森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

流されない自分を作る

【スポンサーリンク】

8月に入っても相変わらず、カオスのような日々が続いています。

いやいや、ここ最近の「先行き不透明」な感じは、今まで以上かもしれません。

 

「一寸先は闇」と言いますが、今は一寸先も全く見通せない状況です。

コロナ禍の中でオリンピックが開催されていて、緊急事態宣言が発令されていながら、連日オリンピックの華々しいニュースが流れ続けて、テレビやネットを覗くと祭りムード満載。

この後、お盆休みに突入する訳ですが、まだ接種が終わっていない人がたくさんいる中、ますます感染が拡大するのではないか…と言われています。

今のこのカオス状態が後々、凶と出るか、吉と出るか…。

毎日、こんな風なので、もう「明日」のことすらサッパリ予測がつかなくなってきました。

 ◇

同じパターンを安定して繰り返すことができた以前と違って、今は、突然、想定外のことがバタバタと起きるので、常に臨機応変に対応していかなくてはいけません。

ですので、今までのやり方やパターンは全く通用しなくなりますよね。昔のやり方なんて特に…。もう根こそぎ変えなきゃいけないこともいっぱいです。

昔はこうだったから、こうしなきやいけない…とも言っていられない中です。

こんな時は、状況に合わせて、その時その時で自分が「今どうするのか?」を瞬時に判断してやっていくしかありません。柔軟な感性と行動力が必要です。

 

それに、これからは、生き抜くことが「幸せ」ともいえないし、早く死ぬことが「不幸」とも決めつけられない…。何が良いのか?悪いのか?それすらも、今までの常識や感覚で「こうだ」と一概に決められない時代になってきました。

どんなに常識通りに振舞っていても、それが逆に命取りになることだってあるのです。

昔の「正義」が、今も「正義」とは言えない時代。

そんな不確かな時代を私たちは生きているのです。

 

◇◇ 

 

こんな時は、自分の感覚を頼りに生きていくしかありません。

 

人があんなことを言った、政府がこう言っていた、これをしなくてはいけない、あれはダメだ信じてはいけない…等々。いろんな情報が飛び交っていますが、どれを信じていくかは「自分の判断」次第です。

 

「自分は何を信じていくのか?」の判断基準についても、昔のように、影響力が強い人・権力を握っている人・見た目が「良い人」っぽく見える人・義理を感じている人の言い分…等をみんなが無条件に信じていくような時代ではありません。

 

もしかしたら、力を持っている人が、民衆を支配するために嘘を言っていることもありうるし、私欲やエゴや保身の為に都合のいいことを勝手に言っているだけかもしれません。

また、もとも智慧(ちえ)がなく嘘と真実が見分けられない人が、見誤って嘘を真実だと言い切っているのかもしれないし、自分の主観や他人の意見を「正しい」と妄信しているのかもしれません。

 

だから、うっかり信じてのめり込んでしまう前に、一度立ち止まって、自分の心に問うてことが必要だと思います。

 

 

いつも自分の心に向かって「自分はどうしたいのか?」を問いかけてみてください。

そして、自分に問いかけながら、自分の本心と丁寧に向き合い、自分の心の中で「自分の意思」を確認し、自分の心の奥から湧き出てくる「私はこうしていきたい」という気持ちに寄り添っていくことです。これが大切だと思います。

 

今、皆さんは、他人が発することに振り回され、心をかき乱され、かなり混乱しているんじゃないかと思います。

そして、ついつい感情的な反応をして、自分を責めたり落ち込んだり、どんどん辛くなっているのではないかなぁ…と思います。何を心のよりどころにすればいいのか?を見失ってしまい、不安な人が多いと感じるのですよ。

 

でも、今はこんな不確かな時代だからこそ、もう、誰か「心のよりどころ」になる人を探して、それにしがみついて依存する…という生き方を止めるべきだと思います。

つまり、これからは「自分を信じる」「自分の心をよりどころにする」へシフトする時だと思うのです。

 

他人が発することは、その人の個人的な意見として客観的に受け止め、自分にとって必要なことだけを抽出し、自分の血肉にしていくことです。

余分なものまで自分の中に取り込まないよう、気を付けてみてください。

 

先が見えなくて不安な時ほど、安定した定番のものや、昔から慣れ親しんだやり方、馴染みのある方法、安心できるシステム、力を持っている強い者…等へと、気持ちが傾き流れやすいです。

 また、みんながやっていること、多くの人が賛成しているものに、自分も触れていたい、大多数の中に含まれた方が安心する…ということもあるかもしれません。

 

でも今は、強くて大きな集団のエネルギーに巻き込まれるよりも、個を大切にした方が良いと思います。何より自分自身を信じて、自分の直感や決断を尊重することです。

 

今後は、「安心」の定義も大きく変わっていくでしょう。

「みんなと同じ」から安心を得ようとするのは、もう古いやり方になっていくでしょう。

これからの「安心」とは「自分が感じたことを、ちゃんと実行に移せたかどうか?」で得られる感覚…というように大きく変化していきます。自分が安心できればそれで良いのです。もう人と比較する必要はないのです。

「人との同じことをしていたからホッとした!よかった!」…ではなく、自分の心が欲することを達成できたか?叶えられたか?どうか…で決まるのです。

 

ですので、どんな状況の中にあっても,きょろきょろと周りを見回して、慌てて人の真似をするのではなく、その場その場で「自分はどうしたいの?」で判断し、自分で小さな決断を繰り返しながら、自分の意思で行動してみてください。

いちいち人の言動をチェックして、他人は何を選んでいるのか?どうしているか?を一通り確認してから、安心できるものを後から選ぶ、それからやっと自分も動く…というスタイルは、もう手放しましょう。

いつまでも「人まねをして、後から決める」やり方を続けていると、良くも悪くも集団の渦に巻き込まれ、自分の魂が求める生き方とは異なる方向へどんどん流されてしまいますよ。 

 

人を見ないで、自分の心を見つめる。自分の感覚に問うてみる。

 これを心掛けてみてくださいね。

 

f:id:mama-papa-131106:20210805180445j:plain

今日はたくさん蝉を見ました!