We will be alright.  なんとかなるさ

とりあえず今、目の前にあることについて語ろう

怖くても、とりあえずやってみる

師走に入り、いつもなら大掃除や年越しの準備で忙しいはずなのですが、今年は何故か「年末」という実感が全然わいてこなくて、いつもと変わらない毎日を送っています。

 

ずっと良いお天気が続いていて、日中はポカポカと温かく、毎日とても過ごしやすかったからかもしれません。冬という感じが全然しなかったんですよね。

 

だけど、今夜から「雪が降る」とのこと。

ようやく冬らしくなるのかな?

 

今まで穏やかな日々が続いていたので、とてもありがたかったです。

 

 

私のこの一年(2022年)を改めて振り返ってみると、その最中は本当に大変だったけど、今になってみると、「よく頑張ってきたなぁ~」と自分を労ってあげたい気分です。

 

苦労も多かったけど、それをバネにがんばって前進してきたこともあり、今は「予期せぬ出口に出てきたぞ~!」という感じです。暗闇の中を潜りながら匍匐前進で突き進んでいたら、ひょっこり意外なところに出てきちゃったわ!…というところでしょうか。

 

一年前の今頃(2021年末)には全く想像もしていなかった場所に、今の私はいる…という感じなんですよね。

 

 

 

今年の私は、今までになくチャレンジばかりしてきました。

初めてのこともたくさん体験したし、面白いことも大変なことも全てゴチャ混ぜでいろいろやってきたけど、体験量が多かった割には、心はとても軽くて清々しいです。

 

自分の心に浮かぶこと&興味を感じることを、全て叶えてきたからかな?

 

社会情勢は相変わらず不安定で暗いですが、そんな中でも私自身は明るさをキープして、エネルギッシュに毎日を過ごしてきました。

 

そんな私のエネルギーが、もしかしたら、この世界のどこから飛んでいき、誰かを励ましたり、誰かを支えたりして、多少は社会の為になったんではないかな…と思います。

 

 

 

こういう不安な情勢下では、あまり深く考えすぎず、感じたままを生きた方が良いと思います。

 

みんながネガティブに傾きやすい時だからこそ、私一人くらいは、目の前のことに対してポジティブに前向きに取り組んでいくことが必要でしょう。

 

集団意識がマイナスの方へ突き進まないように、悪い方へと突き進んでいくのを食い止める気持ちで、自分の心の中に「温かな聖地」を置いて、そこから温かく清浄なエネルギーが私の周囲へと広がっていくように、(←これを意識してイメージしながら)過ごしています。

 

来年も変化の波は加速していくでしょうし、次々と突きつけられる「変化」の力に、多くの人々が不安と恐怖を感じるかもしれません。安心・安定を求める人々は、ますます混乱して荒れていき、世界に黒い汚点を残していくかもしれません。。

 

だけど、今起きている変化に対して、個々に感じている「不安」や「恐怖」の根っこを探れば、そこには自分自身の心の課題が眠っているはずなんですよね。

 

この個々の心の課題に早く取り組み、少しでも解消させていくことが、この人生の目的なのです。

 

そう考えると、変化を恐れ慄いていないで、これからは「あえて変化に立ち向かっていく」ことも大切だと思います。

 

私も今年は、いろんな場面で「変化」を突き付けられて、それはもう大変だったんですが笑、がんばって取り組むことで、なんとかなっていったし、やらずに怖がって逃げるより、とりあえずやってみて「どんなものか体験してみる」のが今はとても大事なんだなぁ…と学びました。

 

とりあえずやってみる

 

これに尽きますね!

 

散歩中に見つけた南天。