森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

メッセンジャーはもういらない

今回は、ちょっとニッチな話をします。

分かる人にはわかる内容ですが、かなり感覚的な内容なので、「うーん、よくわからない、難しい」と感じるようでしたら、そのままスルーしてくださいね。

 

 

昨晩、こんなメッセージを受け取りました。

 

メッセンジャーはもういらない・必要ない

 

これは、スピリチュアル系の話になるのですが、

  • リーディングやチャネルができる人から、自分の個人的な情報をもらうということ。
  • また、人(クライアント)に、受け取った情報を伝えるというビジネススタイル。

 

これらが、今までのような形や質のものでは立ち行かない、そういうやり方はもう古いやりかたであり、新しいかたちにアップデートしなくてはいけなくなった。…ということです。

 

まず、クライアントを視て受け取る情報も、かなり本質的なものへと変化しているので、自分のリアルな現実を受け取る覚悟がないクライアント(少し前のキラキラしたイメージのスピを期待しているような人たち)には、「自分の今の現実」を嫌というほど突きつけられるので、人によっては失望と自信喪失につながっていくでしょう。

 

自分の本質と常に向き合い続けてきた人なら、今までやってきたことの延長線上の話なので、スムーズに内容を理解し、受け取った情報をプラスに転じて上手に受け止められるでしょうが、自分を客観視できない人や、自分の現実と向き合う勇気がない人には、非常に厳しく感じられると思います。

 

誰にでもエゴはあるけど、そのエゴを「自分には甘い」という方向に向かって発動させている人だと、聞くのは大変だと思います。

 

また、伝える側の人たちも、スピを単なる「お金儲けの道具」にしている場合は、今のこのエネルギーと自分たちがやっているビジネス的なスピリチュアルとの差が大きく広がっていくため、どんどん立ち行かなくなっていくだろう…と思います。

 

ホント、今は「伝えること」にも、ものすごく覚悟がいるんですよ。

 

正直なことを言えば、「もう伝える必要はない」というメッセージなんですよね。

 

それでも、伝えることを生業にするのなら、「伝える」ことを通して「自分自身をかなり厳しく磨いて、自分をさらに成長させていく」という覚悟が必要になります。

この「自分磨き」ですが、かなり厳しいですよ。

責任が付きまといます。

自分の純度をかなり高めないといけないので、すごく難しくなります。

今までとは違う厳しさと大変さがあります。

 

スピも、導入期や入門期は終わった…ということなのでしょう。

広く周知させるために、うわーと広がったスピですが、なんだか宗教団体みたいになってきて、本質から大きくかけ離れてしまったところもあるなぁ…と感じます。

 

私は、自分が感じること&キャッチしたことを、ここで淡々と書き続けてきましたが、流れているエネルギーの質が大きく変わり、どんどん純度が高まっているのを感じるのですよ。

 

メッセージとして受け取るエネルギーも、以前は、わかりやすくて感じ取りやすいものだったんですが、コロナ禍に入ったあたりから、どんどん違う質のものへと変容していて、今は微細なエネルギーに変化しています。

多分、今のかたちが本来のエネルギーなのでしょう。今までは人間に合わせてくれていたんですよ。でも、もう、人間に合わせることはやめたようで、今度は私たち人間が、エネルギーに合わせなくてはいけなくなったんです。

ですので、そんな純度の高いエネルギーを、以前のように「言葉」という人間の手あかのついたものに変換するのは、ちょっと困難になってきた…というわけなんですよね。

 

…と、なんだか「不思議ちゃん」的な話になってきて申し訳ありませんが(汗)、こんなことを最近は強く感じています。

 

 

このブログの内容やスタイルも、今後は変えていかないといけないかな…と思っています。

 

f:id:mama-papa-131106:20220121182634j:plain

雪かきで忙しい毎日です。