森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

過去に振り戻される時

【スポンサーリンク】

f:id:mama-papa-131106:20190306102723j:plain

これは「星の巡り」が関係しているのかもしれませんが・・・。

 今は『昔の思考癖』がボロボロと出てきやすい時期みたいです。しかも、良い方の癖じゃ無くて、ネガティブな方の思考癖・・・(汗)です。

もう自分では「卒業した!」と思っていたものが、今の時期は、期間限定で復活して、再度ぶり返してくるようです。だから、最近、メンタルがドーンと落ち込んでいた人や、以前のような「迷い癖」が出てきた人や、今までに無くネガティブ思考に縛られていた・・・という人は、その状態って、もしかして「昔の自分」の状態ではありませんか?

今はすっかり変容して、そんな状態から抜け出せていた(ような気がしていた)ので、過去の自分の状態をすっかり忘れていた~!という人が多いと思います。

だから、急に前の自分の状態に戻っても、そんなのすっかり忘れていたから、突然のことに「えっ?」と戸惑ったり驚いたり・・・。その上、このメンタル状態に振り回されて(アップダウンや振り幅が大きいから・・・汗)、心身共にグッタリ疲れてダウン気味の人もいらっしゃるかもしれません。

でも、この現象は、どうも「本当に卒業できたのか?」を確認するための最終チェックのようです。いよいよ新しいステージへと進化していく前に、再度、今のステージの最初の頃を思い出させているのです。どうでしょう? 昔の自分は、今感じているその状態の中で「普通」に暮らしていた・・・ということですよ。思い出しましたか?懐かしいでしょう?(笑) でも、ものすごく辛くて苦しくて、精神的に重苦しくてしんどくないですか? そんな状態から、あなたは長い年月をかけて、コツコツ頑張って努力して、今の自分の状態にまで自分を引き上げて成長し、進化した・・・ということです。

人間は、本物の成長を遂げると、「過去の自分」をすっかり忘れてしまうところがあります。腰が痛かった人が、腰痛の原因を取り除いて痛みが無くなったら、過去の腰痛時代の体調の悪さや苦痛をすっかり忘れてしまった・・・というのと同じです。

人の身体は、痛みや苦しみを伴うことは、時間が経つと忘れてしまうのです。そして、心も同様。「過去の自分」を完全に卒業し真に成長した人は、過去の自分の状態なんて完璧に忘れているはずです。思い出したとしても、当時の感情やネガティブな思考癖もすっかり抜け落ちて消えてしまっているはずです。

(だから、真に成長した人を見ると、まるで今までと違い「別人」になったかのごとく・・・他人になったようにガラリと変容して感じられるのです。)

 そして、今のこの時期。

「過去の自分」の状態に、自分の心が戻っていることに気づきませんか?そして、過去の自分が悩んだときと同じように、迷い事や困難、問題、課題に直面していませんか?

 過去の自分の状態に振り戻された今、やっぱり過去の自分のように「でもでもだって・・・」「私には無理」「どうせ私は・・・」と言って、自分をリスペクトしない方向を選択していくのでしょうか?

それとも、進化した自分のメンタルで「私はこう生きたい!」「人がなんと言おうと私はこの道を行く!」「私はやる!」と勇気を振り絞って不安を払拭し、前向きに力強く前進していく方向を選択していくのでしょうか?

この選択が、これからの人生の大切な分岐点・・・になります。そうです。これは「最後のテスト」なのです。次のステージに進むにふさわしい自分なのか・・・。今までのステージにそのまま留まる自分なのか・・・。本当に厳しいテストだけど(汗)、今、自分はどっちを選ぶかで、この7~8年間続いた今のサイクルを卒業できるのか?否か?・・・が分かるのです。新しいステージのゲートが開く今、一瞬しかそのゲートが開かないという貴重なタイミングを迎えるに当たって、躊躇なく次のステージに続くゲートをさらりと通過できるかどうか・・・の、これは関門なのです。

ですので、落ち着いて冷静に判断してくださいね。今までの自分の「学び」と「気づき」そして「成長」の足跡を思い出してください。「今の自分は、どちらを選ぶ(選べる)人間なのか?」・・・をクールダウンした自分の心で静かに見つめてみてください。

おそらく、過去の自分は、「迷い」「不安」「心配」「執着」「固執」「こだわり」「エゴ」「プライド」が出てきて、それらが自分の未来を阻んで邪魔して、自由に進んでいくことにブロックをかけていました。でも、そのブロックを壊して前へ進むことを、今まで生きてきたこのステージでしっかり学んで身につけてきたはず・・・です。「ネガティブな感情」や「エゴ」を振り払ってでも、未知の世界に突き進む勇気と覚悟があるのか?否か?・・・が、今、問われている・・・ということです。

昔の自分のように、「どうしよう」「デモでもだって・・・」とウジウジ悩んで決められないようでは、次のステージに進んでもその世界の豊かさを受け取ることはできません。だから、篩(ふるい)にかけられている・・・という訳です。自分で判断し自己責任で決断して行動していくことが求められる新しいステージでは、過去のようにウジウジして悩んで立ち止まってはいられないのです。

だから、今の「過去の自分への振り戻し」によって、確認させられているのです。ここで、怖がって前進するのを止めて、いつもの「言い訳」癖を発動させて迷いに迷って「止める」「諦める」を選択して安心感を得ようとするのか?(←今までのパターン)。それとも、恐怖や不安を乗り越えて、その先にある未知の世界に対する「好奇心」「興味関心」を優先し、勇気を持って果敢にチャレンジしていくのか?(←新しいパターン)・・・どっちを選択する自分なのか?・・・と。

 ですので、今のこの時期、いろんな迷いが出てきて、エゴも出てきて、地の自分・素の自分も出てきて大変だと思います。その上、今まで通用した自分ルールや法則は一切通用しなくなり、行き当たりバッタリで臨機応変に物事に対処しなくてはいけなくて、ましてや他人の意見を当てに人任せにしていたら、後々、大きな損失を受ける可能性も出てきます。自己責任の比重が、今まで以上に強化されています。

こういうときは、いつまでも後ろ髪を引かれず、執着もやめてフラットな心になり、サッパリと何でも自由に受け流して、「今、自分はどうしたいのか?」だけにフォーカスして、自分の今の気持ちを叶えることにエネルギーを使い、自分のために行動し続ける・・・。それが必要です。他人に感情移入する暇があるなら、自分の人生をなんとかしなさい!・・・そういう時期なのです。

自分の課題に集中して取り組み続けることで、自然と新しいステージの扉が開く・・・と思います。皆に平等にバーンと大きく開くのではなく、個々に開きます。個人個人の扉が開き、個々で未来へ進んでいく・・・のです。もう「集団行動」を尊ぶ時代ではなくなりました。誰かが開けてくれるのを待つのではなく、また、誰かが開けたのに便乗して自分もすっと横を通り抜けていく・・・のでもなく、自分の扉は自分しか開けられない・・・そういう時代なのです。

人がどうこう・・・じゃなく、常に「自分はどうしたいのか?」が問われる時代です。したいことを自分で決めて進んでいく・・・。そんなシンプルな時代になっていきます。

この扉が、この新月あたりのタイミングで個々に開いていきます。開いたその向こう側に是非進んでみてださい。せっく開いたのに今までと同じパターンを繰り返して扉を固く閉めて留まるのか?それとも勇気を出して扉の向こう側に進むのか?・・・これも自由選択です。自分で決めて選んでください。

人に決めてもらうのではなく、自分の意思で判断して決める・・・。もうここから次のステージの「あり方」が始まっているのです。いろんな意味で意識改革が必要であり、意識を変えるための体験も大いに与えられる・・・そういう時代なのです。