森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

大地も浄化を求めている

 

最近、週末になると、私はいろんな所に出かけています。

と言っても、そんなに遠い所ではなくて近場ばかりですが、それでも、ちょっとした気分転換になっています。

行く先々て感じることは、旅の目的もスタイルもコロナ前とは大きく異なり、どんどん変わっていくだろうなぁ…ということです。

よくある観光地を巡るのも良いですが、その土地のエネルギーを感じたり、自分のエネルギーを土地にシェアしたり、互いに循環し合うことが目的の旅になっていくだろうと思います。

 


人がどんどん進化成長していくように、今は大地も浄化が必要です。

土地自体が、浄化をすごく求めているのです。それをすごく感じます。

 

人間が長く住んできた土地は特に、人間が吐き出してきたエネルギーが堆積しているので、そこを一掃して浄化することが必要みたいです。

土地も、過去を手放して新しいステージに入ろうとしています。

そのため、今までは、もうこれ以上荒らされないために「人払い」をしていた土地にも、浄化のために「光」を呼び込もうとする動きが出ています。

 

人間が長い年月をかけて吐き出してきたネガティブなエネルギー。それが染みついている土地を浄化し、過去のエネルギーを一掃して、新しい時代に向けてその土地を新しく 作り直していく…という動きです。

 

それで地震や洪水など、いろんなことが起きています。

これも浄化のためのものです。

 

また、大地の浄化のために、その土地に呼ばれていく人もいます。

浄化が必要な場所は、ちょっと暗くて怖い感じがしますが、呼ばれていく場合は、恐れず怖がらず、明るい気持ちでその地に足を踏み入れてみて下さい。

 

少し前までのスピリチュアルだと、 そういう場所に行くと、何かにとり憑かれるとか、災難が起きるとか、いろいろ言われてきましたが、それは「人払い」が必要だった時代の話です。

 

その土地に求められている人は、そこに自然と導かれていきます。

その時は、運か悪いとか思わないで、素直に招待を受けてください。

御利益とか縁起など一切期待しないで、純真な気持ちでただ訪れてみてください。

そこで、何か特別なことをする必要ありません。

素直な気持ちで、明るい心で、その場所に敬意を払って、訪れてください。

あなたの普段の在り方や生き方が、その土地を浄化するのです。

その場所から何かを得ようとか感じようとか、そんなことは一切思わないでください。

ただそこに行くだけで良いのです。

その土地を訪れて、エネルギー的に何かが欠けている・足りない…と感じたら、その場所に祈りを捧げてください。

それだけで良いです。

 

 

少し前に、「パワースポットからエネルギーをもらう」という考え方が流行りましたが、それはもう古いです。昔の思考です。

 

パワースポットとは、人間がそう名付けただけであり、聖地は万能ではないのです。エネルギーを奪い取る者が殺到すれば、聖なる土地のエネルギーもみるみる枯渇して荒れていきます。

どんな場所であっても、エネルギーの循環が必要です。

いつまでも聖なる場所からエネルギーを抜き取り、自分の私欲に利用するという生き方は止めなくてはいけません。

 

普段から純真な心で生きている人は、どこにいても誰といても、自分のポジティブなエネルギーを放ち続けています。

訪れた場所に、自分のポジティブなエネルギーを放っていく…というあり方。エネルギーを循環していくという生き方。

それが今はとても重要です。

 

今、大地も土地も今生まれ変わろうとしています。

在り方によって自分のエネルギーを放ち、純真なエネルギーを循環できる人、土地にポジティブな影響を与えていける人を、今、地球は求めています。

 

お金儲けや虚栄心を満たすための行動ではなく、素直な気持ちで「自分にとっての心地よさ」をただ純真に求めて生きていける人がポイントです。

人に感情移入しないで、自分のより良き理解者になり、自分を大事にしてください。

 

 

これからは、土地も大地も必要に応じて変化をしていきます。

もう人間に制圧されることはありません。

人間の存在を恐れて隠していたエリアも、もう人間を恐れず、オープンになろうとしています。エネルギーを循環させていく方向に動き始めています。

どうか地球にとって必要な人になってください。

エネルギーを循環させ、ただそこに居るだけでその場所を浄化する…そんな「心」をもって下さい。

 

f:id:mama-papa-131106:20211221165215p:plain