森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

この夏は、「自分を信じること」と「自然と繋がること」に取り組みましょう

【スポンサーリンク】

前回、「自然との繋がりを強化してください」という記事を書きました。

 

www.emiko258.com

 

コロナ禍の中で受け取ったメッセージの意味を、今、改めて再認識した・・・という内容なのですが、実は、ここで終わりではありませんでした。

この「つづき」があることに気づいたので、ここで、また皆さんにシェアします。

 

◇◇◇

 

明日の新月から始まる今年の「夏」の期間、私にも予測不能なんですが、いろんなことが起きるようです。

それは、人為的なものから自然災害的なものまで、実に様々です。

 

この禍を通り抜けるためには、他人の判断や選択に乗っかるのではなく、個々で直感的に判断しながら、自分にとって適切な行動していくことが大切なんだそうです。

 

今までは、家族や団体でひとまとまりになって行動していくことが「自分を守ること」に繋がったのですが、これからは集団で行動することは意味がなくなり、個々で自分の判断で行動していくことが必要みたいです。

つまり、生き残る道が一人一人全く別で異なるので、他人のやり方を真似したり、他人の道についていくのではなく、自分の方法を見つけて、自分一人でそこを通り抜けることが大事だと言われました。

 

ですので、誰かの指示を受けたとしても、最終的には「自分でどうするのか判断する」ということを心がけてください。

 

つまり、「自分の直感を信じる」ということです。誰よりも一番信頼できるのが「自分の直感」「自分の感覚」であること・・・これがすごく大事なのです。

 

その上、更に、今後、最も重要になるのが、

自然との繋がりを強化する

・・・です。

 

これからいろんなことが起きますが、自然が「進むべき道」を教えてくれるので、それをキャッチできる自分になってください。

自然とは、人間以外の生き物、太陽・風・空・雲・海・川・水・大地・・・等です。

 

地球は、これからは、「自然と繋がっている人」とのみ共存共栄で生き残っていくことを決めました。

 

そのため、この夏は、自然と繋がること&自然とコンタクトをとることを訓練をしてほしい・・・とのことです。

 

いきなり、風や太陽とコミュニケーションするのは難しいと思うので、身近なところで、ペットを飼っている方はペットの動物と心を通わせ、コミュニケーションを図ってみてください。

ペットが、いろいろ教えてくれると思います。

 

また、植物を育てている人は、植物の日々の変化を感じ取ってください。植物に話しかけるのもいいです。

話しかけるときは、実際に言葉を言うだけでなく、心の中に浮かんだイメージを植物に送ってあげてみてください。「ありがとう」という気持ちを伝えたいときは、「ありがとう」という言葉と共に、「ありがとう」を連想するイメージを心に強くイメージするのです。(風景・色・温度・音・匂い、肌感触・・・等、五感で感じるもの)

すると、言葉に添付して、心のイメージも送られます。(テレパシー)

 

これは、動物にも応用できますので、是非、試してみてください。

(動物にこれをやってみて上手く送信できると、ビックリした反応をするので、すごく面白いですよ。これで動物たちと愛と信頼のある温かい関係を築いてください。)

 

まずは、目の前の動物や植物と繋がることを心がけてみましょう。

ただ一方的に送るだけでなく、受け取ることも大事です。目の前の動物や植物が、私たちに何を伝えようとしているのか・・・を感じとりキャッチすることも忘れないでください。

 

心を空っぽにして、ふと浮かんできたこと。それは、目の前の動植物が送ってくれたイメージかもしれません。

また、 最初は、薄くて微かな感覚で「何となく感じる程度」・・・かもしれません。

 

それを、「自分の気のせいだ」と決めつけないことです。自分が感じたことをちゃんと認めて信じていきましょう。ここでも「自分を信じる」ことが重要になります。キャッチしたことを「勘違い」と切り捨てないで、素直に受け止めてくださいね。とことん自分を信じてください。

これを毎日コツコツ続けていくと、だんだん感覚や感性が訓練されていき、コツが掴めてきます。

 


生き物とのコンタクトに慣れてきたら、窓の外の風景を見たり、空を仰いだり、風を感じたり、キラキラ輝く光を見つけたり、自然の美しさを素直に受け取り、心で感じてみてください。

 

鳥の声、虫の声。

雨の音。風の音。

海のさざ波。山の空気。

自然の色。輝き。光。温度。匂い。

 

自然がわずかに発するこれらのものを、サッと感じ取れる感性、美しいものを素直に美しいと感じ取れる心、そこを磨いて欲しいのです。

 

うっかりすると見落としてしまうくらい「細やかな小さな力」を使って、自然は私たちに訴えかけてきます。人間が簡単に踏み潰してしまえそうな「微細で弱々しいもの」に形を変えて、自然は私たちにメッセージを伝えているのです。

 

今までの社会は、そうした小さなメッセンジャーの存在に全く気づかず、無視し、潰して亡きものにしてきました。自然は壊され、人間の良いように使い回されてきました。

 

でも、もう自然は、そんな人間社会に対して、黙って屈することを止めたのです。

 これからは、自然も人間と対等の立場で、自然の意思を表明していくそうです。

 

 

・・・とはいえ、今までと同じく、自然は私たちにちゃんと誠実にメッセージを送ってくれます。事前に知らせてくれます。時には精霊を使ったり、「虫の知らせ」や「直感」という形を使って気づかせようとしてくれます。今も昔も変わらず、私たち人間に対して平等に誠実に接してくれて、そっと声を発しています。

 

そんな自然の声に、サッと気づくことができる人間になってください。

 

特にこの夏は、大きな変革の時なので、些細な事も聞き逃さないよう、自分の感性を磨いてほしい・・・とのことです。

人に「どうなのか?」と聞いて理解しようとするのではなく、自分の感覚で感じ取ってほしい・・・とのことでした。

 

そして、一番大事なことは、「自然が好きだ」というポーズを取るのではなくて、「自然に信頼してもらえる人間になる」ということです。

自然を制するのではなく、自然と共存共栄することです。自然が「あの人間は信じられる」と心から信頼を寄せてくれるような存在になること・・・。これが大事です。

 

これは、自然や人間以外の生き物に対してだけでなく、同じ人間同士の関係でも一緒ですよね。

基本は、人も自然も同じです。

互いにリスペクトし合うことが大事なのです。

 

◇◇◇

 

以上、私が受け取ったメッセージです。

自然と繋がっている人は、私が書いたことと同じ事を、もう既にキャッチして知っているのではないでしょうか?

私は、受け取ったことを上記の通り、自分の言葉に翻訳して説明しましたが、私の翻訳とは違う表現で感じ取った人もいらっしゃると思います。

(でも、意味や内容は大体同じですよね・笑)

 

全然ピンと来ない人、サッパリよく分からないという人は、それこそ、是非この夏は「自分を信じる」「自然と繋がる」ことに真剣に取り組んでみてください。

 

この夏は、訓練の最後のチャンスかもしれません。

以降、サバイバルに本格的に突入していきます。

楽観的に明るく生き残っていくためにも、「自分」との繋がりを強化し、私たちを導いてくれる「自然」との繋がりも大切にしていきましょうね。

f:id:mama-papa-131106:20200720165839j:plain

ネムノキの花が咲きました。