森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

古い価値観に縛られている人たちへの対処法

【スポンサーリンク】

最近、感じることなのですが・・・。

人々の様子を見ていても、二極分化が進んできたなぁ・・・と思います。

 昭和時代には「当たり前で普通」と思われていた感覚や観念が、最近は「古臭くて動きがなく凝り固まっていて機能しないもの」のように感じられるようになりました。そして、いまだに昔の感覚で生きている人を見かけると、なんだか旧石器時代の化石?に出会ったような・・・そんな不思議な感覚を覚えるようになりました。

昔の価値観のまま生きている人のことを「昭和脳」と私は呼んでいますが、昭和脳の人たち、今も結構いらっしゃってて、時々、自分より弱者だと感じた相手に対して、昔の価値観を炸裂させてきます。そして、お得意のいつものパターンを駆使して、相手に絡んできたり、自分のペースに巻き込んで取り込もうとしてきます。

以前の私なら、そういう相手に出会ったときは、ついつい昭和時代に培った昔の癖が出てきて、相手に変に気を回したり、忖度(そんたく)したり、相手のペースに巻き込まれて依存したり、相手に感情移入して滑らかい言葉を並べたり・・・等、昭和チックな関わり方をして、相手が喜ぶようなことを一生懸命にしてきたと思います。

でも、今の私は、もう、そういうことはしたくないし、昭和チックなやり方には引っかからなくなったので、どんなにマウントされても、感情移入してきて依存させようとしてきても、気にせずスルーするようになりました。昔はスルーすることは許されないことで、義理人情で返すことがマナーでしたが、今は全然平気です。その代わり、つるんで群れることはないので自然と単独行動が多くなりますが(汗)、我慢して群れるより、お一人様でいる方がウンと気楽で良いです。

でも、昭和脳の人たちは、群れずにお一人様でいることを「可哀想」「淋しそう」と勝手に決めつけてネガティブ認定して、それをわざわざ言いに来るので本当に面倒臭いのですが(汗)、今後、棲み分けが更に進んで、完全に住む世界が分離されれば、どんなに「可哀想」認定されても、気にならなくなると思います。

ちなみに、昭和脳な人たちとはどんな人たちか?といいますと・・・。

  • やたらと同性と群れたがり、同性でつるんで集団で行動する
  • 異性の前では、古い価値観に基づいた「性別役割」や「男らしさ・女らしさ」を発揮しようとする
  • 頭ごなしに決めつけて一人で勝手に結論づける
  • 自分の価値観を人に押しつける
  • 感情的に絡みついてきて、相手との関係を共依存の関係にしようと仕掛けてくる
  • 群れの中でマウントし、優位な立場を取ろうとする
  • 固定観念が強くて、自分の観念が世界の常識だと信じている
  • 「自分を変える」という概念が抜け落ちていて、常に他人が変化することを要求する
  • 適応力が無いため、災害や突発的な困難に弱く、緊急時にはパニックを起こしやすい
  • 臨機応変が苦手
  • 人の話を聞いて柔軟に対応することは「負け」だと思っている
  • 自分より弱者だと認定した相手のことは、自分の所有物のように扱う
  • 意思表示や自己表現が下手
  • 知識に偏りがあり、ぎこちなくて不器用
  • 損得勘定が強く、支配欲が強い

 などなど。私が子供の頃の昭和時代はこういうタイプの人が多かったのですが、最近は、私たちの親世代や、そういう親に育てられた世代(価値観を刷り込まれた人たち)くらいにいまだ残っている程度でしょうか。今時の子達や若い世代、これから産まれてくる新しい子達は、もう既に新時代の感覚をインストールしているので、昭和脳の人たちに無理やり価値観を刷り込まれることもなく、順調に成長していくはずです。

昭和脳の人たちは、新しい感覚や新しい時代の概念を頭から「悪いもの」と決めつけ嫌っているので、自ら新しい世界観に飛び込むことはしません。ある意味、古い価値観と心中するすよな気持ちで、刷り込まれた昔の価値観をしっかり抱きかかえたまま、今世を終えるつもりでいます。

ですので、何があっても、自分を見つめ直したり自分を改善させるようなことは一切せず、全ての問題の責任を他人に転嫁して、いつも人のせいにして特定の人を恨んでいたりします。イジメやイビリも大好きです。群れの中で自分をマウントすることに精を出し、世間体や人のことばかり気にして、自分の本当の気持ちをどこから置き忘れたまま、自分を見失った状態で生きているのです。私から見ると、自分がすっかり抜け落ちたまま、世間の常識通りに頑固に生きているので、非常にバランスが悪く感じられます。でも、おそらく当のご本人は「これが普通」であり「人生はこういうものだ」と思っているのでしょう。

でも、この状態のままでは、どこかで無理が出て、人生が上手く回っていかなくなると思います。上記に挙げた状態で生きていくことは、非常にバランスが悪いです。そのバランスの悪さが原因となって、人生の最中に次々とトラブルや問題が起きてきやすく、生きにくくなるだろうと思います。トラブルや問題は、自分の欠点や課題に気づかせるために起きてくるのですが、自分を見つめ直すことができない人は、どんなに問題が起きても、他人のせいにするだけで、一向に問題の根本に目を向けません。だから、根本に目を向け気づくまで、延々といろんなことが起きるのです。ですので、その場合は、早く気づいて対処することが必要です。だけど昭和脳の人たちは、群れの中の弱者に責任をなすり付けて問題から逃げるので、結局は問題続きの人生になっていきます。ますますバランスが悪くなっていくのです。

「バランスが悪い」状態で生きていると、どんどん性格が卑屈になり、一癖も二癖もある人間になっていきます。意地が悪くて、オープンさに欠け、思考も固く、固定観念で凝り固まっていて、融通が利かず、エネルギーに滑らかさがありません。こういう人は、どんなに良い人ぶっていても、頑なさがにじみ出てくるので、岩みたいで固いブロックと話しているような感じを受けます。

こういうタイプの人たちは、だいたいが皆さん、人一倍エゴやプライドが強く、性格的にもアクが強いため、人から嫌がられたり、煙たがられることが多いです。周りの人たちも、こういう人たちと付き合っていくのは本当に大変で困難だろうと思います。付き合う側にとっては、こういう昭和脳タイプの人と一緒に居ることは、修行みたいなものです。相手の固くて重苦しいエネルギーを毎日受けながら生きていくわけですから、本当に大変です。でも、こういう相手に対しては、「遠慮しないで、感じたことは何でもストレートに言う」ことが大切。昭和的に「忖度」で返してしてしまわないよう(笑)、相手の想像を超えた反応をしてあげて、相手の固定観念を壊してあげてください。想定外のことをたくさん体験させてあげることが、昭和脳の人たちの意識を成長させることに繋がります。

相手の決めつけ癖に反して、相手の想像の枠を超えたリアクション・反応・返答をして、相手を翻弄してください。ちなみに、昭和脳の人たちのリアクションは「怒る」「喜ぶ」「心配する」「同情する」の4パターンしかないので(笑)、最初は「怒」ってばかりかもしれません。でも気にしないで、相手の感情を引き出してあげることです。正直に自分の気持ちを伝えていくことも良いです。あなたの正直に気持ちに対して、昭和脳の人たちが「けしからん」「そんなことはダメだ」と言い出してカッカと怒りだしても、気にしないで自分の正直な気持ちをしっかり伝え続けてください。これが本当の「愛のかたち」です。これが「本物のコミュニケーション」です。

昭和脳の人たちは、長いこと「自分の気持ち」を封印して生きてきました。だから、自分の気持ちが分からなくなっています。だから、他人の存在や人の気持ちを「もの」みたいに扱うのです。自分のことを「もの」扱いしているから、他人も「もの」扱い・・・なのですよ。なので、血の通った人間同士、心を通わせるために、正直な気持ちを伝え合うことが大切です。世間体とか、マウントとか、体裁とか、人目とか・・・等、そんなものに縛られず、素直に正直に自分の心を感じ取り、受け止め、自分の気持ちを大切にしていくこと・・・。これが大切なんですよね。

でも、それが、なかなか出来ない人たちもいます。それが昭和脳の人たちなのです。

 ある意味、可哀想な人たちでもあります。「自分の人生」を生きていない・・・。それすら気づかず、刷り込まれた古い価値観に沿ってクソ真面目に生きている人たちです。

でも、もうそういうのから解放しなきゃいけない時です。自分自身を解放するのです。

だから、昭和脳な人たちに出会っても、相手のペースに巻き込まれるのではなく、新しい時代の感覚に巻き込んであげましょう。それには、クリアにオープンに接することです。私は、昭和脳の人たちには気を遣うことは一切しないで、自分ペースを貫きます。昭和脳の人から何か言われても気にしません。逆に、感じたことを正直にサラリと言います。言っても仕方がない時は、無理しないでスルーします。時には無理に関わらないことも「愛のかたち」です。

 繋がりのある人とは、絶対に関わらなくてはいけない・・・というのも、実は「昭和脳的な感覚」なんですよね(笑)。別に絶縁しても良いんだし、関わらなくてもいいんです。関わりを絶つことが自分にとっても相手にとっても必要だったりします。だから、そこも自分の感覚や気持ちを信じて、正直に行動していきましょう。

型にはめない・嘘はつかない・正直に自由に生きる

これを心がけてみてくださいね。自分に対しても、相手に対しても、型にはめない・嘘はつかない・正直に自由に生きる・・・それを実践してみてください。

f:id:mama-papa-131106:20190420160632j:plain

桜が満開になりました♡