森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

経験を通して魂のバランスを整える そして自分を知る

【スポンサーリンク】

梅雨明け宣言のあとの猛暑!

ずっと中途半端なじめじめしたお天気が続いていましたが、当然、本格的な夏が到来してビックリです。(外干しした洗濯物がパリッと短時間で乾くようになったのが、個人的にはすごく嬉しい…。)

今年の梅雨時(社会全体もジメジメして隠されてきた問題が表に露出していた期間)は、心のなかに溜まっていたウジウジした感情やジメジメした過去の記憶、ウェットな人間関係が次々と表に浮き出てきて大変だったと思います。

でも、出てきてくれたから思い出せたこと&気づけたことも多々あったと思います。

これからは、日陰でジメジメしていたネガティブな感情や記憶や関係を、明るい太陽の光の下にどんどん晒していきましょう。

心のなかも『日光消毒』ですよ(笑)!

オープンになってくださいね。

もう隠したり誤魔化す必要はないのです。

どんどん光の下に晒して、たくさんの人に見てもらい、知ってもらって、みんなで共有していきましょう。あなた一人で抱え込むのではなく、皆の課題としてオープンに公開し、皆に共通理解してもらって、皆で問題と向き合っていくのです。あなたの問題は、皆の課題でもあります。あなたの問題に取り組むことで、周りの人たちも学びや気付きを得て成長していきます。

ですから、問題や課題をあなた一人で抱え込んで『一人占め』しないでくださいね!

一人占めはズルいです(笑)。自分一人ではどうしようもできないのなら、それこそ周りの人にヘルプメッセージを出して、周りの人に助けてもらいましょう。それも大切な心の修行です。助けてもらうことに抵抗がある人は、今度は人から助けられる体験がたくさん与えられていきます。

今、介護が必要な老人が増えているのも、もしかしたら「人に迷惑をかけてはいけない」という刷り込みを生きていて、人に頼らないように意地を張って長いこと生きてきた人たちが、それでは魂の経験として非常にバランスが悪い…ということで、宇宙の采配により、家族以外の人に助けてもらう体験を「介護サービスを受ける」という形で経験させられているのかもしれません。

だから、何が良くて、何がダメ…ってことは無いんですよ。一方に片寄り(偏り)すぎてバランスが悪ければ、もう片方に比重をかけて、バランスを整えていく…ただそれだけのことです。

ですので、出てきたこと、目の前の出来事、受け取ったこと等を、ただ淡々と受け入れて経験し、魂の体験のバランスを整えてください。

それにしても、この7月は(何度も言いますが・汗)いろんなことがありました。

いろいろありすぎて混乱している人も多いかもしれませんが、ただ起きたことを自分なりに体験して、自分なりに取り組み乗り越えていくことに集中してください。他人や出来事に感情移入しないでくださいね。他人と自分の間の境界線をきっちり引いて、自分の感覚や感情にのみ意識を集中させてみてください。

人の意見や反応はどうでもいいんです。それはその人の一意見であり、あなたの魂の反応ではありません。起きたことに対して「自分はどう感じたか?」をただ感じて、その感じから「自分」を知ってくださいね。

自分をちゃんと知っておくことが、これからは大切です。親からの刷り込みや固定観念に基づいた反応ではなく、自分のハートが純真に感じる方の反応を、しっかり受け止めてください。それが「本当のあなた」なのですから。

嫌なら嫌、好きなら好き、悲しいなら悲しい、嬉しいなら嬉しい。

そこに理由や根拠など必要なく、相手に理解してもらおう、納得してもらおうと努力して説明する必要はないのです。

ただ自分がそう感じたのなら、それで完結。それで終わり。それがあなたの真実です。

それを大切にしてください。

f:id:mama-papa-131106:20190731162701j:plain

暑気払いにクリームあんみつを食べました。