森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

これから始まる長い旅へ

【スポンサーリンク】

お久しぶりでございます。

前回の記事は11月18日なので、もう10日間もご無沙汰していたのですね(汗)。

実はこの間、プライベートでいろいろなことがあって、めまぐるしく毎日を過ごしていました。書くためのエネルギーと時間を、自分の目の前で起きていること&自分が体験していることへの対処に全て当てていました。

こうして慌ただしく過ごしていてハッと気づいたら、もう10日も経っていた・・・という訳です。

そんな中でも、とりあえずnoteだけは毎日続けようと頑張っていたので、どんなに忙しくても、とりあえず時間を作ってスマホでチャッチャッと書いてアップしていました。私にとってnoteは、今や日記的存在です。(←続けるとご褒美に「メダル」がもらえるのが嬉しい。子供みたいな動機です・笑)

またこのブログが途絶えたら、noteで私の生存確認をしてくださいね(笑)。

ちなみに、このはてなブログは「しっかり書く」用にしているので、パソコンの前に座ってじっくり書く時間ができるまで、開くことがなかなかできませんでした。

今振り返ってみても、ホントいろいろありすぎて、超ハードな怒濤のような10日間でした(汗)。

でも、この10日間を通り抜けたら、今までとは違う自分に生まれ変わったみたいです。

そして昨日の新月。このタイミングで新月を迎えられたことも、私にとってはターニングポイントになりました。

今は私個人のことだけでなく、地球規模で「世界」も大きく変化している時です。

一人の変容が、世界を変える力となる時代です・・・。私一人の小さな変容も、世界に何かの影響を与えているとしたら、なんだかワクワクしてきます。

これから私自身も大きく変化していくのでしょうが、きっと私を取り巻く世界も、今後はどんどん変化していくのだろうな・・・と思いました。

 ◇◇◇

 今までは、「世の中を変える」というと、社会の仕組み制度様々なシステム、形式、スタイルを変えていくこと・・・というイメージでしたが、こうした外側を変える(形や器を変える)ことだけではなく、今後はもっと深い部分の変革と変容(人の意識や認識、概念など、人の内面を変える)ことへ、更に突き進んでいくのだろうな・・・と感じます。

人の生き方に関すること(生死観や人生観)、他人に対する認識や関わり方など・・・等。

今までの概念で「これが思いやりの行動だ」と信じられてきたことが、今後は「それはお節介&干渉であり、思いやりでも優しさでもない。単に自分のエゴを他人に押しつけて自己満足しているだけだ。」という認識に変わったり、「優しさ」「思いやり」の定義が新しく刷新されていき、新しい時代の「優しさ」「思いやり」が認識され、人々の意識に浸透していったり・・・等。

 人々の内面に関することも、これから大きく変化し進化していくと思います。

もちろん、まだ古い時代の価値観や感覚に縛られている人たちも多く、新しい時代のエネルギーの影響を受けて、自分自身の心の中や他人との関わりの中で、今までに無い「摩擦」や「葛藤」をたくさん体験するかもしれません。

でも、「新しい時代のエネルギーを生きる」と心に決めた人たちは、相手への忖度や同情や依存や義理立て・・・という観念を断ち切って、正直に「自分の本当の気持ち」(=自分の真実)を、堂々と勇気を持って語るようになると思います。

こうして正直に自分らしく生きると決意した人々の口から「真実」が語られ、個々の真実に基づいた行動がなされることになり、そこから真実のエネルギーが生み出され、世界を駆け巡るのです。

真実のエネルギーは、世界を覆ってきた「嘘」と「偏見」と「支配」の壁に亀裂を走らせ、壁を打ち壊し、壁の内側の世界に新しい風を吹き込むのです。

どんどん世界は変化しています。もう壁は必要ない時代なのです。

形を壊すだけでなく、人々の心の中も大きく根こそぎ変えていかなくてはいけません。

今まで信じてきたものを、もう一度客観的に見直してみる必要があるし、自分はこれで良いと思ってきたものも、魂に問うてみたら「自分の魂が意図しているものとは全く違う」ものかもしれません。

感覚を研ぎ澄ませて、「これでいいのか?」「本当の心地よさとは何か?」「自分の魂が求めていたものは何か?」に気づかなくてはいけません。

昨日の新月を受けて、これから年末にかけて、どんどんエネルギーが強くなり、更に年が明けたら更に加速していきます。

もう元には戻れないのです。先へ進むしかありません。誰しも「変化」を受け入れる覚悟を持たなくてはいけません。

これからますます変化・変容していきます。

変化を恐れず、過去に縛られず、新しい生き方を実践する勇気を持ち、自由と平等を楽しんで受け取る。リスクや闇を恐れないで、ただただ光に向かっていくのです。

f:id:mama-papa-131106:20191128164040j:plain

旅先で拾った葉っぱ。持ち帰ったこの葉っぱを使って、アースウィービングの儀式をしました。