森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

2019年が始まりました

【スポンサーリンク】

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2019年がスタートしました。年末年始いかがお過ごしだったでしょうか?

こちらは例年より雪が少ない(降らない?)年末年始で、雪かきや雪下ろしの心配をしなくても良く、割と温かくて穏やかな三が日を過ごしました。

 ちなみに今年は、昨年以上にいろんなことが起きる一年になりそうです。いろんな場面で「覚悟を決める」ことが求められると思います。詳しくはこちらのブログに書いていますので、読んでみてください♡↓ 
brightness66.jimdo.com

「今までと同じ」ということは、これからは「あり得ない」・・・。そんな変化著しい一年になると感じます。特に今年は、家族や親子、パートナーを含めた「人間関係」全般について、深く見つめ直すことが必要になると思います。そして「お金」も今年の大事な項目の一つになります。お金の概念が更に進化して大きく変化すると感じます。今もうすでにキャッシュレスや電子マネーなど紙幣や貨幣を使わないお金のやりとりが増えていますが、この辺りも、既存の古い概念とは異なる新しい流れへ、人々の意識がどんどん変化していきますので、この新しい流れに乗り遅れないよう、今のうちに「お金」の勉強をしておいてくださいね。

どちらにしても、もう昔には戻れないということです。過去に戻れないんだ・・・ということを、まず覚悟してください。そして、これから押し寄せてくる新しい流れを拒否しないでちゃんと受け止める覚悟ももってください。昨年は人々の感情を揺さぶるような出来事が次々と起きましたが、それで随分「耐性」がつき「免疫」がつき「対処能力」が身につき、「根性」が備わって、一昨年よりも精神的にたくましく強くなったと思います。また昨年は、いろんな出来事を通して「古い過去の感情や記憶」が心に蘇り、それらとじっくりと向き合いながら過去の古傷を癒やし続けていった一年、また、昔できなかったことを「今」やって精算し手放していった一年。そんな2018年だったと思います。こうして過去のドロドロ(記憶や感情)を整理し断捨離しスッキリしたところで、いよいよ今年2019年に突入です。昨年の取り組みで心が軽くなった分、今年は自分の判断で選択し、自分で決断し、自分で決めたことを行動・実行する・・・。そんな覚悟の一年にして欲しいと思います。そうです。何をするにも「覚悟」ですよ~。生半可な甘っちょろい覚悟じゃ無くて、もっと真剣な覚悟です。どんなことも現実的にキッチリ対処していくことを心がけていきましょう。

  • もう、他人の感情に引きずられないようにしてください。
  • もう、他人の意見に流されないようにしてください。
  • もう、他人の言動を見て自分の心を揺れ動かさないでください。
  • もう、他人を監視して感情移入することを辞めてください。

これからは、自分のことは自分で責任を持って決める。そして判断して行動する。それを自分の意思で行ってくださいね。人は人。自分は自分です。人の意見に流されるのでは無く、自分の意見をしっかり確立して生きてくださいね。そして他人の意見にも耳を傾け、他人の判断や決断を尊重していきましょう。

キーワードは「正直さ」

自分に正直になってくださいね。今年は以前にまして「正直に生きる」ということが大事です。「建前」や「良い人仮面」はもう通用しません。建前を使い分けて良い人ぶっていると、どんどん「本当の自分」から離れて遠くなっていき、自分自身が苦しくなっていくでしょう。裏も表もない「正直な自分」でスッキリと潔く生きていくことを心がけてください。正直さは高次のエネルギーを生きることに通じます。自分に嘘をつかせないでください。自分のために、そして他人を裏切らないために、「本当の自分」を正直に出してくださいね。そして正直なコミュニケーションを意識してください。計算も計らいも一切無い「正直さ」が、あなたの身を助けてくれるはずです。正直さを発揮するときも、やはり「覚悟」をもって嘘のない自分を出してくださいね。

私が年末年始に読んだ本

『すべては魂の約束ー親子、夫婦、友人、自分自身ー本当に幸せな関係を築くために』

山川紘矢・山川亜希子 (聞き手)磯崎ひとみ 

山川夫妻の最新本です。対談形式なのでとても読みやすいです。日本のスピリチュアル界のパイオニア的存在のご夫婦ですが、今に至るまで数々の体験を経て、自分と向き合ってこられたそうで、その中身を赤裸々に語ってくださっています。親子関係・夫婦関係のスピリチュアル的意味や友だち関係&ソウルメイトについて、自分のこと、チャネリングのこと等が、分かりやすく解説されています。とても勇気づけられる一冊です。 

『精霊の囁き 30年の心の旅で見つけたもの』

山川紘矢・山川亜希子

 

 奥様である亜希子さんが書かれていて、章の合間にご主人の紘矢さんが書き足していく・・・という形の、山川ご夫婦のこれまでの人生の歩みを綴った本です。いきなり大きな存在になられたのでは無く、いろんな体験を通して少しずつ気づき、学び、実践し、成長していく・・・その様子がリアルに伝わり、精霊を心から信じ真摯に人生と向き合ってこられた姿に胸が打たれます。

 ☆どちらの本も、昨年末にふと気になったのでAmazonで購入し、この年末年始にイッキ読みしました。今年のスタート時にこの本を読んで大正解☆良かった~と思いました。パートナーと共に霊的に成長していくことの困難さを感じている人へ、是非お勧めしたいです。私にとっては親世代の山川夫妻だからこそ、人生を達観されたところも感じられて、すごく励まされ気持ちが明るくなりました。