森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい 「自分らしく生きる」ための心のメッセージ

義務や責任からではなく、自分の心地よさのために…

【スポンサーリンク】

今日も良いお天気でしたね。

 

いつもなら、毎週この日は母屋の掃除に半日をかけるのですが、今日は、私たちがいる離れの家も掃除したくなり、両方ともお掃除しました。

 

私は、掃除は得意な方なんですが、それでも「好き」と「得意」は全く別物で、掃除作業に手間と時間をかけるのが超面倒臭く感じられて、すごーく嫌だったですよね😅。

他にやりたいことがあっても、掃除を始めると時間が取られてロスしちゃうから、いつも嫌だなぁ嫌だなぁと思いながらやっていたんです。

 

でも、今日は母屋の掃除をしなきゃいけないのに、離れの方の掃除も気になって「やらなきゃ」という気分になりました。

でも、離れの掃除は2日前にやったばかりなんですよね(汗)。いつも週一ペースでパパっとやっちゃうので、今週はもうやらなくて良いはずなんですよ。自分のなかでは…ね。

 

だけど、途中で「今、このタイミングで離れの掃除が思い浮かぶということは、嫌だ嫌だと言っていないで、掃除しちゃいなさい!」ってことかも…と思いました。

 

そこで、いつもならスルーするんですが、今日は気になって仕方がないので、腹をくくって離れも掃除したのです。

 

こうして、母屋の掃除をしつつ、離れの掃除をしていたら、だんだんと重苦しい気分が晴れてきて、サクサク作業が進みました。

ここで、ふと「これって、毎日離れの掃除をしなさいってことかも」と感じました。

 

こうして今日の午前中は意外とスムーズに作業が進んでいき、あっという間に2軒分の掃除が済んじゃったんですよね。

 

もちろん両方なので、簡単にサクサクと手抜き掃除です。丁寧なお掃除ではなかったんですが💦、それでも終わると気分はスッキリして爽やかになりました。

 

この時、掃除が嫌だ!やりたくない!と嫌悪して拒否していたのは、単に私の思考(脳)のジャッジメントであり、私のハート(魂)は毎日でも私に離れの掃除をしてほしかったのかも…と感じました。

 

今までずっと嫌だ嫌だと思いながら、気合いをいれて頑張ってノルマを果たしてきたけど、私の魂はきれいに掃除して浄化した場所で過ごしたかったのかもしれないなぁ…と。

 

そんな魂からの声を、私は単に「面倒臭く感じる」という一点だけでネガティブにジャッジしてしまい、頭の中で「嫌だ嫌だ」と拒絶反応を示して、ズルズル嫌な気持ちのまま過ごしていたんだなぁ…と気づきました。

 

すると、これまで頑なに抵抗してきた自分が、なんだか可笑しくて笑えてきたのです。

 

やっと気づきました!

私の特性として、私は雑多でごちゃごちゃして汚れた所は生理的に合わないんですよ。

 

だから、私の魂はずっと「頼むから毎日掃除して!掃除して~!」と叫んでいたんです。私に「気になる」という形でシグナルを出して…。

ところが私は、その声(シグナル)を無視して、週一回のみの掃除でザックリ済ませていたんです。

自分の魂と身体に、かなりのストレスを与えていたにもかかわらず。

ホント、無駄に抵抗し続けてきて、私はアホだわ~と改めて思ったのでした。

 

 

ちなみに、掃除のペースなんて、みなさん個々のやり方とペースで自由にやってて良いんですよ。

 

ただ、私の場合は、他の人とちょっと異なっていて、毎日ちゃんと整えておかないと、自分の心身がしんどくなる…ということです。いろんな意味で過敏体質だから、浄化をしっかりしておかないといけない人だったんです(笑)。

 

 

今までズボラだった分、身体はずっと我慢してズボラに合わせてくれていたわけだから、すごくしんどかったでしょうね💦。

ずっと体調不調がズルズル続いていたのも、今更ながら納得しました😅。

 

自分の心身の特性を知ったので、これからは面倒臭がらず、自分のために掃除をちゃんとやっていこうと思いました。

 

もちろん簡単な掃除で良いんです。

ただ、それを義務や責任とかじゃなく、純真に自分自身のために続けなさい…ということです。これもセルフヒーリングだったんです。

 

とても大事なことに気づかされた一日でした。


f:id:mama-papa-131106:20210929172457j:image

彼岸花がきれいです。