森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

全てが大きく変わっていくときです

【スポンサーリンク】

10月に入り、私個人としては落ち着いた感じがするのですが、一方で、まだ社会の変化に振り回されて迷いを起こしている人も多く、混沌とした雰囲気はまだまだ続くのだろうなぁ・・・と感じています。

 

特に、古い価値観に縛られている人たち&子どもの頃に刷り込まれた感覚の通りに生きている人たちは、今の状況についていけず、混乱を深めているように感じます。

 

社会的な立場や役割り、また、自分に課せられた責任とか、そういう「外部から与えられたもの」をいったん全部外して「自分はどうしたいのか?」をシンプルに自分に問うことが、今はとても大事なのですが、それが出来ない人もやっぱり世の中にはたくさんいます。

 

シンプルに素直に「私はどうしたいの?」と自分のハートに聞いて、正直に感じたことを自ら実践・実行していくだけのことなんですが、その「自分は本当はどうしたいの?」の答えが、自分の心の奥から全く湧いてこないという人たちもいて(湧いてきても、自分の感覚が麻痺していて全然感じ取れないケースもあり)、その場合は、心で感じたことより、脳で判断して決めたことを「絶対的だ」と信じて無理にでも押し通そうとするようです。

 

この時、意識に刷り込まれた価値観に縛られていて、なおかつ、脳で「こうしなくてはいけない」「これをしてはいけない」とガチガチに固定観念で凝り固まっていると、感覚や直感やハートで感じたことを無視して、自分の脳が判断した通りに物事を押し進めようとします。

 

これをやると間違いなく、これから行き詰まります。いや、もう既に行き詰まっていて、自分自身も周囲の人たちも、今の状況に「息苦しさ」を感じているかもしれません。

 

でも、脳で判断して決めたことが「優性」「正しい」と見なされてきた時代は、もう終わったのですよ…。哀しいかな、過去の価値観や概念の多くは、もう使い物にならなくなっています。それを最近はまた更に強く感じるようになりました。

 

今までは「間違い」とか「失敗」と言われてきた選択や道筋も、これからは「間違い」でも「失敗」でもなく、ただ単に「一つの方法」であり「一つの手段」です。それを選択しても良いんだし、それが自分の魂が欲していることなら、ちゃんと選択して行動に移すことが大事です。

これからは100人居れば100通りの道があり、どれが正しいとかどこが間違っているとか、そういう判断ができない時代になってきています。

 

ですので、成功の法則も、成功のパターンも、今までの概念とは大きくかけ離れていきます。あの人がその手法で成功したから自分も上手くいく…と思ったら大間違いで、自分は自分のやり方や手法を見つけなくてはいけないのです。

誰かの真似をしてもOKだった時代は終わったのです。これからは一人一人が自分の意識を変えていき、新しい時代にマッチした概念にシフトしていくことが大切だと思います。

たとえば、スピリチュアルの世界も、それをビジネスとしてきた人たちも、今までのスタイルややり方はもう古くなったのを感じます。私がセッションやメール鑑定を辞めたのも、それが理由です。

 

地球を取り巻くエネルギーが宇宙規模で大きく変わってしまい、今までのようなやり方、従来のスピ系のビジネスのスタイルが全く合わなくなってきたのですよ。

 

宇宙も、今までのようなビジネススタイルでスピリチュアルに興味がある人がセッションやヒーリングを申し込み、そうしてやってきた特定の「個人」にのみピンポイントで支援や指導をしていくパターンをやめて、スピリチュアルな仕事をしてもしていなくても、ただそこに存在するだけで、周囲の人々や生き物に大きな影響を与えていく人を使っていくことにしたのです。

幽霊が見えるとか、リーディングができるとか、それで自分を優位に見せて価値を持たせることも、もう昔のやり方なのですよ。

これからは皆が自分のエネルギーを自由に発していく時代です。スピリチュアルに興味がない人でも、自分に正直に生きている人は宇宙と繋がり、エネルギーをシェアしています。そして宇宙の真理をもうすでに知っていて、それを自分の日々の暮らしに取り入れています。

もう特別でも何でもないのですよ~。それが普通になってきたのです。

 

 

こうして宇宙は、人々に様々な経験を与え、その経験を乗り越えていきながら、全ての魂を進化成長させていくことへと方向を定めたのです。

 

ですので、いろいろな概念を大きく変えていくことが必要です。

また、今までの観念や刷り込み、古い価値観も全て捨てていき、もっとオープンになることが必要なのです。

そんな大きな意識改革が、この10月は起きているように感じます。

感覚的に「こういう風に変えていかなくてはいけないんだな」と自覚している私でさえ、毎日いろいろなことに遭遇する度に「えっ!これも変えなくてはいけないの!」とビックリし通しです。

また、まだ古い既存のやり方にしがみついている人を見ると、強烈な古臭さを感じるのですよ(汗)。一年前の私も、きっと同じやり方や概念を「これが正しい」と信じていたと思うのですが、このコロナ禍で自分の中の刷り込みを手放していくことで、視野が広がり、今まで見えなかったいろいろな扉を次々と見つけていった・・・という感じです。

私が住んでいる世界にはたくさんの扉があるのに、古い固定観念や既存の概念に縛られている人は、「ドアは一つしか無い」と信じ込んでいるんですよね(汗)。そして、そのドアに固執して、他のドアを見ようとも開けようともしないのです。

確かに、昔は皆がそうでした。私もそうでした。昭和世代の人は特に、そういう刷り込みが強かったから、「一つしか無いドア」を大事に大事にしてきたと思います。

昔はそれが当たり前だったし、そういう感覚で生きていくことが魂の経験として必要だったから、そんな時代に生まれて体験してきたわけです。だから、それはそれで良かったのですよ~。

だけど、もう「昔」は終わったのです。時代はどんどん変化しています。私たちは、この変化の波に乗り、自分を変化成長させていかなくてはいけません。

「このままでいる方が楽だから」と、いつまでも昔のままで居続けるのもダメなんですよね(汗)。変化を恐れて「刷り込み」や「固定概念」を手放そうとせず、ずっと昔のままの自分で居続けようとすると、時代に取り残され、古臭い存在に落ちてしまうのですよ。

手放すのが怖いのは、昔の古い価値観で「手放すと後で苦しむ」とか「途中でやめると後で後悔する」と刷り込まれているから。でも、これからは、自分の心が手放すことを欲しているなら、勇気を出して手放し身軽になっていくことも大事です。

 

「新しいことにチャレンジする」とは、何も仰々しくすごい事を新しく始めてみる・・・だけでなく、「今までの自分の概念を越えたこと」&「いつものパターンと真逆のことをあえてやってみること」も、大事なチャレンジです。

 

そんな「新しいチャレンジ」をどれだけやり遂げられるか・・・が、この秋のポイントのように感じます。

 

いろいろな体験が自分に与えられると思いますが、勇気を出してチャレンジしてみてください。そして、自分の中にある固定観念や刷り込み、古い価値観を取り外してみてください。

 

f:id:mama-papa-131106:20201008160155j:plain

さつまいもごはんを作りました。美味しかったです。