森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

心に溜まった要らないものを浄化して手放しましょう。

【スポンサーリンク】

今年もあと残すところ、明日一日となりました。

いやー早かったですねぇ…2019年。思いっきり駆け抜けた感がいっぱいの一年でした。

いろんなことがあり、人によっては「良いこと」「悪いこと」と裁いて受け止める出来事でも、見方によっては全て新しい経験です。

まだ今世では未体験だったから、自分の魂が「これもやってみたい!」と求めたのかもしれません。

なので、「これは悪い出来事だった」と落ち込まず、シラフの自分なら絶対に拒否するような出来事に、今回、遭遇して体験しちゃった訳だから、考えようによってはすごく貴重な経験だったなぁ…とプラスに受け止めてみる。

そんな風に気持ちを切り替えると、意外な一面や面白い発見があるかもしれません。

スピリチュアル的に見れば「死ぬこと」も経験の一つでしかないんですよね。

どんなに抵抗しても、いつかは死んじゃうのが、娑婆の約束事です。

私だってもしかしたら今日ポックリ死んじゃうかもしれないのだし、そのタイミングは老若男女関係ありません。

だからこそ、生きている間に体験することは全て「自分の魂の進化に必要なことなんだ」と明るく受け止め、それを人間の浅い価値観で良い悪いとジャッジするのではなく、明るくポジティブに受け止める・プラス思考で心の成長の糧にしていく。…そういう意識が大切だと思います。

私も、今年はいろんなことがありました。

自分の目の前に起きる全てのことを、自分の直感で判断し「どうするか」を自分で決めながら前へ前へと進んでいったので、今年は全然「後悔」ということがなかった一年でした。

よーく考えたら、一度も後悔することがなかった…って、すごいことですよね。

自分でもビックリです。

常に自分に正直であることを意識し、勇気を出して自分が感じるままに行動しました。

思うことは正直に言い、感じることは正直にありのままを受け止め、失敗しても「学ばせてくれてありがとう」「気づかせてくれてありがとう」と感謝し、全部を心の肥やしにして生きてみました。

そうして迎えた2019年の年の瀬。

今はこの一年の過ごし方に全く悔いがありません。自分にブラボー!と褒め称えたい気分です。

明後日はいよいよ2020年の幕開けです。

来年は今年以上に激動の一年になりそうですが、常に自分の直感を信じて、自分の判断で決断し、行動し、自分の人生を彩っていく…。それを心がけていきたいと思います。


f:id:mama-papa-131106:20191230171451j:image

(先日参拝した神戸三宮の生田神社。来年の干支が描かれた大きな絵馬が飾られていました。)

 

最後に…。

今年一年、あるいは今までを振り返って、消化できない思い・消えない嫌な思い出・モヤモヤした感情…等々。そういうものが心に溜まって苦しい人は、心のなかで【どんど焼き】してみてください。

 

どんど焼きを知らない方は、こちらを見てくださいね。→どんど焼き(ウェザーニューズ)

これはイメージで(心の中で)やってみてくださいね。やり方は、心に溜まっているネガティブなものを全部出して山積みにして、それに火をつけてきれいに燃やしてください。

火が消えてくすぶったら、また火をつけて…。根気に根気に全てを焼いて手放しましょう。

イメージがわかない人は、上でご紹介した『どんど焼き』のサイトを開いて、どんど焼きの写真を見てください。あんな感じで、ダイナミックに焼ききりましょう。

スッキリしますよ✨

火で焼くことも『浄化』です。お寺の護摩供養は護摩木を焼くことで浄化しているんです。

私たちの場合、心に溜まった『心の垢』を実際に燃やして清めることはできないことだし難しいですが、でも個人で心の中でなら自由にちゃんと出来ます。イメージでもすごい効果がありますよ。

せっかくですので、今夜そして明日、今年のうちに要らないものを全て処分し浄化してください。

気持ちよく新年を迎えるために…ね。

細かいやり方や方法については、自分でいろいろ試しながら、自分に一番フィットする方法を見つけてみてくださいね。

一人一人魂が違うように、一番良い方法も一人一人違います。やり易いやり方も個々で異なります。

それを見つけていくことも、人生の楽しみなのですよ。

是非お試しくださいね。