森の中の大きな木2

自由にマイペースに生きたい/「自分らしく生きる」を実践するブログ

体験することによって、本当の自分を知る

 

気が付けば、もうゴールデンウイークに突入しているのですね!

この4月はすごく忙しかったため、ずっとフワフワと宙に浮んでいるような不思議な感覚で過ごしてきました。

今、ようやく落ち着いて、スッと地に足がついた…という感じです。

 

 

振り返ると、今年に入ってから、私は新しいチャレンジを試みてきました。

 

自分の可能性を広げるために、気になることはすぐに行動に移し、どんどん体験してきたんですよね。

 

こうして、いろいろ体験しながら、自分にできること自分がやりたいこと自分の得意なこと自分が好きなこと自分の魂が欲していること…等を、改めて発見することができました。

 

また、それとは逆に、実際に体験してみたことで、自分にはできないこと自分はそれほどやりたいとは感じないこと自分の苦手なこと自分が嫌だと感じること自分の魂は欲していないこと(=親や社会からの刷り込み)…等に、気づくことができました。

 

体験って本当に大事ですね!

ただ頭の中で「どうなんだろう?」と、こねくり回して考えていただけでは、自分の様々な面に全く気づけなかったと思うのです。

 

親や周囲から「お前はこういう人間なんだ」と一方的に押し付けられてきた『自分像』や、自分の思い込みから「私はこういう人間なんだ」と勝手に信じてきたこと等、そんな壮大な勘違いを、「これが本当の自分だ」と素直に信じ込み、本当の自分に気づくことなく、ずっと勘違い状態のまま、ぼんやり生きてきた…と思うんですよね。

 

でも、この「思い込み」を信じたままでは、これから時代、全く立ち行かなくなると思うのです。

「本当の自分」をちゃんと自分の前面に出した状態で、社会と接点を持ち、社会と関わり、多くの人と接して、本当の自分を発揮してこの世界を生き抜いていく…。これが、すごく大事なんだと思います。

 

そんな観点からも、やはり、魂の気づきや心の発見は、行動によって掘り起こされるものなんだなぁ…と、しみじみ実感ました。

 

 

新しいチャレンジによって新しい扉が開いたので、私は「新しい世界」のいくつかに身を置いてみました。

 

特にここ2か月間(3~4月にかけて)は、新しい世界のやり方に慣れるのに精一杯で、結構大変でした。

しかも、それぞれの世界によって、特徴や雰囲気もバラバラだから、やり方も方法も多種多様。だから、それぞれに適応していかなくてはいけなくて、それも大変さの一因でした。

 

そして、これは当然のことなんだけど、自分に合う世界は居心地よくて良いのですが、自分に全く合わない世界だと精神的にかなりきつくて大変なのですよ…。

これも、実体験を通して、改めて実感しました。

 

ちなみに、どんな世界だったか?というと、わかりやすく例えて説明すると、「ポジティブな世界」と「ネガティブな世界」…という感じです。

このふり幅が大きい真逆の世界を、私は同時期に行ったり来たりしていたんですよね。

 

今の私は、ポジティブな世界は心地よくて居心地よく感じるけど、ネガティブな世界は全然合わないんだな…と、よくわかりました。

自分に合わないところに身を置くことほど、つらくて苦しいことはありません。以前の私なら、心が折れていたでしょうが、今回は不思議と冷静でいられて、状況を客観視できていたし、ちゃんとバランスを保ちながら、それなりにうまくやっていました。

 

合わなくてつらい時でも、つぶれずに自分をキープできたのは、今までコツコツ取り組んできた「心の修行」の成果なんでしょうね。

 

感情移入せず、ちゃんと境界線を引いて節度を保ち、苦境の中にいても、自分ができる最善の方法を惜しみなく行使し、自分らしさを失わないようにする努力を続けてきました。

 

だけど、最終的に「自分はどうしたいか?」と考えた時、「私はここを立ち去りたい」と強烈に感じました。

 

相手が悪いとか、この世界は最低とか、立ち去るための言い訳なんてどうでもよく、ただ純真に「自分には合わないから、ここから出ていきたい」と感じたんですよね。

 

振り返ると、昔の私は、自分に合わない場所でも、ついつい頑張ってしまう癖があり、「主体的に自分から立ち去る」ことが全くできない性格でした。

そのため、自分の中では「自分で決断を下して、ここを立ち去る」という経験が不足していたと思うのですよ。だから、今回の私は「自分で決めて立ち去る」を体験しなくてはいけない…と感じました。

 

それで、実際に立ち去ることにしました。

ちょうど立ち去るのにベストなタイミングが来たので、このチャンスを逃さないように、すぐに行動に移してみました。

すると、思っていたよりもウンと簡単に抜け出ることができたのです。

 

もしかしたら「難しい」と感じていたのは、自分の勝手な思い込みだったのでは…と、また新しく気づかされました。

 

この体験を通して、「自分らしくいられる場所」「自分にフィットする場所」を自分のために選択していこう…と、決意しました。

 

他人軸ではなくて、常に「自分軸」で…。

自分を大切にして生きていこうと思います。

 

やはり体験ってとても大事ですね。