森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

健康管理の心得~身体のメンテや治療も大切な人生経験~

【スポンサーリンク】

f:id:mama-papa-131106:20190204175632j:plain

最近はまっているお茶です♡

この写真のお茶については、noteで紹介しています。

生姜入りのお茶にはまる|Emiko|note


ずっとコーヒー派だったのですが、最近はノンカフェインのお茶をよく飲んでいます。

 冬になると、空気が乾燥しているので、なるべくたくさん水分を摂った方が良いと感じ、白湯の他に、こうした温かいお茶もこまめに飲むようにしています。

とくに暖房が効いた部屋の中にいるときは、気をつけていないと、身体の外も内も干せてしまうので(汗)、夏と同じくらい水分補給は大切です。

以前は、緑茶もよく飲んでいましたが、緑茶はコーヒーと同じく・・・で、あまり飲み過ぎると夜眠れなくなるので、こちらは食後に一杯飲む程度にしています。

今まではあまり冬の水分補給に気を配っていなかったのですが、ふと身体の声を聞いたら、「こまめに温かいものを飲む」ということがストンと心に落ちたので、今、それを素直に実践しています。

お陰様で、いつもなら風邪っぽくなって体調を崩しやすい時なのに、今年はなんとか持っています(笑)。

 

ちなみに、最近感じることですが・・・

  • 水分をしっかり摂取して、身体の中の循環をよくすること(身体の内面を働かせる)
  • 時には身体をしっかり動かして、身体の機能を維持すること(筋肉や骨格を働かせる)

これ、すごく大切だと思います。

私たちは生身の生き物です。そして、この身体は、この地球上でやりたいことをやるために魂を乗せて動く・・・いわば「道具」です。そう「車」みたいなものですよ。

車も動かさないで放置していれば、バッテリーが上がったり、錆びてしまったり、部品が劣化していき、性能が落ちて、いざというとき動かせなくなってしまいます。身体も同じで、適度に動かして身体の各部位を適切に使ってあげないと、その部位の働きが衰えたり、機能が落ちていき、具合が悪くなっていきます。

無茶をして身体に無理を強いるのはNGですが、何もしない・動かさない・・・というのも身体には良くないことです。

ですので、日々の生活のできる範囲で、身体が心地よく感じる程度のことを、毎日コツコツやっていくと良いと思います。

 

自分の身体を大切にしている人は、自分の「身体の声」を聞きながら暮らしていると思います。

例えば

  • お腹がすいているのか?
  • 何を食べたい(飲みたい)のか?
  • どこが不快(不調)なのか?
  • 休んで横になりたいのか?
  • もっと動きたいのか?
  • どうすると身体の具合が良くなるのか?
  • どうしたら心地よくなるのか?

・・・云々

要るのか?要らないのか?ということを常に身体に聞いて確認し、不要だと感じるのなら、きっぱりお断りする・・・。欲しいのなら我慢しない。

そして、一番大事なのは、本当はどうしたいのか?ということ。

表面的な欲求で止まってしまわないよう、もっと心の奥・身体の深部にまで深く意識を向けて欲しいと思います。

例えば、甘い物が無性に食べたいのは、もしかしたら食事から摂るべき栄養が不足していることが原因かもしれません。あるいは、冷たいものをやたらと欲するのは、もしかしたら極度の貧血なのかもしれません。

本当の問題に向き合うことで、表面的な要求が収まることも多々あります。

ですので、自分の身体と向き合うときに、ただ表面的な満足を求めるのではなく、身体の本当の声を聞くことを心がけてみてください。

 

そして、万が一、病気になったのなら、すぐに病院で診てもらうことです。我慢しないでちゃんと調べてもらいましょう。そして適切な治療を受けてください。

「病気を体験し、その治療をすること」が今の自分に必要だから、それで今、病気になったのです。それと同じように、あなたが病院で診てもらうことで、その病院の先生や看護師さんにも、あなたに出会ってあなたの病気を治療する・看護する・・・という経験が必要なのかもしれません。

この世界に起きることは、全て需要と供給が成り立って起きています。あなたのエネルギーを必要としている人が、それが良い悪いに関係なく世界のどこかに必ず存在しているのです。

自分が行動することで、その人と出会い、エネルギーのシェアが起こります。

ただすれ違うだけの瞬間的なすれ違い、あるいは、たまたま隣同士に座っただけの名前も知らない偶然の相手かもしれません。でも、その一瞬の偶然の出会いが、お互いにとって「必要な出会い=エネルギーのシェア」かもしれないのです。

ですので、身体のことでアクションを起こすときも(身体のメンテナンスや治療など)、そこに「一期一会」がある・・・と信じて、遠慮しないで心に感じたままに行動してなぁ~欲しいと思います。

 

ただし、ここで気をつけて欲しいのは、そこにドラマチックな出会いを期待しないことです。

例えば、医者&施術者と患者の場合、あなたは「身体を良くしたい」という目的があり、医者や施術者は「患者の身体を良くしてあげたい」という目的がある・・・。そのお互いの目的を果たすために、ちょうどおエネルギー的にマッチした相手と出会う・・・。それが自分と相手・・・ということです。

自分の目的を果たす過程で起きる「それぞれの体験」が、お互いの心の成長に必要であり、必需性があったから出会った・・・という、ただそれだけのことです。

偶然であるようで必然であるという、この宇宙的マッチングに対して、いちいち「どうしてなの?」と意味付けしたり、何か根拠や理由を探ることはしないでください。

自分の目的を果たすために「相手の力」を借りながら、自分の目的を達成することを第一に尊重して努力する。そこに意識を集中してください。

つまり、「相手に感情移入しない」ということです。自意識過剰にならないでくださいね。相手の対して客観的になり、ただ淡々と自分の目的達成を意識してくださいね。

そして、相手が自分に合わないと感じたら、場所や相手を変えることも大事なアクションです。 ここは自分の感覚を通して伝わってくる「身体の声」&「心の声」を信じて、その声に素直に従ってください。縁を切るということも、必要な体験なら、時には勇気を出して取り組むことです。その「心の声を素直に聞いて縁を切る」という体験のために、その出会いが起きている場合もあるのです・・・。

とにかく、フットワークを軽くして、臨機応変に対応してみてください。

病気に関しては、この本↓オススメです。

 

今、世間では「インフルエンザ」が大流行していますが、それ以外にも、なんと「麻疹」も流行っているようです。そのほか、今まであまり表に出てこなかった病気も世界的に流行しているみたいで、ますます「自分の身体の健康と向き合うこと」が課題になっていくと思います。

更に、こうした感染症の他に、日本では春に向かって黄砂や花粉の影響も受けやすくなるので、今以上に健康管理に気をつける必要があります。

 今年は特に、体調不良の元となるものが、いろいろ入ってきて猛威を振るいそうな予感がします。自分自身の身体に無頓着だった人は、今年は自分の身体の声を無視しないよう必要に応じて養生&メンテをして、ご自愛を心がけてください。

 

どうか、身体の不調や病気に飲まれないよう、「自分の身体」としっかり向き合うことを心がけてほしい・・・と思います。