森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

これからの時代~レーネンさんに会う~

【スポンサーリンク】

 東京から戻ってきたら、こちらは桜は散って新緑の季節になっていました。

一泊二日のお出掛けなのに、行く前と行ったった後で、全く異なる風景です。

緑が美しいです。気持ちのいい爽やかな季節になりました。

◇◇◇ 

 夢を叶える  夢が叶う

 今回の東京旅は、限られた時間の中で慌ただしく出かけた旅でした。

今回の旅の目的は、世界的サイキック・チャネラーのウイリアム・レーネンさんにお会いすることでした。

私がスピリチュアルの世界に足を踏み入れるきっかけになったのは、今から10年ほど前にレーネンさんの本を読んだことからです。

たまたま図書館で見つけて、何となく気になって手に取り、そのまま借りて家に持って帰りました。

私が今までの自分の人生のなかで感じてきたこと・何となく知っていて理解していること・この不思議な感覚…等、すべてレーネンさんの本の中で語られていたのです。

レーネンさんの本によって、私は自分の中に存在していたスピリチュアルの世界に通じる扉をそっと開いたのでした。

 

あれから約10年…。

いろんなことがあり、いろんなことを体験し、様々な感情(喜怒哀楽)も受け止めて、今まで生きてきました。

レーネンさんのイベントにはいろいろ参加してきたので、今までに何度かお会いしていたのですが、今回ようやくタイミングが合い、こうして対面セッションを受けることができました。

膝が触れるくらい近い距離で、レーネンさんのエネルギーを間近に感じながら、直に私のことを話を話してくださり、とても幸せなひとときでした。

 

◇◇◇

 

レーネンさんは、あいさつを交わして席についた直後から、まるで私の何もかもを全て知り尽くしているかのように、「私のこと」を全部語ってくださいました。

もうビックリです。

私しか知らないことまで、全部お見通しでした(汗)。

 でも、ここまでクリアにきちんと「私」のことを明からにしてくださり、また感じたままの「私のこと」を真っ直ぐに正直に語ってくださるレーネンさんの誠実さに、私は心から感動したのでした。

教えていただいたこと、アドバイス、その他いろいろ…。

抱えきれないほどのたくさんの情報をいただきました。

また惜しみない愛のエールもいただき、私は「新しい気持ち」になって、セッション会場を後にしたのでした。 その後も、セッションの感動は心に響き続けています。

 レーネンさんから教えてもらったことについて、セッションが済んで数日たった後に、「あっ!」と気づいて正しく理解できたこともあります。

セッションが終わっても、ずっと心に余韻が残り、また新たに気づくことが出てきます。

以前の私では、いただいた情報を生かし切れなかったかもしれません、今のこのタイミングでセッションを受けることができて本当に良かったな・・・と思いました。

 

◇◇◇

 

思えば、2月にマックス・コッパさんの対面セッションを受け、3月にはリザベスさんのヒーリング・ワークショップと対面セッションを受け、そして4月はウイリアム・レーネンさんの対面セッション…。この2018年は、すごい方々に毎月会いに出かけました。

これは私にとって大きなチャレンジでした。

だって毎月なんて今までの私では絶対にあり得ないことです。

でも、私の心が「会いたい!お会いしてお話を聞きたい!」と強く願ったのです。

だから、「自分の心」の願いを叶えてあげる気持ちで、勇気を出して申し込みました。

今は、勇気を出して「私の気持ち」に応えて行動し、「私の夢」を全部叶えてくれた『自分自身』に感謝しています。

今回のレーネンさんのセッションで、私のこれからについて、全てを総括してもらったような感じでした。

 

◇◇◇ 

 

 これからの時代

 今は水瓶座の時代です。

 自由と平等、そして調和の時代です。

 皆さんも何かに縛られることなく、心に思うことを自由に行動に移して、自分の夢を叶えてください。

 私も、「我慢して諦める」という魚座の時代のあり方ではなく、「行動して叶える」という水瓶座のあり方を実践して生きていこうと思います。

その方が、きっと楽に生きられると感じます。

私も、これからは家への縛り(呪縛?)を解き放ち、アース・ウィーヴァーとして私のエネルギーを求めている場所へ自由に旅して、新しい時代のあり方に関する情報を人々にシェアし、導かれて、自分の人生を豊かに充実させていきたいと思います。

 

f:id:mama-papa-131106:20180428130632j:plain

レーネンさん

そして私が心から尊敬するマスターへ

心から感謝します。

ありがとうございました。

 

新しく生まれ変わりました。

そんな気分です。