We will be alright.  なんとかなるさ

とりあえず今、目の前にあることについて語ろう

どんな経験も、人生の大切な一部

今週は大雪が降るという予報だったけど、こちらはお陰さまで、それほど降らずに済みました。
その代わり、気温がかなり下がるといわれていますが、それも今のところは例年並みで収まっているので、ホントありがたいです。

 

だけど、全国区のニュース見ると、今も大雪で大混乱の地域があり、かつてこの地域も雪による倒木で停電が起きたときのことを思い出しました。

過去にいろいろ経験していると、似たような状況の中にいる人々のことが、他人事に思えず、心の中でそっと寄り添いたい気持ちになります。

 

でも、「うまくいく」ことを願うのではなく、皆さんが必要な経験を得て、その経験から学びを得て、心が成長することを、そっと願っています。

 

人は「経験」によって、成長する生き物です。

個人的な主観に基づいて「いい」と感じることばかり体験していたんでは、人は成長しません。

 

たまには、「予期せぬこと」や「最悪な状況の中」に身を置いた方が、新しい気づきを得たり、今までとは違うアクションを起こして体験値が上がったり、新しい出会いがあったり・・・等、新しい扉が開くことがあるんですよね。

 

私も、氷点下の寒い日に何日も停電を体験したときは、ホントしんどかったですが、その一方で、知恵を絞って何とか乗り切る方法を考えて実行しました。

 

そんななかで、電気のありがたさを実感し、冬の寒さの中でもなんとか過ごせたことで自信がついたり、冬のサバイバルに必要なモノ&大事なことは何か?がわかったり、人の恩に触れたりと、決して悪いことばかりではありませんでした。

 

今になって振り返ると、なかなか貴重な体験だったなぁ…と思います。

 

 

どんなことも、全て「経験」でしかありません。

 

その経験を、どう受け止めて、自分の血肉にしていくか・・・が大切なんですよね。

 

ですので、『私』という人間の個人的な主観で思う「いいこと」を欲したり願ったりするのではなく、宇宙的視野に立った観点で「自分にとって必要な経験を受け取ります」という気持ちで日々暮らすことが大事だと思います。

 

全ての物事や事象は、一面だけではなく、多面的です。

人間の固定観念で「いいこと」「わるいこと」と一面しかないと決めつけるのではなく、フラットな視点で観察して、いろんな面を見つけていくことです。

 

こうして、様々な面を発見して、それを自分の学びや気づきに替えていくことです。

 

発見の喜びと楽しみ。それを何か体験するごとに繰り返し実践し、味わっていきましょう。

 

不安や心配をベースに生きていると、視野が狭くなってしまいます。

怒りや嫉妬をベースに生きていると、攻撃的かつ感情的な見方しかできなくなってしまいます。

 

こうして自ら視野を狭めていくことが、結果的には、自分の人生の可能性までもを狭め、制限が多い人生へと変えてしまうのです。

 

ですので、何事も「こうだ」と決めつけず、自由な視点で物事を見て、受け止めていくことだと思います。

 

これからもいろいな出来事が起きるでしょうが、どんなことも「尊い体験」と受け入れて、ポジティブに対処していきたいものです。

 

キャンドルの灯りに心癒されます

 

私が今欲しいもの👇(キッチンに一台置きたい…)

 

 

おすすめのレッグウォーマー👇(毛玉ができやすいのが難点だけど、温かくて心地よいです)