森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

思考の枠を越えて見つめる『男性性と女性性』

【スポンサーリンク】

 自分には信じられないことや、全く頭になかったことでも、もしも、そのトピックについて何か情報を得たら、「今まで知らなかったけど、そういう世界も存在するんだな」と、その世界に通じる心の扉を開けておくことです。

 知らない世界に繋がる扉を閉じたままでは、せっかくのチャンス(あなたな意識を拡大するチャンス)を失うことになり、もったいないです。

 人間は皆、自分の脳が理解できる範囲の世界で、小さく生きています。今、自分が認識している世界は、あなたの脳が作った仮想世界でもあります。思考の枠を取っ払い、脳の認識を越えた世界に、もっと触れてください。

 思い込み、こだわり、決めつけ、執着、感情のループ、記憶の縛り…等々。これらは全て脳が作り出した錯覚です。

また、親から刷り込まれた価値観、世間の常識、土地の風習、おきて、約束事、等々。

これらも、人を精神的に拘束することになりやすいです。

時代に合わなくなったことは、『不易と流行』で取捨選択や断捨離、改革、改善が必要です。それをしないまま、人を征服したり、人を支配したり、人に干渉したり、自分の私欲を満たすためにその欲を正当化するための口実として、特定の価値観や風習などか利用されているとしたら、もうそれは切り捨てて放棄することが必要です。

時代に合わないものは、もう手放さなくてはいけません。

自分達を縛り付けるものから自由になることが、これから大切になります。

もっと心をオープンにしましょう。

今後は、古い体制や昔の価値観は、エネルギー的に時代に反するものになっていくと思います。

◇◇◇ 

ちなみに、今のこのタイミングで「セクハラ問題」(Me Too)が露出してきたのも、 男性性&女性性に関する人々の認識をアップデートする必要があるから、それで問題部分が表沙汰になり露見しているのです。

支配と服従という代々社会から刷り込まれてきた古い人間関係のスタイルが、もうこれからは機能しなくなることを意味しています。

今は、まだ古い過去の価値観に縛られている人が多いため、被害を受けた弱者を責めて、支配と服従のバランスを保とうとする傾向がありますが、これからは、力をもって相手を支配しようとする加害者側の野蛮さ(男性性・女性性への認識の歪み)が問題視されるようになっていくと思います。

パワハラや虐待、DVも同じです。その他、家族に対する認識も変化していくでしょう。

女性たちも、支配と服従という古いスタイルの世界で生き抜くために、服従側の思考を刷り込まれて植え付けられてきましたが、もうそういうものから脱して、自分のなかに「健全な男性性・女性性」を確立して欲しいなと思います。

男性も然りです。

もう、誰かを征服し支配することが男らしさの象徴という時代は終わったのです。もう人目を気にしないで自分の魂が欲するままに、自由に自分らしく生きて欲しいと思います。

あなたの中にある「思考の枠」「認識の枠」を越えてください。

越えて、新しい世界の価値観をインストールしてくださいね。