分でもどうしてそうしているのか?よくわかりません笑。

 

ただ、今の自分の気持ちや感覚に寄り添っていると、今はこのパターンが一番しっくりくるんですよ。だから、そうしています。

 

説明不可能なことが多くなったのが、今のエネルギーの特徴かもです。

こうして言葉に置き換えて書くのは、私にとってものすごいチャレンジです。

 

私が感じているのと同じエネルギーを受け取っている人は、きっと、感覚的に「わかる!わかる!」と共感してくれると思うのですが…笑。

 

同じ状況下にいるけど自分の心身の反応の意味が分からず、精神的にモヤモヤしている人のために、今こうして書いています。

 

 

 

 

多分、これは私の感覚で感じることなのですが…。

 

今は、小さな箇所や些細な部分の調整が、すごく大事な時のようです。

 

今、地球に届いているエネルギーで、私たちが感覚でキャッチできるものは、かすかに覚えている夜の夢のように儚くて薄くて弱いものなんですよね。

はっきり「こうだ」と形として理解できるものではなく、自分の意識がリアル社会に引き戻されると、すぐにたちまち搔き消されてわからなくなってしまうくらい、微かで薄くて儚いのです。

 

そんな儚いものを、私たちの体は五感を使ってキャッチしていて、それに刺激を受けている場合、体や心にも多少影響が出ています。

感じ取って何となくでも自覚できればいいのだけど、自覚できないままだと、モヤモヤが残って消化不良みたいになってしまうんですよね。

 

そして、この微細で薄いエネルギーを感じ取ろうとしたとき、あまりにふり幅大きく動き過ぎると、その動きにかき消されてしまうのです。

 

どんどん積極的に行動することは大切だけど、行動することでエネルギーが感じ取れないと困る場合、その動きを封じ込めるような作用が、自分に起きてきたりします。

 

例えて説明すると…。

微かな小さい音を聞き分けようと思ったとき、じっと動きを止めて、耳を澄ませて静かに聞きますよね。動き回っていたり、周囲に人がいて大騒ぎしているところでは無理だと思います。

 

こんな感じで、微細なエネルギーは、自分が一時でも静かに穏やかにしていないと、キャッチできないのです。

 

そして、今の私は、このエネルギーを受け取る必要があるみたいで、それで、あえて引きこもって静かに身の回りのことに集中して過ごしているのだと思います。

 

人によっては、違う受け取り方をするパターンもあるでしょうし、活発に動きながら受け取る人もいると思います。

 

人それぞれです。

 

だけど今、私の場合は、こうした微細なエネルギーで感じ取りながら気づいていく…という時なので、それでちょっと気を遣うんですよね。

 

しかも、少し前(コロナ前)のような、皆が共通理解しているような「成功パターン」とか「幸せの定義」とかが、この新しいエネルギーは全く適用しないです。

人それぞれ違うから、自分のパターンを見つけていく必要があるんですよね。

 

これがいい・あれは嫌…というようなエゴが全くない心の状態で、ふと「あっ、これだ」とひらめく形で気づくという。それも非常に薄く淡く表れてくるパターンです。

なので、それにふっと気づいて、その感覚を信じて、素直に「よし、やろう」と行動に移す。ここまでが一つ。そのあと、一通りやってみて、そこから得た結果についても、「良い」とか「ダメだった」とか「ラッキー」とか「がっかり」なんて、希望や期待や主観は一切入れず、ただ淡々と受け流してこなしていく…という感じです。

この繰り返しを、どんどんやっていくのが、今の流れです。

この「気づいたら淡々とやっていく」というのが、結構コツが要って大変なのですよ。

ホント今までにない新しいパターンであり、人にシェアしたり自慢できるところは何一つないし笑、ただ自分のために淡々とやっていく…というところです。

 

超・地味ですよ笑。

うっかりしていると「気のせい」で却下したり、「こんなの面倒」と言って簡単に捨ててしまいそうなものばかり。それほど淡くてゆるいメッセージなんです。

おそらく、以前の私なら、わからず気づかずスルーしちゃうでしょう。

 

それくらい、今までとは違う流れで届くんですよね。

 

更に、気づきの中には、今までなら手放す必要がなかったものを、手放さなくてはいけなかったり、過去には「価値がない」と言われて無視されてきたようなものが、今の自分には必要だったり…等々。

 

うけとるべきもの、やるべきもの、手放すべきもの、やらないもの…等が、今までの判断価値とは異なる価値となって新たにどんどん出てきます。

 

そんなところでも、日々、自分の固定観念&刷り込みとの戦いです。

固定観念では「大事」と感じていても、気付きで「手放す時」と出たら、泣く泣く手放さなくてはいけない…。そんな厳しさも、一方ではあります。

 

 

…と、ここまで書いてみて、ふと読み返してみたけど、自分でもサッパリ意味不明です(笑)。感覚を書き表すことが非常に難しい時代になりました。

不思議ちゃんな内容ですみません笑。

 

でも、今はこんな感じです。


f:id:mama-papa-131106:20220727182342j:image

今日は蒸し暑い一日でした。