We will be alright.  なんとかなるさ

とりあえず今、目の前にあることについて語ろう

生き方

自分にもっと目を向ける

今、世の中は「シリアスに反応する人たち」と「ポジティブに反応する人たち」の二手に分かれつつあると感じます。 シリアスに反応する人たちは、どんなこともすぐにネガティブに受け止めて、それを周囲にまき散らし、自分の個人的な主観を他人にグイグイと押…

先送りする癖を手放す

早いもので、もう10月。 先日、9月のカレンダーをめくった時、残りあと3枚しかないことに気づき「今年もあとわずかなんだなぁ…」と実感しました。 激動の2022年でしたが、いろいろあったけど、なんとか生き抜いて、今ここにこうして存在しています。…

毎日「自分」を更新していく

この夏、自分の体調不調と向きあったことを、昨日のブログで書きましたが、 www.emiko258.com それと並行して、過去の記憶も脳裏から一気に鮮明に溢れてきて、メンタルも結構大変だったんですよね。(それについては、こちら) www.emiko258.com 今思い出して…

どうしようもない人たちの世界

今年のお盆は、8月11日の「山の日」から、(金)(土)(日)…と週末が続いたので、いつもより長い間、お休みだったような感じがします。 この間に、私もお墓参りをしたり、親戚の家や実家に行ったりして、のんびり過ごしました。 今年のお盆では、「老い」につ…

自分を上手に生かし切る

今日の記事は、お散歩中に公園で木々の下を歩いていて、ふと受け取ったメッセージです。 ◇◇◇ 私たちの人生で大事なこと。 自分の肉体を使い切ること。 そして自分の持っている能力を生かし切ること。 これが私たちの人生の目的。 一度生まれ落ちたら、今の自…

軽やかに行動するために

今の私は、あまり先々のことを考えすぎず、また、物事を深く複雑に考えすぎず、バンバン思い付いたことを行動に移しています。 考えすぎていると、エネルギーがどんどん重くなっちゃうんですよね。 思考ばかり働かせていると、頭の中がドロドロと粘着質にな…

正解が無い世界へ

世界の変化が加速していく中で、今、改めて感じることは、 「正解は無い」 ということです。 今、世の中を見渡してみると、みんな「正解」を求めすぎていて、ちょっと頭がおかしくなっていると思うんですよね。(過激な言い方になっちゃってごめんなさい) 少…

「自然の流れ」に乗っかって前へ進む

「無駄な抵抗をしない」「流れに乗ってみる」と腹をくくる。 今は、それがとても大事です。 「自分が期待した通りの結果を出そう」と、あれこれ操作したり、誘導したり、強引に引っ張ったり押したり…云々。手を加えて不自然なことをしたり、力を加えてコント…

自分から行動しないと物事は1ミリも動かない

2月ももうすぐ終わりますね。 今月は社会も大きく変化していった一か月間でしたが、私自身もプライベートで大きな変化をたくさん体験した一か月間でした。 今月の私を振り返ると、興味を感じた世界のドアを、全てノックして回った…という感じです。 今まで…

思うようにならないからこそ、体験を「自分の成長の糧」にしていける

今日、心に感じたこと。それは、 人はどうして、何でもコントロールしたがるんだろう? …ということです。 日本だと「自己管理」と言うのでしょうが、すごく細かいことまできっちり決めて、その通りに物事が進むように…と、なんでも管理したがりますよね。 …

「今はこれをするタイミングなんだ」とプラスに受け止めて行動する

コロナ禍で、自分の思い通りに物事が進まない状況が続いているせいか、最近の私は、何か起きても、 今はこれをするタイミングなんだな …とポジティブに受け止める癖がついてきました。 違う言い方をするなら 「何とかなるさ~!」 英語だと 「 It'll be fine…

失敗も成功もなく、ただ経験を積んでいけばいい

以前は、「石橋を叩いて渡る」という言葉のように、何事も万全を期して物事に向かうことが大事だと言われてきましたが、最近は、よく理解できなくても、また、納得できなくても、なんとなく興味が惹かれることがあるのなら、ためらわずやってみる…。これが大…

どっちの方向へ進んでいくのか?今が決断のとき

">今日、こんな言葉がふと心のなかに浮かんできました。 どっちの方向へ向かって行くの? どっちへと自分のキャパを広げていくの? ">これは、つまり、自分は、これからどっちに向かって自分を拡大させていく(=成長させていく)のか? ">という問いかけで…

何か新しいことを始めるときに大切にしたいこと

11月に入ってから秋晴れの日が続いていたのですが、今日は久しぶりの雨の朝でした。 ずっと乾燥気味だったから、これは恵みの雨ですね。しっとり濡れた空気が気持ちよく、さっぱりした気分になりました。 でも、季節柄、これからは一雨ごとに冷え込んでい…

古い価値観に縛られず、自分の気持ちを素直に感じて生きる

今朝、家の掃除をしていたら、ふと、こんなメッセージが下りてきました。 「伝統」の中に生きていると、思考が停止した状態になり、自分の周囲で何か問題が起きても「当事者意識」が全く芽生えてこない。 たとえ、それが重大な出来事であったとしても、全て…

本当の「幸せ」とは

昨日、知人とお話していて、ふと これからの人生、自分が楽しめることだけ、やっていこう。 と思いました。 自分たちの周囲の人たちを見ていて、そんな思いが急に沸き上がって来たんですよね…。 この時、知人とは、私たちの周囲にいる「ご年配の女性達」のこ…

「自分に責任をもつ」ということ

物事を甘く見ている人が、予期せぬことに遭遇し慌てふためいているのを感じます。 世の中を甘く見過ぎてきたツケを、今、払わされている…という感じです。 「世の中のことを甘く見すぎている」というのは、決して「物事をネガティブに悲観的にとらえなさい」…

苦手なものから逃げないで、克服する方向でちょっと頑張ってみる

私は今までずっと「人と接する」ことがメインのお仕事をしてきたので、ビックリされるかもしれませんが、実は私、人と会うことが苦手なんですよ。 子供の頃から人が苦手で、人と会うのが嫌で避けてきたんですよね。 というのも、人ってみんな、相手のことを…

本来、人は移ろいやすく変わりやすい存在なのです

今日は久しぶりに朝からいいお天気で、夏らしい暑い一日でした。 でも、午後から少しずつ黒雲が増えてきて、夕方には猛烈な雨が降りました。 約30分くらい激しくザーザーと降り続き、風もかなり強かったです。横殴りの雨があった後、雨は静かにやんでいき…

この人生を謳歌することが、すべての癒しになるのです

今日も暑い一日でしたね。 猛暑のなか、30分ほど散歩に出かけました。 公園では、蝉をたくさん見つけました。今年は蝉がすごく多いですね~。 大きくて元気のいい蝉がミンミンと大合唱していました。 ◇ さて、今日は76回目の「原爆の日」。 こちらの記事…

自分で判断しながら生きていく

まだまだ先のことだと思っていた東京オリンピック。 いよいよ今日が開会式ですね。 でも、あの一連の騒動&コロナ第5波のせいで、「スポーツの祭典がやってくるぞー!」と盛り上がる感じがなく、また、個人レベルでも浮かれた気分になりにくく…(汗)。 し…

自分の「かたち」を新しく作る

先日、知人と雑談をしていて、その時 「何か新しいことを始めたい」 という話題になりました。 知人は、何か新しいことにチャレンジしたいみたいで、「どんなことを趣味にするといいのかなぁ…」と話していました。 知人の口から、楽器の名前や道具の名前、お…

「我慢は美徳」の時代は終わった

「我慢強い人」 結構多いですよね~。 我慢強さは良いことだと思っている人も多いです。 昔は「我慢は美徳」という価値観が一般的だったので、みんな「我慢強い人」になるよう、躾けられてきたと思うんですよ。 ちなみに「我慢」とは、私は、「定められた枠…

「自分の世界」を大切にしていく

ご無沙汰していました。 久しぶりの更新です。 この間、どんどん流れていく時間の中で立ちすくみ、ぼんやりと空を眺めながら、いろんなことを考えながら過ごしていました。 エネルギーの流れが目まぐるしく変わっているのを感じます。 自分の今の属性によっ…

言い訳をする癖を手放して、心が欲するままに動いてみましょう

社会が大きく変わりつつある今、私の生き方に関する価値観もどんどん変化しつつあります。 以前は、「これが理由でできない」とか「これがあるから無理」と言い訳を並べて、できないことを正当化してきたけど、最近は、言い訳なんてしていないで、やりたいの…

やりたいことにチャレンジする春

1週間ぶりの更新です。すっかりご無沙汰していました。 理由は「お絵描き」に夢中になっていたからです。 今日も私のもう一つのはてなブログで、こんな記事を書きました。 kotori8787.hatenablog.com さらにnoteでは、もう5作も描いて、私のイラストを集めた…

自分の「心」と「人生観」を見つめ直すとき

先日までは遠い世界の出来事のように感じられていた「新型ウイルス」が、とうとう身近な問題として迫ってきました。 今までは、外国人が持ち込む形だったのが、いよいよ日本在住の日本人が持ち込むスタイルに移行してきたようです。 まぁ、いつかはこうなる…

他人のことはいいから、まずは自分を何とかしましょう。

自分が成長したかどうかを見るとき、多くの人が「変化したこと」を目安にして、自分の成長度をはかると思います。 具体的には「前と比べて明らかに良くなった点」を挙げると思います。 その時、面白いことに、 「自分がどう変容したのか?」 「自分の何が良…

「今できること」「今すべきこと」に取り組むことの大切さ

ここ最近、身近なお年寄りの姿から「高齢者の人生模様」をいろいろ垣間見せてもらっています。 そんななかで特に、パートナーの老衰や死別について深く考えさせられる場面を、たくさん見かけるようになりました。 60代・70代・80代の前半は、まだおご…

「親の作品」として生きていく、ということ

最近、感じることですが・・・。 常識通りにキチンと生きていて、礼儀やマナーに人一倍気を遣い、一見とても素直で優しくて良い人がいるけど、実際のところ、その人の中身(本性・本音)は相当疲れていてクタクタで、精神的にギリギリとのころで、もうこれ以上…