森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

「今までの自分」のままで居ることは、もうできないのです

【スポンサーリンク】

お盆休みが終わり、またいつもの毎日が始まりましたね。

ちなみに我が家の今年のお盆は、コロナの関係で親戚の往来がなく、落ち着いた静かなお盆でした。来客の心配が無かった分、自分たちのペースでお墓参りもできたし、身内だけで気楽にのんびり過ごすことができました。

こんな8月15日も良いものだなぁ・・・と思いました。

日本の伝統的なことも、コロナによって少しずつ形が変わっていくのを感じます。

来年のお盆はどうなっているのでしょう?

もしかしたら、今までと全く異なるスタイルに変化しているかもしれませんね。

 

◇◇◇

 

私事だけど、実は8月に入ってから急に、いろいろな人と会う機会が増えて、バタバタと忙しくなりました。

いつもは家で引きこもりのように過ごしているのに、8月になって以降、毎日、家族以外の誰かと会っています。

家の壊れた機械を修理するために来て下さった業者さんとか、今年度から私が新しくお受けした地域の役職の関係者さんとか、最近ご無沙汰していた知人、ご近所の人たち・・・等。

電話で話す機会も増えて、毎日必ず誰かと会話をしています。

 

コロナ禍から始まって先月の7末までは、私も気分が滅入っていたので、外出も人との交流も控えていました。特に梅雨だった6月から7月は、日照時間も少なかったし、メンタルが落ちて鬱々していたので、人との交流をする気力も沸かなかったのですよ。

 

でも、梅雨開けして夏になり、鬱々を乗り越えたら、「オープンになってどんどん人と会おう」という気持ちになりました。

スパッと開いた感じがしたのです。

そうしたら、8月以降、毎日いろんな人と会うようになりました。

今月会った人は、以前からの知り合いもいれば、今回新しく出会った人もいます。

多種多様で本当に面白いです。

以前の私なら、「面倒臭いなぁ」と感じていたかもしれませんが、今は人と会うことが楽しくて面白いです。

これも、エネルギーの循環なんだと思います。

これは多分「エナジー・ウィービング」ですよね。

私のエネルギーを人に渡して、私もその人からエネルギーを受け取る・・・。まさにエナジー・ウィービングです。

 

◇◇◇

 

昔の私は人見知りで、人と会うのが億劫でした。どちらかというと、人と会うのは面倒臭く感じられて、正直、嫌でした。

どうして嫌だったのか・・・というと、人と会うことに絶望していたんだと思います。

私の周囲は、私からエネルギーを抜き取る人ばかりで、人に会う度に、私はエネルギーを消耗していました。会うだけで、クタクタに疲れてしまうのです。

表向き「良い人」であっても、本性は自己憐憫の塊だったり、過去の記憶からくる「怒り」でハラワタが真っ黒に汚れていたり、見た目では分からないけど、隠れたところで「非常にバランスが悪い」という人が多かったのですよ。

そういう人が一人でもいると、水が高い所から低いところへ流れていくように、私のエネルギーが自然とそういう人たちの方へ流れていきます。高いところから低いところへ落ちていき、高低差を亡くすことで、その場のバランスを整えるのです。

言い方を変えれば、「彼らは、自分の足りない分を、私から抜き取っていく」とも言えます。

 

私はもともとエネルギーは強い方なので、盗られてもまた自然に満ちていくから大丈夫だけど、それでも結構しんどいです。また、私の気持ちが「裏切られた」みたいな気分になり、搾取される状態に怒りや悲しもを感じることもありました。

 

私からエネルギーを抜く相手は、穏やかそうな性格でお金や暮らしも豊かそうであっても、エネルギーに関しては本当にケチです。自分のエネルギーを人に回そうとはしません。お金のケチと同じで、エネルギーのケチ。

人間のエネルギーは、その人の魂から身体の外へと自然に溢れだしていきます。溢れ出たエネルギーは、その場を満たしたり、清めたり、癒やしたりします。

ところが、このタイプの人たちは、魂から溢れ出すエネルギーに、ネガティブな感情エネルギーが添付されていて、うっかり取り込んじゃうと、病気になったり心がネガティブに陥って辛くなったり、良いことがありません、だから、私はシャットアウトします。とてもシェアし合えるエネルギーじゃないのですよ。もらわない方が良いと感じる・・・とても使えないエネルギーなのです。

 

でも、人と会う場合、お互いが居る場をエネルギーが流れるように潤滑にしていくことは必要で、そのため私が、相手とコミュニケーションが良い感じに成立するよう、私のエネルギーを相手との間に流していくようにしています。

ところが、相手はエネルギー的にカラカラに干せていて足りないくらいだから、私のエネルギーで場が満たされていくと、今度は、自分用に私のエネルギーを吸収していくのです。

そうなると、私は一人でエネルギーを供出しているので本当に大変です。その場を私のエネルギーで満たして潤するだけでなく、目の前の相手にもエネルギーを与えてあげなくてはいけないからです。

 

私のエネルギーに触れると、とても心地よいみたいで(汗)、相手は心身が潤って楽になるから、その勢いでどんどん吸い取っていきます。

 

こうして、人に会うと、エネルギーの循環どころか、奪われることが多くて、私は疲労&摩耗していきました。

 そういうことがずっと続き、人と会うのが面倒で嫌になったのです。

 

「私は、あなたよりすごい存在なのよ✨」と自負している御仁でも、私の目の前で堂々と「魂の未熟さ」を剥き出し、私からエネルギーを抜き取っていったこともあり、その時は本当に「ブルータス、おまえもか・・・」と言いたくなるほど(汗)悲しい気持ちになりました。

 

こんな調子で、私の周囲はそんな人ばかりで、ほんの数ヶ月前までは「世界中どこもかしこも、こういう人ばかりなんだ」と諦めていたのですよ。

 

でも、コロナで引きこもりながら自分自身を見つめ直し、鬱々して苦しかった時期を乗り越えて、強く成長した新しい自分として「自分のエネルギーを世界にシェアしていこう」・・・と思いました。

 

◇◇◇

 

 そう思うようになったのは、ウイリアム・レーネンさんのお陰です。

この春にレーネンさんのワークショップにオンラインで参加し、たくさんのことを学びました。

今までも毎回、レーネンさんの日本でのイベントに参加していて、学びを深めてきましたが、今回は今まで以上により実践的でパワフルでした。それだけ地球の状況がより深刻なんだと感じました。

 

この本、早速購入して読みました。

 

 読み進めながら、「私に出来ることは何だろうか?」と考えたとき、私のエネルギーを多くの人にシェアすることだ・・・と気づきました。

相手がどうであれ、そんなことは関係なく、私は宇宙からエネルギーを受け取り、それを淡々と周囲に広げていけばいいのです。

相手のエネルギーにこだわっていた自分を卒業して、新しく生まれ変わらなくては・・・と思いました。

そして、純真に宇宙のお手伝いをして生きていこう・・・と思いました。

 

◇◇◇

 

そう自分の意識を変えて・・・の、この8月。

いろんな人と会うようになり、とても楽しいです。

人間関係についても、自分に合わない人&自分には必要ない人と無理して付き合うことは止めました。もう終わったと感じる関係は、私の中でそっと断捨離しました。

そうしたら、不思議なことに、私と対等のエネルギーを放ち、安心してエネルギーの交換ができる人と出会ったり、また、今まで会ったことがないとてもユニークなエネルギーの人と出会ったり、過去に出会った人がどんどん成長して大きく変わっていたり・・・等。

嬉しい変化も、たくさん体験しています。

 

もう過去のままでは居られない、新しく皆が変わらなきゃいけないのだなぁ・・・と感じて居ます。

コロナのお陰で、社会も人も良い方へ変化した・・・と後々思えるように、今できることにコツコツ取り組んでいきたいと思います。

 

f:id:mama-papa-131106:20200818150526j:plain

ここにカエルがいるの、わかりますか?公園で撮った写真です。最近、カエルにたくさん遭遇します。カエルは好きなので嬉しいです。