森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

繋がりを断ち切るときの心得

【スポンサーリンク】

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

◇◇◇

 

何か行動を起こすとき、何を原動力としていますか?

 

スピリチュアルにはまっている人の中には「ワクワク感」とか「興味関心」を原動力にして、始めの一歩を踏み出している・・・という人が多いと思います。

何か新しいことや、明るい未来を期待するような事なら、自分のハートで感じる「ワクワク」や「興味関心」をもとに、その世界に足を踏み入れ、新しい体験をしてみる・・・。これは最近はよく聞くことで、皆さんも普段から心掛けてそうしていると思います。

 

でも、そうじゃなくて、

  • もうここから立ち去りたいとき
  • ある人と別れたいとき
  • 繋がりを断ち切りたいとき
  • もう手放したいとき

・・・等。今まで自分が大事に掴んできたものに見切りを付けて、スッパリ切り離したいときに、「ネガティブな感情」を原動力にすることが結構多いです。

 

どういうことかと言いますと・・・。

・仕事を辞めたい時、職場の悪いところをたくさん並べて、「この職場が酷いから、私はここを出ていきたい!」と、職場への怒りや恨み辛みを、退職の原動力にする。

・ある人と別れるのに、その人の欠点や短所をたくさん挙げて「だから私はこの人と一緒には居られない!」と、相手への怒りや不満を、別離ためのエネルギー源にする。

・今まで住んでいた場所を出て引っ越すのに、その場所の気に入らないところやご近所の人の悪い部分をいくつも挙げて、「この場所のエネルギーは私には合わない、この町が嫌いだ!」と、その土地に対する怒りや嫌悪感を、その地を去るための原動力にする。

・・・云々。

こんな感じで、ある人との縁を切ったり、その場所が立ち去って出て行くのに、いちいち「相手が悪い」というストーリーを作って、相手に対して怒りや不満のエネルギーを煮えたぎらせないと何もできない…。そんな人が結構多いんですよ(汗)。

 

こういう人は、立ち去る前に周囲の人達に、「あの人がこんなんで嫌だった」「あの土地のエネルギーが良くない」…云々と悪口を言いふらします。

こうして、仲間を募るんです。

自分の不快感に共感してくれて自分に賛同して味方になってくれる仲間を集めて、自分の周りに置き、その人達を盾にしてじぶんを正当化し、自分が立ち去ることを「負け」にしないよう、変なところでムキになって頑張るんですよね(汗)

 

でも、私が思うに、相手がどうこう、場所がどうとう、職場がどうこう・・・と、自分が感じたことを人に説明する必要はなくて、自分が「ここは合わない」と感じたのなら、そのままスーと離れていけばいいんです。

 

だって、自分が嫌だと感じた場所を、「ここが好きだ」と愛着を感じている人も世の中にはたくさん居ます。

また、自分が不快に感じる相手でも、その人のことを必要とする人が世の中にはちゃんと存在します。

だから、自分の主観で人を裁いたり、場所や土地を貶して非難したり、自分上げ&相手下げで、相手を下に落として自分を正当化する等、云々。これは、私はやっちゃいけないことだと思います。

 

自分には合わなくても、他人には合うってことが沢山あります。

また、自分が好きなモノを他人も好きとは限りません。

ここは「自由」なんですよね。

 

だから、ある人との繋がりを断ち切ったり、ある場所から立ち去るとき、「飛ぶ鳥跡を濁さず」で、自分のネガティブな感情の汚泥を周囲に撒き散らさないでくださいね。

立ち去る相手や場所のことを、自分の主観で汚さないように・・・。そのままその場から立ち去って、次のところに移ってください。

立ち去るとき一切カルマを作らず、清い自分のまま、新天地で心機一転し、新生活をスタートさせてください。

 

◇◇

 

これ↑、今年の課題だって人が多いんじゃないかなぁ。

コロナ禍だから、余計に人との出会いと別れ&人間関係の断捨離や新しい世界の人達との繋がり等、新旧交代が一層激しくなると思います。

だからこそ、意識してみてください。

断ち切るとき、手放すとき、相手をこき下ろしていませんか?

今年はそうじゃなく、感謝の気持ちで別れるように心掛けてみてください。

感謝の心で、自分のことも相手のことも愛をもって祝福してくださいね。

f:id:mama-papa-131106:20210105155749j:plain

年末年始の寒波で、この辺りも雪景色になりました。