森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

どんどん動いて、新しいエネルギーを生み出しましょう

【スポンサーリンク】

3月も第2週に入り、最近ますます春めいて、温かくなってきましたね~。

今までは寒くて身体が縮こまっていましたが、これから気温が上がるに従って、どんどん動いて活動的になりましょう。

人間は生きているだけで、ものすごく強大なエネルギーを放っているのですが(だから、良くも悪くもお互いに影響を与え合っているのです)、フレッシュでポジティブなエネルギーを新たに生み出そうと思うのなら、身体を動かすことはとても有効です。

身体を動かすことで、エネルギーが生まれます。古いエネルギーを沈殿させるのではなく、新しいエネルギーを常に生み出して、周囲に循環していくことが大事です。

動くのは、たとえば歩いてもいいし、走ってもいいです。筋肉を動かす運動でもOKですし、徒歩での移動もOKです。

家の中にいても、たとえば掃除しながら動き回るのも良いことです。外で庭の手入れをすることも良いです。

身体を動かすお仕事の人は、まさにバッチリです。仕事を通して自分の身体をどんどん動かしましょう。

どんな動きであれ、動くときは、自分の筋肉や関節がしっかり動いているかどうかを意識してみてくださいね。腕を延ばしたり、背筋を伸ばしたり、メリハリを付けてキビキビ動いてみてください。

長い時間座ったまま手先だけを動かす仕事の場合は、時々手を休めて休憩して全身を動かすと良いです。じっとしている間に、身体に停滞して固まってしまったエネルギーが、身体を動かすことで固さがほぐれて動き始めます。ストレッチをしたり、少し歩いてみたり、身体のあちこちをグルグル回してみたり・・・等々。仕事中とは異なる動きをしてみてくださいね。

◇◇

身体を動かしている時は、無心でいることが多いと思います。

スポーツや運動をしている時、集中して取り組んでいると、頭が空っぽになって夢中になり、時が経つのも忘れていた・・・なんてことがあると思います。

また、仕事や作業中でも、集中して取り組んでいる時は、何も考えず心を空っぽにして「無心」で取り組んでいる場合が多いと思います。

※ここでの「無心」は仏教で言う「無心」=「一切の妄念から解放された心」のことを指します。

こういうときは、自分自身もその場も浄化されています。無心になって取り組んだ後に心身共にスッキリするのは、心を空っぽにした時間を過ごすことにより浄化がすすんだからです。

その場に居る人間の心が、ネガティブな感情や邪念に染まっていなくて、純真に「空(くう)」の状態を保っている時、その人が発するエネルギーはとても清浄です。空の心から発せられる人間のエネルギーは、その人自身の肉体だけでなく、その場のエネルギーをも浄化します。

だから私も、なるべく何も考えず、頭の中を「空」にして過ごし、心も空っぽにして存在するように心がけています。

欲もなく、我も無く、エゴも無く、真っさらな清々しい心で居続けると、自分が自然と放つエネルギーが清らかになり、自分もとても心地よいし、周囲にも清々しいエネルギーを放って良い影響を与えていくので、私はいつも自分の心を清浄に保つよう日々取り組んでいます。

しかし、私たちは人間ですので、何かあれば簡単に気持ちが動きます。

嫌なことやショックなことがあれば、すぐに感情が揺さぶられます。

ネガティブな感情は、些細なことをきっかけにいとも簡単に沸いてきて、なかなか消えてくれません。心に濃墨を一滴落としたように、気持ちを黒く染めてしまいます。

更に、ネガティブで傷ついた経験は、その時味わった感情とともに「記憶」となって脳に深く刻み込まれるときもあります。簡単に消えてくれなくて、なかなかしつこいです。

でも、感情的に激しく揺り動かされたとしても、すぐに元の穏やかな心に戻ること。これがとても大事なのですよ~。

池に石を投げたとき、水面が揺れて波紋が広がりザワザワしますが、時間の経過と共に、だんだん元の静かな池に戻っていくでしょう?あんな感じで、なるべく早く自分の心を元に戻すことです。

常に美しい池で在り続けるように、「心の手入れ」をして、きれいな心を維持していくことが大切です。そう、「心」もきめ細かい手入れが必要なのですよ。

 

◇◇

これは逆を言えば、ネガティブで暗い心のまま生きていると、ネガティブなエネルギーを自然と周囲に発してしまう・・・ということです。

心は放置していれば、すぐに荒れていきます。手入れができていなくて放ったままでいれば、どんどん汚れていきます。心に汚れがたまりすぎると、更に醜く荒れていきます。荒れた状態が当たり前になると、発するエネルギーもどんどんネガティブになって周囲にネガティブな影響を与えるようになります。

人は言葉や態度に出さなくても、どんな心の状態かで、周囲に様々な影響を与えていきます。何気なく発した言葉や態度に、その人の心の状態が添付されていくのです。

そして、更に怖いのは、自分が放つエネルギーと似たもの・同じ質のものを、自分に引き寄せてしまうことです。自分から気づいてネガティブなエネルギーを断ち切ろうとするまで、「早く気づけよ」と言わんばかりに、どんどん同質のものを引き寄せて(吸着して)いきます。

ちなみに、ネガティブなものを引き寄せすぎると、自分のエネルギーがますます強張り重苦しくなって、もっと動けなくなるんですよね(汗)。悪循環に陥ります。

ですので、自分の周りを見れば、自分がどういうエネルギーを放っているかがだいたいわかる・・・と言うわけです。

 

◇◇

 

自分が管理できるのは、「自分の心」のみです。

他人の気持ちを管理したりコントロールすることはできません。

他人を責めたり怒る前に、自分の心の状態に早く気づき、自分の心を何とかすることに意識を向けることが大事です。

 

 

◇◇

 

そのためにも、運動。身体を動かすこと。・・・心がけてみて下さい。

身体を動くことで、自分の中で滞っていたエネルギーに動きが出てきます。

動くことで、新しいエネルギーが生み出され、自分を浄化し、自分がいる所も浄化します。

新しいエネルギーを自分が発するようになると、周囲も変化していきます。また、自分自身の意識も変化していきます。自分の心の持ち方が変わっていくのです。すると、新しいことに気づける感性が育っていきます。今まで見逃していたことにハッと気づけるようになります。自分のことが客観的に見えてきます。新しいことにチャレンジしたくなります。エネルギー動き出すと、身体の固さや強張りが解けていき、楽に動けるようになり、動くことが楽しくなります。

こうして、全てにおいて「新しい動き」が生まれ、自分の「現在」や「未来」も新しい流れに向かって動き始めるのです。

 ◇◇

この1年、社会全体がコロナで停滞していたので、社会全般も、また個人でも、いつも以上にエネルギーが硬直していたと思います。でも、今年の春のエネルギーは、新しいことにチャレンジして、ドンドン自分の殻を破る方向へと私たちを押し出してくれるようです。

ですので、この流れに逆らわず、素直に乗っかっていきましょう。

どんどん身体を動かしてください。今までできなかったことにチャレンジして、新しい動きを自分に与えて下さいね。

f:id:mama-papa-131106:20210308163841j:plain

雪が溶けた公園にて。可愛い花がひょっこり顔を覗かせていました。