森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

「過去の自分」を切り離し、「今の自分」を生きていく

【スポンサーリンク】

 

不安は、未来を恐れるところから生じます。

未来のことは「未来の自分」に任せて、今のことに集中しましょう。

 「今の自分」に集中できていないから、まだ来ぬ「未来」のことばかり考えて、自分の意識とエネルギーが「未来」にダダ漏れしているのです。

 今のことで忙しすぎてバタバタしているときは、先のことを考えている余裕は無いはずです。先々のことばかり心配している・・・ということは、「今の自分」が暇だから・・・なんですよ。

 ・自分は今、何を考え、何をしているのか?

・自分は何に取り組んでいるのか?

 ・今この瞬間、何をしていますか?

・どんな気持ちでいますか?

ここにフォーカスしてください。 

 「今この瞬間」の自分の気持ち。←これがすごく大事なのです。常に自分の気持ちをどうキープしていくか?・・・が、「未来の自分」に大きな影響を与えます。

 というのも、今の自分の気持ちが、未来の自分を創造しているから・・・です。

ところが、世の中を見渡すと、「今この瞬間」の自分の気持ちにものすごく鈍感で無頓着でいい加減な人が、結構多いようです。 

できているつもりでも、先々のことを心配していたり、過去のことでいつまでも悩んでいるようでは、「今この瞬間」に意識を向けているとはいえません。

この辺りがちゃんとできていない人は、問題をズルズルと先送りして解決を先延ばしする傾向があります。逆に、「今の自分」にフォーカスしている人は、判断力や行動力があり、自分の人生を力強く切り開いていく力が備わっています。

 ◇◇◇

「今の自分」だけを見つめてくださいね。

未来のことを「今の自分」がどんなに心配しても、先のことはどうにもなりません。

 先のことではなく、「今の自分」に意識を集中し、目の前のことに真摯に取り組んでください。

時間は絶え間なく進み続けています。 何もしなくても、ベルトコンベアに乗せられた荷物のように、私たちは否(いや)が応(おう)でも、未来へと突き進んで(突き進まされて)いるのです。そして、今この瞬間にも、「今の自分」はどんどん更新し続けています。

 同じ時間を過ごすのなら、悩みごとを抱えて悶々と考えてるいるだけの過ごし方ではなく、「悩みごと」を解決させるための取り組み時間として「今」を過ごしていく。それが大事です。

または、過去の出来事を考え続けて、「今」がおろそかになることも、時間の使い方としては勿体ないことです。過去のことは水に流して気持ちを切り替え、目の前の「今」のことに取り組んで欲しいところです。

 私たちは肉体をもって「今」を生きているのです。

この世界で生を受けて「今」を生きているのだから、生きている時にしかできないことに取り組んで、もっともっと人生を楽しむことです。

 食べたいもの

行きたいところ

会いたい人

知りたいこと

やってみたいこと

 ・・・等々。

 そういうものにチャレンジして、自分にたくさんの経験を与えることに「今の自分」を有効活用していきましょう。

 ◇◇◇

 もっと自分を俯瞰して見てください。

未来は、「今の自分」を積み重ねた「結果」です。「今の自分」の取り組みの成果でもあります。未来への不安も消えていくと思います。

「今」が未消化だから、「未来」に対して不安が募るのです。

 「今」をしっかり消化して、「今の自分」が体験したことを全て自分の魂の血肉にしてくださいね。

未来への期待や先々の心配は捨てて、目の前にある「今、自分がすべきこと」に集中して取り組んで欲しいと思います。

 ◇◇◇

特に、この年末は、大掃除のついでに「過去の自分」も全部精算してみてください。

 この年末を境に、更にアセンションが進みます。

 もう過去は必要ない。そう自覚する人は、過去を切り離して、「今」にフォーカスしてください。(過去とは「過去の自分」のことです)

 過去を切り離すと、自然と未来へのネガティブな妄想も消えていくと思います。

 過去を切り離すのは、過去に刷り込まれた古い価値観や固定観念を手放すためです。

それらが元になって「未来へのネガティブな妄想」が湧き出てくるから・・・です。

 来年から(もう今から?)、古い価値観や固定観念はもう通用しなくなります。

 今までの体験から得たデータや知恵は、これからは使い物にならなくなり、捨てなくてはいけなくなっていくでしょう。

その代わり、新しい感覚で直感的に生きていくことが求められていきます。

 新しい時代になると、過去の古い感覚や体験から得たものは、かえって逆に邪魔になっていくのです。重いし、即決決断の足手まといになるし、行動を邪魔するし・・・で、自分のなかにある古い価値観や固定観念を一掃する必要が出てくるのです。

 特に「お金の概念」や「社会生活における固定観念」など。古い価値観に縛られている人たちも、今後は「社会の変化を邪魔する存在」として、重苦しく受け取られ煙たがられるでしょう。親や社会から刷り込まれて信じてきた概念や価値観でも、もう機能しないものだと感じたら、容赦なくサクサクと手放してください。あなたが手放すことで、周囲の偏屈な人々も、あなたを見習って順次手ぱなしていくと思います。

 新しい感覚へとシフトチェンジしている人たちは、どんどん「今の自分」を輝かせながら、自分たちの未来を新しい形で創造しています。

 古い人たちからの批判や誹謗中傷を恐れず、自分の感覚を信じて、自分の気持ちを一番に尊重してください。

何はともあれ、自分自身が「ガラパコス化」しないことです。

周りの他人ばかり見て、他人の様子に歩調を合わせていたら、必ず失敗します。

 人を見ないで、「今の自分」の感覚で判断してください。

 これが、「今の自分」を生きる・・・ということです。

 誰か他人をどうしよう・・・じゃなく、自分自身をまずはアップデートさせることに集中して取り組んでいきましょう。

 まずは自分。

 そう肝に銘じてくださいね。