森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

次のステップに行くには、自分の現実をちゃんと受け止めて体験することです。

【スポンサーリンク】

今日はゴールデンウィーク最終日。

でも、今年はいつもと違い、とても静かな連休でした。

私も、家で音楽を聴いたり、時々散歩に出たり、のんびり過ごしました。

お天気も良かったので、衣替えをしたり、冬物を片付けたり・・・。こんなに落ち着いて家のことに取り組めた連休は初めてかも・・・です。

 

皆さんはどうでしたでしょうか?

非常事態宣言が発令されて以降、日本各地で、家庭ゴミの量がものすごく増えたそうですね。きっと、この機会に「家の中を断捨離して、要らないモノは思い切って処分しよう」と頑張った人が多かった・・・ということなのでしょう。

家に閉じこもるなら、せっかくだから「お掃除しよう!」「断捨離しよう!」と思いつき、サクサク取り組むところが、いかにも日本人らしくて良いなぁ~と思いました。

年末の大掃除より、今は季候が良くて過ごしやすいから、作業もうんとはかどったことでしょうね。

更に、こんな記事も見つけました。

「がんばって」ごみ袋に添えた励ましの手紙150通 東京 世田谷 | NHKニュース

気が滅入るニュースが多い中、人の温かさが感じられて、ホッコリした気分になりました。

 

コロナによって社会が混乱し、混乱に乗じていろんなことが起き、今、私たちは良くも悪くも様々なことを体験していますが、こうした「人の優しさ」や「心根の暖かさ」もシェアして励まし合えると良いなぁ・・・と感じました。

 

怒り、不安、恐れ、悲しみ・・・そうした感情をぶつけ合うのなら、同じくらいの優しさ、誠実さ、平等さ、励まし、勇気、心の強さ、愛、喜び、等々・・・。そういうポジティブなエネルギーも、どんどん社会に発信し、皆で分かち合っていくことが必要だと思うのです。

 

こういう殺伐とした時だからこそ、乾いた土地に水を撒くように、少しでも潤うように愛のエネルギーを伝え、広げていくのです。

それは、態度でもいいし、言葉掛けでもいいし、笑顔や仕草でも良いのです。

そんな難しいことではなく、自然と自分の身体からあふれ出す「命のエネルギー」を愛のかたちで広げていく・・・。それを、皆がちょっとした時に、それぞれで取り組んでやっていくと良いと思います。

 

◇◇◇

 

そして、明日は満月ですね~。

 

満月が近づくと、気分が落ち着かず感情的になったり、感情の起伏が激しくなってネガティブ感情があふれ出したり、自律神経が不調になり体調が悪くなったり、風邪っぽい症状が出たり、身体が浮腫んですごく辛くなったり・・・等。具合が悪くなる人も多いと思います。 

 

でも、いつまでも、訳が変わらずヒーヒーと苦しみ続けることを、満月の度に幾度となく繰り返すのではなく、そろそろ「自分のメンタルや体調をケアする方法」をちゃんと見つける努力をしましょう。

 

自分の不調をメモして、自分のデータを取るのですよ。

毎日毎日コツコツ自分の体調を書き記していき、満月と新月の時期にどういう症状が出て、感情がどう変化し、いつ頃から苦しくなって、いつになると苦しさから抜けるのか・・・。キチンと記録をとって、そこから自分の体調の波を分析するのです。

自分の感情や身体のバイオリズムを調べて、自分の不調の傾向や特徴、周期を把握しておきましょう。

こうして自分の体調の波の特徴を知ったら、それに対する対処法を、自分でちゃんと見つけておくことです。いろいろ試して、自分に合う養生法やメンテナンス法を見つけておきましょう。

 

「未来の自分」のために、「今の自分」が自分の体調やメンタルの不調としっかり向き合い、現実的に対処していくことです。未来の自分にギフトを贈るつもりで、今ちゃんと取り組んでおきましょうね。

 

◇◇◇

 

世の中を見ると、毎回毎回、同じ事を何度も何度も繰り返して、その度に「私はこんなに苦しいんです」アピールをする人がいるけど、いやいや、そんなに苦しいのなら、早くその苦しみを何とかしましょう!

放置していないで、早く手立てを見つけて、手当てしましょうよ~。

そんなに苦しくて辛いのなら、もっと真剣に自分と向き合いましょう。

 

ちゃんと適切な対処法はあります。

でも、案外、「辛い」「苦しい」アピールをしている人の中には、その苦しみを手放す気が全くない・・・という人も案外多いんですよね。

頭から「これは治らない」と決めつけている人もいるし、「良くならない」と自分に暗示をかけている人もいます。

どうして最初から「こういうものだから仕方が無い」と決めつけて、自分をより良くしていくこと(自分を幸せにすること)を諦めてしまうのか・・・。私には本当に不思議です。

 

これは体調やメンタルのアップダウンに限らず、人間関係や親子関係、パートナーシップで問題を抱えている人たちも同じです。

頭から「改善できない」「私が我慢するしかない」という思考に縛られていて、そこから一歩も前に動こうとしないのです。

 

(私がスピリチュアルカウンセラーを辞めた訳、実はこれなんですよ・笑。
受け取った情報を伝えても、「そんなの無理です」と頭から否定したり、現実から目を背けてさらっと逃げたり、あれこれ言い訳や屁理屈をこね回してやらなかったり、自分が期待する答えを私から引き出そうとしたり・・・。自分の人生なのに他人事にしていて、「最終的には全て自分なんだ」という自覚が無い・・・そういう人が割と多くて、私もだんだん面倒臭くなっちゃったのです。まじ、エネルギーの無駄だもんね・汗)

 

そういう人たちは、「自分と向き合う」という段階で、ものすごく甘い・・・信じられないくらい「甘い」です。

この問題を解決したい!何とかしたい!改善したい!という強い意欲が全然なくて、解決させるにしても「苦しくなくて楽で簡単な方法を知りたい~」という感じ(汗)。

「自分のために徹底して取り組む」という気持ち、正しい方向に向かって突き進もうとする情熱、そういうものが最初から枯渇していて全くないのですよ~。

 

本気で手放そうと思ったら、そんな適当で甘っちょろいやり方では無理ですよ。

「自分から完全に切り離す」という覚悟をもち、粛々と行動に移さないと、苦しさや辛さからは解放されません。

 

それに、「引き寄せの法則」があって、本気で真剣に手放す気になれば、ちゃんと、手放せる方法や手段の情報が自分のところに入ってくるものなのです。

本気で取り組む気持ちが固まると、手放しに必要な情報を自然と引き寄せるのです。

こうして「手放す」方向へ、自然と導かれていきます。

あとは自分の実行力と行動力、そこをしっかり押さえてやり遂げれば、ちゃんとゴールに到達できるのです。

 

でも、多くの場合、手放す気が全くない人・・・ばかりなんですよね(汗)。

手放す気なんて最初から無いし、まだまだ苦しみたいのです。

苦しみや不快感を抱えて生きていくことに執着しているので。

だから、絶対に手を離さない。執着して、がっちりつかんで、決して手放そうとしません。

「苦しい」「辛い」「悲しい」「怖い」・・・と言い続けるために、苦しさの元になっているものを絶対に手放さないのです。

 

でも、考えようによっては、苦しみ足りないから、まだまだ余裕をこいて「苦しい~苦しい~」と周囲に言い続ける方を選択しているのでしょうね。

 

だって、まじで死ぬほど苦しければ、何とかしようと死に物狂いで 解決に乗り出すはずですよ。

水に沈んで息が苦しくなれば、もがいて必死になって水面に顔を上げようとするように、今のこの「苦しさ」から逃れたいと思うのなら、周りの人の意見や指示なんて聞いている場合じゃなく、かっこ悪い姿を晒しまくってでも、何とかしようと動き回る・・・と思うのです。

 

それができず、言い訳したり、屁理屈こねたり、現実から目を背けて逃げたり、誤魔化したり、綺麗事ばかり言って、今の状態をまだまだ続けようとするのは、結局は「そのままでいい」ということ。「今の状態でいい」と、自ら選択しているのです。

 

だから、そういう人たちは、そのままでいれば良いと思うし、苦しさや辛さの中にあっても、本気で今の状況を手放す気が起きるまで、今の状態を体験し味わい尽くすことだと思います。苦しさも辛さも「ただの経験」だから、それで腹いっぱいになり、満腹になって満足するまで、とことん体験し尽くすことです。

 

それが良い悪いとかではなく、あなたの魂にとって、それも必要な体験だということです。

 

 もう充分に「苦しさ」「辛さ」を味わい、腹一杯になって「もう要らないわ」と心から言えるようになったとき、きっと次のステップに向かう扉が開きます。

「苦しさ」「辛さ」への執着がなくなり、ポロリと憑き物がとれたように、剥がれて軽くなります。

それが、本当の「手放し」なのです。

f:id:mama-papa-131106:20200506161444j:plain

獅子の飾り物。邪気払いに・・・。